2011年04月02日

カツラの花

今日、最初は雲が多くてはっきりしない空模様でしたが、だんだん晴れて穏やかな
一日になりました。ちらほら咲き出した桜以外にもいろんな木の枝先が賑やかに
なってきました。今日はそんな木の中からカツラの木をご紹介します。

11_0402_katura1.jpg

細い枝に丸っこいハート型の葉っぱを並べるカツラの木は、もともとは日本にしかない
木です。漢字で書くときには「桂」の字を使いますが、この字は中国ではキンモクセイの
仲間を表すのに使う字ですので、ちょこっとややこしいです。
春のカツラは枝先を赤く染めて目覚めます。







カツラはカツラ科カツラ属の落葉高木。
こちらが全体の姿。鋭い角度で2本ずつ枝を出すのでスマートな三角形の樹形になります。

11_0402_katura2.jpg

本来はお山の木ですが、街の景観にも良く会うお洒落な木ですよ。
最近では街路樹や庭木としても植えられるようです。


赤い枝先、一枚目の写真はおばなです。もっと拡大してみるとこんな風。

11_0402_katura3.jpg

枝から直接おしべのヤク(葯)がぶら下がっているような素っ気ない花ですが、
真っ赤なんですよねえ。(^v^*)可愛い。

こちらは枝になにやらプチプチしたものが付いているメスの木。
黒くなっちゃっているのは去年の実です。

11_0402_katura4.jpg

そしてメスの木の花は、おばなよりも更に素っ気ないこの姿。

11_0402_katura5.jpg

めしべの柱頭がちょろっとのぞいただけの、写真で撮るのがとっても難しい花。
でもこれも真っ赤なんですよね。


最後のこちら、赤かった冬芽が花にもならずに膨らんでいくと…

11_0402_katura6.jpg

はい、真っ赤な葉っぱになります。丸っこいハートの形でちっちゃくて、
可愛いでしょう?

11_0402_katura7.jpg

新芽の時だけ赤いんですが、このあと綺麗な明るい緑の葉っぱになります。
夏の間は涼しげに茂って、秋にはレモンイエローに黄葉します。

今だけ赤い カツラの木。ほんのちょっとの間しか見ることのできない姿です。



さあ、今日も省エネ生活続行中です。
今日は火から下ろしておいても加熱できる魔法瓶並みの保温鍋で煮込み料理でも
作ろうかな。頑張ろう、こつこつと。p(^へ^)






ブログ内関連ページ:

2011/ 1/23付 「桂、銀杏、桜の冬芽」
2009/ 3/22付 「カツラの花」
2005/10/ 8付 「キンモクセイとカツラと「桂」」







posted by はもよう at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。