2011年03月26日

キブシの花

今日は日差しは暖かいけれど、風が強くて冷たいです。早速、春休みの息子が
早めのお昼を食べて部活に行くというので、午前中はバタバタ。(^^A)
午後はちょこっとお買い物に行ってきました。今日のおさんぽは無理かなあ。
娘の方は今日から3日連続でアルバイト。しっかり稼いで欲しいものです。

さて、写真の方はいつもおさんぽしている公園で見かけた早春の雑木林のお花、
キブシを見ていただきましょう。

11_0326_kibusi1.jpg

雑木林ゾーンを歩いていたら、こんな風に黄色い花がたくさん下がっていました。
キブシの花です。






キブシは、キブシ科キブシ属、山地にごく普通に生える落葉低木。
春先、まだ花も葉っぱもまばらな頃の雑木林で、薄い黄色の花を 玉のれんの
ようにぶら下げて目立ちます。

枝先には柔らかい黄色の花の穂。若干赤味のさした黄色で、数たくさん付くのは
たいていおばなの咲くオスの株。

11_0326_kibusi2.jpg

ちょこっと開いた花びらの奥から、どっさりのおしべがのぞいています。

11_0326_kibusi3.jpg

おばなの花の穂は、咲いたそばから散っちゃって夏には何も残らないけれど、

毎年撮ってるメスの木の大株は、このつぼみをみんな実にする勢い。
圧倒的な花付きの良さを誇りますが、こんなに付くメスの株はこの木だけ。

11_0326_kibusi4.jpg

めばなはあとで実になるんですから、おばなほど数は咲かないものなんですよ。

おばなと比べると、若干緑色っぽいメスの木のめばな。
まだつぼみでしたが、お花が開くと、大きな緑の子房の付いためしべが見えます。

11_0326_kibusi5.jpg

去年の実がまだ残ってました。熟しても緑色なんですが、さすがに半年も
枝についていたら茶色くなっちゃいますよね。
タンニン豊富で、黒い染料として利用されたそうですよ。

メスの木の花盛りは、後日撮りに来ましょう。
急ぐ方は過去記事でどうぞ。↓ (^▽^)

2010/ 4/10付 「キブシの木」
2008/10/17付 「キブシの実と色付く葉」
2007/ 3/ 9付 「キブシのおばなとめばな」



ついで撮ってきた 隣のコブシはこんな風。3/3のつぼみと…

11_0326_kobusi1.jpg

3/24のつぼみ。(^^A) 

11_0326_kobusi2.jpg

いやぁ、街を歩いていると 咲いている木も見るんだけど公園のつぼみはまだ
咲いてなかったんですよねえ。
また見てきます。(^-^*)


かわりと言っちゃなんですが、同じ日に見てきたカラスノエンドウ。

11_0326_karasuno_e.jpg

私が、今年初めて見たカラスノエンドウです。おはよう、今年もいっぱい咲いてね〜。




問題山積ですよねえ。2週間経っても、落ち着く気配もない感じです。
でも、みんなでよってたかって知恵を出していくしかないですよね。
私もちょこっとずつ工夫しながら、まずは省エネ、それから…いろいろ考えてみます。
頑張ろう、とりあえず、私。(^v^*) 週末は停電こそ無いけど、節電節電。






ブログ内関連ページ:

2010/ 4/10付 「キブシの木」
2008/10/17付 「キブシの実と色付く葉」
2007/ 3/ 9付 「キブシのおばなとめばな」



posted by はもよう at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。