2011年03月28日

ツバキの盛り

今日も穏やかな晴天です。強い冷え込みも一段落して、明日からは空気が和らぐよう
です。いつの間にか3月も最終週ですものね。このまま暖かくなってくれると良いと
思います。今日は特に用事もなく、我が家の方も静かな一日です。

そろそろ、身近で椿の花が盛りをむかえていますので、いくつかご紹介します。

11_0328_tubaki_aka.jpg

園芸種は難しいです。品種を表す名札がないので、どれも品種名は不明です。
これはヤブツバキによく似たお花。いつもおさんぽしている公園で見かけました。






こちらは少し花びらの数が多くて、お花の色が明るめでピンク色のもの。

11_0328_tubaki_momo.jpg

葉っぱの陰にうつむいて咲きます。


こちらは白い花。バラみたいですよね。

11_0328_tubaki_siro.jpg

傷みが早くて、こんな風に綺麗なお花に出会えるのは貴重です。



それから、なんといっても可愛らしいのは和菓子のようなピンクの乙女椿。

11_0328_otome_t1.jpg

しべの見えない咲き方は千重咲きというそうです。

11_0328_otome_t2.jpg

門外不出を表す「御止め」が語源という節があるそうです。こんなに可愛らし
かったら、独り占めしたくなっちゃいそうですよね。


ちょうど良いバランスの綺麗なピンク。

11_0328_otome_t3.jpg

暮れのうちからぽつりぽつり咲いてましたが、今は枝いっぱいにお花をたくさん
付けています。

11_0328_otome_t4.jpg

本当に、愛らしいお花です。



昨日行ってきた隣町の、斜面に勝手に生えている野生の椿(たぶんヤブツバキ)も
お花の盛りをむかえていました。

11_0328_y_tubaki.jpg

薮を抜けて差す日差しに、花びらが透けて輝いていました。
蜜をなめに、メジロなどの小鳥がやってきます。




おまけは、今を盛りの沈丁花。白いお花が手まりのように咲いていたので撮って
きました。

11_0328_jinchoge.jpg

今、良い香りがしていますよね。沈丁花の香りが薄れたら…桜かな?


灯油を残しておいてもしょうがないから、ちょっとずつ暖房をつけるようにしました。
でも、それ以外は省エネ省エネ。節電、節水、節ガス生活(^▽^)続行中です。






ブログ内関連ページ:

2010/ 3/30付 「ツバキの花盛り2」





posted by はもよう at 14:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年の春は椿の歴史と咲き方について、ずいぶんと勉強しました。
根岸森林公園には「獅子咲き」「梅芯咲き」もあって、ずいぶんと楽しめます。
わが家では今ごろになって白いツバキが元気になってきました。
Posted by ディック at 2011年03月28日 20:46
ディックさん、こんにちは。
はい、見せていただきました、椿の研究。(^v^)
ディックさんちの方にはいろんな椿が咲いて良いなあと
うらやましがりながら見ました。

うちの方は限られているので去年と同じラインナップです。
でも、たくさん咲いてくれて、きれいですね。(^^*)
Posted by はもよう at 2011年03月29日 16:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。