2006年06月23日

春の花だんの花の後

いつもおさんぽしている公園には、
ボランティアの人たちが管理している花だんがあります。
春に植えられた花が、すっかり終わっていました。
そろそろ、夏の花に植え替えないといけないようです。

お世話する方達は、次に何を植えるのか相談しているのかもしれませんが、
部外者の私は、のんきに 花後の花だんで 変なもの探し♪

ね、ね、これ、なんだと思います?

06_0623_kadan1.jpg

これはすぐにわかりますね。

06_0623_kadan2.jpg

壺形の実。
上にすきまができて、まさに‘芥子粒’みたいな細かいタネをこぼすのは、
ケシ科ケシ属の花の特徴です。
これは花だん出身で、時々、道ばたや野原に逃げだしている ナガミヒナゲシの実。

06_0623_kadan3.jpg

こんなやさしげなオレンジ色のポピーみたいな花の花後です。


これは蕾なのかな、実なのかな?

06_0623_kadan4.jpg

こびとさんのとんがり帽子みたいなのは、
とっても可愛い ハナビシソウ(花菱草)の蕾です。

ハナビシソウはアメリカで改良されたの花だんのお花。
家紋のひとつ「花菱」によく似た四枚の花びらが特徴です。
園芸やさんではエスコルチアや、
英名のカリフォルニア・ポピーのほうが なじみがあるかもしれません。
カリフォルニア州の州の花ですって。



いかにも実らしいのが蕾なら、実はどこかに付いているのかな?
やっぱりケシ科ケシ属の壺形の実?

06_0623_kadan6.jpg

いいえ、茎にしか見えないけれど、この長いのが実なんです。
ケシ属じゃなくて、ケシ科エッショルツィア属の
ハナビシソウの実。

オレンジ色のヒラヒラが付いてますね。
まるで刀のつか(柄)みたいな形のヒラヒラが。

06_0623_kadan7.jpg

花は元気な黄色、オレンジ色。たまに白や赤。
カメラ泣かせの鮮やかさで、春の花だんを彩ってくれていました。




もう一つ、へんてこな実のムギナデシコ。

06_0623_kadan8.jpg

園芸屋さんではアグロステンマ。別名はムギセンノウ(麦仙翁)。
ナデシコ科アグロステンマ属の1〜2年草。
こぼれ種でも殖えて手軽にお花畑ができちゃう♪のが売りの
ヨーロッパ出身の園芸種。

スゴくモダンなデザインの花で、見慣れないあまりに 
この世のものとは思えなかったのですが、
こうして実を結んでいるのを見ると 普通に植物なんだなって、
変なところに感心したりします。

へんてこな実は 足が5本で足りないけど、頭の細いタコさんの宙返り〜♪って感じ?
花の意外性に比べて、少し地味な実かな〜。



花はもちろん綺麗だけど、実の形がいろいろで 面白くってついつい注目しちゃうけど、
園芸種のこぼれ種は、自生種のすみかを脅かすので 問題になっています。
丈夫で育てやすくて、こぼれ種でも良く殖える…
園芸初心者には 魅力的な売り文句ですが、
そう言うお花こそ、管理上の注意が必要と言うことですね。

あ、そうか…実ができたって 喜んでちゃいけないのね。(^^;)ふふふ…気をつけます。


posted by はもよう at 17:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またも、はもようさんの面目躍如の観察記録ですね。しかも、外来種の問題もきちっと抑えているところなどは・・・。
Posted by ひろし at 2006年06月23日 21:32
ひろしさん、おはようございます。
え?…いや、まぁ、
花の時機を逸しちゃったからの苦肉の策ですよ。(^^;)へへっ

でも、去年までは、
花が咲き終わったとたんに刈ってしまうなんて…と
不満に思っていましたが、いろいろ勉強して、
園芸種は
種ができる前に刈り取って処分する方が正しいんだなって解ったので、
解ったよってことも記録しておきたかったんですよね。
引き続き頑張りま〜す。(^^)
Posted by はもよう at 2006年06月24日 11:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。