2011年03月24日

ヒュウガミズキ開花

事態はいっこうにおさまりませんし、気温は低いままです。でも、いつまでもじっと
していてはいけないと、今日はあれ以来初めて、いつもおさんぽしている公園で
健康ウォークをしてきました。何事も体が資本ですからね。頑張ります。p(^へ^)

近所の植え込みのヒュウガミズキと公園のトサミズキ。よく似た黄色いお花が咲き
揃いました。他の木々の近況と共にご紹介します。

11_0324_hyuga_m1.jpg

まずはちょこっと小柄なヒュウガミズキ。






日向の国は今の九州、宮崎あたり、土佐の国は今の四国、高知県。ミズキという名ですが、
マンサク科の植物で、ミズキやハナミズキとはお名前だけのそっくりさんです。
あ、でも、葉っぱは似てるかな?(^v^)

かつては限られた土地に自生していた 地方の花木でしたが、園芸植物として
色々な場所に植栽されるようになり、身近なお花となりました。

節電中なので、両者についての詳しい記述は過去記事を ↓ どうぞ。

2006/ 3/20付 「トサミズキとヒュウガミズキ」


花も葉っぱも木の高さも、ちょこっと小さめのヒュウガミズキは優しい表情。

11_0324_hyuga_m2.jpg

開いてすぐのおしべのヤク(葯)がオレンジ色…と言うのが見分けポイントです。


もうちょっと大柄なのはトサミズキ。お花の黄色もちょこっと濃いめ。

11_0324_tosa_m1.jpg

葉っぱは大きいし、花の穂は長くなります。

開いてすぐのおしべのヤク(葯)が紅色というのがトサミズキの特徴なのですが、
↓ このように、時間が経っちゃうと赤くなくなっちゃうのが難点です。(^^A)

11_0324_tosa_m2.jpg

まあ、でも、この辺にトサミズキがあるのはいつもおさんぽしているので解って
いるから間違いなしです。


ついでに3/3につぼみを撮っておいたハクモクレンを見に行ってみましたが、

11_0324_h_mokuren1.jpg

他所では咲いている株も見かけたけれど、今日はまだ、このくらいのしか撮れません
でした。

11_0324_h_mokuren2.jpg

シーズンはこれからなので頑張ります。



あとは豊後梅かなと思っているお花。可愛らしく花盛りでした。
花びらが多い方と…

11_0324_bungo_ume1.jpg

少ない方。

11_0324_bungo_ume2.jpg

どちらも、甲乙付けがたい美しさでした。




さあ、今夜は停電。ご飯の支度急がなくっちゃ。(^v^*)頑張ってきます。






posted by はもよう at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。