2011年04月10日

桜と青空

思ったほど晴れませんでした、うちの方。ちらちらっと陽は差すんですが、
雲がとれなくて結局 明るい曇りの日曜日となりました。
待ちに待ったお花見としては、物足りなかったんじゃないでしょうか。
ま、我が家では旦那さんを選挙に誘ったくらいで、子ども達は思い思いに
過ごしていましたけどね。

ひとつ前の記事では、曇りの日の 渋めな桜を見ていただきましたが、今日の
記事の中はお天気が良いんです。清々しく晴れ渡った日の桜です。

11_0410_sakura1.jpg

晴れた日の桜は青空と相まって爽やかです。春の訪れをお祝いしているよう
でもあります。







春はどこへ行っても桜が咲いていますよね。冬の間はみんな黒っぽい枝だけの姿
だったのに、一斉に桜色になって。お花が咲いてみてから初めて、あら、あの木、
桜だったのね…なんて驚くこともしばしばです。

11_0410_sakura2.jpg

真っ青な空に咲き始めの染井吉野。
屏風絵にして家の中に飾っておきたいようですわ。



花が咲きに咲く染井吉野の向こうには、葉っぱが同時に出るヤマザクラが見えてます。

11_0410_sakura3.jpg

いつもおさんぽしている公園にもいろんな種類の桜が咲くんです。

競う個性に目移りしながら眺めていくのがこの時期の楽しみです。

11_0410_sakura4.jpg

ヤマザクラでもお花と一緒に出てくる葉っぱの色は、赤かったり茶色かったり、
緑っぽかったり…といろんなタイプがあります。
その木ごとに違うから楽しいんですよ。



シダレザクラも晴れた日に見れば、こんなに色鮮やか。

11_0410_sidare_z1.jpg

見上げるとお花が、降りかかって来るように見える枝。優美な曲線です。


11_0410_sidare_z2.jpg

そして個々の花の様子。

11_0410_sidare_z3.jpg

晴れやかで軽やか。綺麗ですね。




ついでに近所の淡い色のボケ(木瓜)のお花も仲間に入れちゃお。

11_0410_boke1.jpg

良く撮る朱赤のボケ(あれはあれで、写しにくい色なんですよね。)とは違って、
淡く咲いて、徐々に色が濃くなる品種です。
一目でいろんな色が見られて素敵ですね。

11_0410_boke2.jpg

なかなか可愛らしいでしょう?
この色なら、カメラも困らないで写してくれるんだけどなあ。(^m^)えへっ




大きな桜の木の下に立って花を見上げると、花と枝が作り出す模様が綺麗で
感心します。
さっぱりと白っぽいお花もあれば、

11_0410_sakura5.jpg

ほんのりピンクのお花もあります。

11_0410_sakura6.jpg

本当に、どの花見ても綺麗だな ♪ 状態で 幸せです。
ひとつ前の記事では、しっとりと大人っぽい曇りの日のサクラを堪能したけど、
すこんと晴れた日の 屈託無いサクラもやっぱり綺麗です。


でも、今、大変な思いをしていらっしゃる方達も居るんだと言うことを思い出すと
楽しい春にも影が差します。




たとえどんなに傷ついても植物達はあきらめず、残った根から水を吸い上げ、
残った枝に花を咲かせます。いつもいつも励ましてくれる大きな木々を見上げて、
いつかきっと、今、辛い思いをしている人たちとも一緒に、いつかきっと笑おうと
思ってこれを最後に撮りました。

11_0410_sakura7.jpg

大きな日陰の向こうの 満開の桜。




いつか一緒に笑うため今日も、自分に出来ることを探します。
あ、相変わらず、節電、節水、節ガス生活。p(^へ^)頑張ります。




ブログ内関連ページ:

2011/ 4/ 9付 「花曇りの桜」
2010/ 4/ 2付 「花曇りの公園」

2011/ 4/ 1付 「さくら 咲いた」
2010/ 4/17付 「花吹雪、桜しべ降って葉桜へ」
2010/ 4/11付 「花さんぽ'10」
2009/ 4/22付 「サクラのアルバム」
2009/ 4/ 3付 「風の日さんぽ」
2009/ 3/21付 「白い桜など」
2007/ 3/25付 「雨の日の桜」
2006/ 4/10付 「桜、サクラ、さくら…」








posted by はもよう at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。