2011年04月12日

ポプラ 咲く

今日は風は強いけれど良く晴れました。日差しが強くて、ガラス越しだともう
暑いくらいです。桜の花びらも舞ってますが、まだまだ枝に残っている方が多い
です。どんどん変化するこの時期、撮った写真と今日見てきた景色が全然違っ
ちゃうので困ります。編集が追いつかないんですよね。先週の写真ですが、
見てやってください。

すらっと背高さんのポプラ並木にもお花の季節がやってきました。

11_0412_poplar1.jpg

ポプラの木って、私が持っている日本の樹木を紹介した図鑑に載って無いんです
よね。ユリノキだってプラタナスだって載っているのに不思議です。







図鑑では取り上げてくれなくても、近所の公園には2種類のポプラが並んでる
んです。図鑑が助けてくれないならネットで、いろんなことを調べちゃいました。
過去記事も多いんですが、今回は、お花のシーズンだと言うことをご紹介します。

11_0412_poplar2.jpg

すらっとした樹形はヨーロッパ出身のポプラ(セイヨウハコヤナギ)。
ほら、春を感じて枝先いっぱいにつぼみを付けてスタンバイしていますよ…って
言っても見えませんよね。(^^A)

でも、この日は風が強くて引きちぎられたつぼみがいっぱい地面に散っていたので
解りました。

11_0412_poplar3.jpg

もっとちゃんと開くと紫色に見えるんですが、まだつぼみなので赤っぽいです。
昨日見てきたら、今度は長く伸びた花の穂がいっぱい落ちていました。

11_0412_poplar4.jpg (写真追加)


以前はポプラのメスの木もあったので、実まで見られたのですが、もう何年になる
かなあ…。枯れて切られちゃったんですよね。

2007/ 5/24付 「我が街の「柳絮(りゅうじょ)」」




公園の別の場所には 北米出身のカロリナポプラが立っています。ヨーロッパのポプラ
よりは、開いた樹形です。

11_0412_carolina_p1.jpg

この樹形が災いして、一昨年は台風の時に何本も倒れました。

2009/10/ 9付 「嵐の後の公園」

そのあと公園の管理人さん達が、根元のひこばえなどを徹底的に刈って、風を受け
ないように工夫して管理しています。
背が高くなる割に、ビックリするくらい根が浅いんですよね。


今の枝先はほんのり黄色。こちらもお花の準備中ですが…見えるかな?

11_0412_carolina_p2.jpg

パソコンで拡大してみました。

11_0412_carolina_p3.jpg

う〜ん、解ったようなわかんないような…。
昨日見たらやっぱり、ヒモのような花の穂を下げていました。

11_0412_carolina_p4.jpg (写真追加、めばなかも)


カロリナポプラの方は実のなる木があるので吹雪のように綿毛が飛ぶのを見ることが
出来ます。

2008/ 5/14付 「カロリナポプラの綿毛」

大きくなるのに、タネはこれまたビックリするくらいちっちゃいんですよ。



ついでにご紹介するのはカツラの木。

11_0412_katura1.jpg


スタイルの良いカツラの木が、ほんのり赤く染まっているのを撮れました。
お花も赤いけれど…

2011/ 4/ 2付 「カツラの花」 

今は新芽の赤い色の方が目立つかな?

11_0412_katura2.jpg

カツラの木、期間限定の真っ赤な姿…だったのに…


昨日見に行ったら、すっかり緑になっちゃってました。

11_0412_katura3.jpg

丸っこいハート型の葉っぱを並べたカツラの枝。
ね、これもまたこれで、可愛いですよね。



枝先が赤い木と言えば、アメリカハナノキ。3/29にたぶん…と載せた
やっぱりあの木、メスの木でした…の証拠写真も撮れました。

11_0412_a_hananoki.jpg

ほら、カエデ属の証、プロペラ型の実が出来かけています。
元の記事にも追加しておこうと思います。

2011/ 3/14付 「開き始めた木の花たち」 アメリカハナノキのおばな
2011/ 3/29付 「公園の花木の芽」 アメリカハナノキのめばな




みごとに枝ばっかりの記事になっちゃいました。
でも もうすぐどの木も 枝いっぱいの新緑で輝くようになるんですよね。
そろそろ冬の服と、冬にお世話になったの暖房器具のお片付けをしなくっちゃ。
次の冬にもまた、節電生活が出来るように、ちゃんとお手入れしなくちゃね。(^^*)
まだまだ、頑張りますよ。p(^へ^)






ブログ内関連ページ:
2010/11/26付 「黄色い葉っぱ」
2009/10/ 9付 「嵐の後の公園」

2009/11/26付 「イイギリとポプラ」 黄葉
2009/ 4/ 9付 「花さんぽ'09」 ポプラの花
2008/ 5/14付 「カロリナポプラの綿毛」
2007/ 5/24付 「我が街の「柳絮(りゅうじょ)」」

2011/ 4/ 2付 「カツラの花」 

2011/ 3/14付 「開き始めた木の花たち」 アメリカハナノキのおばな
2011/ 3/29付 「公園の花木の芽」 アメリカハナノキのめばな




posted by はもよう at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
わたしもカツラの芽吹いた葉が真っ赤なのを眺めていました。
このあたりでは、今は小さな葉の真ん中辺りが
フワッと緑になっています。
カツラは真っ赤から緑になって、
秋にはきれいな黄色に変わるのですねぇ
今年は枝に向かい合わせでつく赤い新芽のときから、
ずっと見ることができました。
少し幸せな気分です。
Posted by ブリ at 2011年04月15日 17:28
ブリさん、こんばんは。
ああ、ブリさんもカツラの葉っぱを眺めていらしたんですね。(^v^○)
そうそう、真っ赤な芽吹きから緑の葉っぱに変わるときの色も
面白いですよね。
こちらでは不思議な中間色になりますよ。

一年通して変化に富んで樹形が荒れにくいから、
最近、庭にカツラを植えるお宅も増えているらしいです。
そばでずっと眺めていたくなる木ですよね。(^−^*)
Posted by はもよう at 2011年04月15日 18:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。