2011年04月27日

ニョイスミレとスミレ

今日は午前中は晴れて暑いくらいでしたが、午後からだんだん風が強まって
夜中は雨風ともに強く、雷にも注意っていうお天気だそうですね。何か飛ばされ
ないようにお気をつけください。
今日の日中はちょこっと実家へ行ってきました。両親とも元気そうで良かったです。

記事のほうは、とうとう先週4/21、ニョイスミレとスミレという名のすみれが
咲いていたので写真に撮ってきました。
我が家周辺のすみれたち、これで役者が揃ったことになります。

11_0427_nyoi_s1.jpg

すみれシーズンの最後の花だけに、見つけるとあら、もう?って思うのだけど
過去記事を見ると毎年、大体今頃記事にしているからもうなんですねえ。納得。





お花のあとの葉っぱが仏具の如意(にょい)に似ているからニョイスミレ。
坪(つぼ)庭に生えるから別名ツボスミレ。
お花は白くて、今までご紹介してきたすみれたちと比べると、ずっと小さめです。

11_0427_nyoi_s2.jpg

地上に茎を伸ばして株を大きくしていくタイプ。

お花の特徴は横長でちょっとつぶれ気味。
側弁にはちょこっと毛があるそうですが、見えないか…。

11_0427_nyoi_s3.jpg

めしべの先はカマキリの頭の形。
白い花びらに入った紫のラインが上品ですねえ。
お花の横顔、距の部分が太短くて、玉のように見えるのも特徴の一つ。


あとで地上茎をたくさん伸ばす株の中央は今こんな感じ。

11_0427_nyoi_s4.jpg

托葉はほぼ全縁で被針形。タチツボスミレみたいに櫛状に裂けていたりはしません。
あと、葉の裏が紫色を帯びるのも特徴の一つです。


あとでもう少し背が高くなりますが、まだ出始めたばかり、大きな木の根元で
こんな風に咲いていました。

11_0427_nyoi_s5.jpg

白くてちっちゃいお花のニョイスミレ。すみれシーズンがもうそろそろ終わっちゃうよ
と、教えてくれるお花です。




もう一種類はスミレ。
「スミレ」と言う名前のすみれです。

11_0427_sumire1.jpg

いよいよ真打ち登場!って言うタイミングで咲き出しますねえ。


地上に茎を広げるでなし、葉っぱを倒すでなし、モデルさんのようにすくっと立った
姿が素敵。そしてこれがすみれ色なんですね。

11_0427_sumire2.jpg

お花の横顔、距はすらっとしていて花びらと同じ色。赤いまだら模様はありません。

11_0427_sumire3.jpg

ガク(萼)は綺麗な緑色ですね。


ぐぐっとアップにしてみると、側弁に毛があって、めしべの先はカマキリの頭の形。

11_0427_sumire4.jpg

そして、立ち上がっている葉っぱの柄には 翼が付いています。

11_0427_sumire5.jpg

生える場所の好みは林や草原ではなく、アスファルトの割れたところとか、
駐車場や民家の玄関先とかですね。公園ではそんなに数は多くないです。

でも今回は、ユリノキが並ぶ駐車場の一画にちょこっと群生を見つけました。

11_0427_sumire6.jpg

ひとんちの玄関先とか、縁もゆかりもない駐車場では、時々見かけていましたが、
いつもおさんぽしている公園でこんなにたくさんのスミレに会えるのは珍しいので
喜んで写真を撮らせてもらいました。



今年のすみれ達の記事も、きっとこの辺でおしまいだろうから、今年の群落を
飾っておきます。
まずは隣町の公園裏の 北向きの斜面の群落〜。

11_0427_tatitubo1.jpg

カタクリの群生地に咲いていました。



次はいつもおさんぽしている公園の、山野草の花だんのそば。

11_0427_tatitubo2.jpg

タチツボスミレは、うちの方では一番ありふれたすみれです。
でも、どんなに見ても見飽きません。色も姿も目に優しいなあ。



もうひとつは家の近所の大きな木の根元の ノジスミレの群落。

11_0427_noji_s.jpg

全体に毛深いし、姿も乱れがちで、どことなくあか抜けない感じのノジスミレ。
田舎道の端に咲いているすみれって言う意味ですものねえ。
この群落は、私が気づいてからずっと続いているなじみの深い群落です。
今年はいつも以上にお花の数が多くてみごとでした。



春と言えばすみれ…なんて言えるようになったのは郊外に住むようになってから。
東京の下町育ちの私には、想像上のお花でしかなかったですから…。
毎年こんなに可愛いお花を眺めることが出来るのは、本当に幸せなことです。
こんな自然環境が 孫子の代まで続くよう、私も努力したいです。





ブログ内関連ページ:
すみれ いろいろ
2011/ 4/22付 「姫と有明」 ヒメスミレ、アリアケスミレ
2011/ 4/17付 「北向きの斜面の春の花」 シロノジスミレ
2011/ 4/ 7付 「ゆかしいすみれ」 ノジスミレ、タチツボスミレ、コスミレ
2011/ 3/25付 「カタクリの咲く斜面」 パピリオナケア
2011/ 3/25付 「カタクリ開花」 ノジスミレのつぼみ


2010/ 5/13付 「タツナミソウとヒメスミレ」
2010/ 4/24付 「2種のスミレ」 ニョイスミレ、スミレ
2010/ 4/ 1付 「早起き菫(すみれ)2」 ノジスミレ・コスミレ
2010/ 3/28付 「早起き菫(すみれ)1」 タチツボスミレ・アオイスミレ

2009/ 5/ 6付 「GWに見かけた花」 スミレ
2009/ 4/23付 「ウラシマソウなど」 ノジスミレ
2009/ 4/12付 「ヒメスミレとタネツケバナ」 ヒメスミレ
2009/ 4/10付 「フデリンドウ 開花」 ニョイスミレ
2009/ 3/28付 「アケビのつぼみ」 アオイスミレ
2009/ 3/25付 「コスミレの花など」 コスミレ
2009/ 3/24付 「カタクリ 開花」 アオイスミレ
2009/ 3/20付 「公園の一番花」 タチツボスミレ

2008/ 4/27付 「スミレという名のスミレ」
2008/ 4/25付 「コスミレ 再確認」
2008/ 4/24付 「カードレール下のスミレ」 ビオラ・パルマータ(クワガタスミレ)
2008/ 4/23付 「ニョイスミレ」
2008/ 4/11付 「コスミレ」
2008/ 4/10付 「アリアケスミレ」
2008/ 4/ 8付 「タチツボ、ノジ、ヒゴ、外来種…」
2008/ 3/15付 「小さなスミレ」

2007/ 4/29付 「パピリオナケア」
2007/ 4/20付 「ノジスミレとケマルバスミレ」
2007/ 4/17付 「ニョイスミレ」
2007/ 4/15付 「スミレとヒメスミレ」
2007/ 4/ 1付 「アオイスミレ」

2006/ 4/30付 「4月に出会った草花」 ヒメスミレ
2006/ 3/29付 「タチツボとアオイ」



posted by はもよう at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。