2006年06月13日

カタツムリの暮らし

関東地方に梅雨入り宣言記念。
カタツムリ特集です。お嫌いな方、そぉっと 素通りしてください。

のんびりとか、マイペースとか、
人は勝手に言うけれど、
どのくらい 知っているかしら?カタツムリの暮らし。

06_0613_snailes01.jpg




関東地方で良く見られるカタツムリ、
ミスジマイマイは木の上で暮らしています。

乾いたところでは うまく動けないので、
葉っぱにくっついて、何日でも雨が降るのを待っています。
桑の木に行けば、難なくその姿を見つけることが出来ます。

06_0613_snailes02.jpg

直径3〜4cmは有る堂々たる姿。
殻に 茶色の筋が3本あるので、ミスジマイマイ。
でも、色や模様は結構個性的です。

06_0613_snailes03.jpg

こんな、↓白っぽいのもいましたが、これもミスジマイマイで良いのかな?

06_0613_snailes04.jpg

殻の後ろはこんな風。たいてい白無地で、真ん中がぺこっと凹んでます。

06_0613_snailes05.jpg





雨が降り、木の幹が濡れてくると、いよいよ行動開始です。
一本のクワの木に、何匹住んでいるのやら。

06_0613_snailes06.jpg

あまり長距離を移動するタイプではないので、
結構、親兄弟や親戚だったりして。ごあいさつは…しないのかな?

カタツムリの殻って、濡れるととっても綺麗ですね。

06_0613_snailes07.jpg




息子の幼稚園で買った本に、
カタツムリの暮らしぶりの紹介が載っていました。
それに寄れば…

カタツムリは雌雄同体。
2匹が出逢い、互いに役割を交代しながら 子作りをして、
湿った土の中に卵を産むんですって。

06_0613_snailes08.jpg

これは、春先に見つけた その最中らしいカタツムリ。
2cmほどで、ころんとしているので、
ミスジマイマイじゃなくて、ウスカワマイマイみたいです。

シーズンはこれかららしいので、今、探しても見つかるかもしれません。
あ、お邪魔はしないようにね。(^^;)

2〜3週間後、(気温によって違うんですって。)
赤ちゃんカタツムリは、殻をしょって 生まれてくるそうです。
生まれた日から一国一城のあるじなのね。




カタツムリは、殻の入り口付近を少しずつ継ぎ足しながら、
大きくなっていきます。
巻きが多ければそれだけ 長く生きてるカタツムリです。

敵に襲われても、殻にこもるくらいで、とりたてて武器を持たないカタツムリ。
何事もなければ、1年から3年ほどの命だそうです。
殻のデコボコは、日々生きたしるし。木の年輪のようなものですね。
なにかの事故で殻が欠けたときは、内側から修復するそうです。

ほら、このカタツムリの殻には、ツギが当たっていますよ。

06_0613_snailes09.jpg




梅雨が終わり、本格的な夏になると、
殻の入り口に幕を張って「夏眠」してしまうそうです。

もちろん、寒くなっても眠ります。



枯れてしまった芋の葉にくっついているのは、11月のカタツムリ。
もっと寒くなったら、枯れ葉の下にもぐって冬眠します。

06_0613_snailes10.jpg



カタツムリって、長い距離を移動できないので、
地域ごとに固有種がたくさんいるんですって♪
道ばたで見かけたカタツムリの 名前調べをするときには、
住所も 重要な手かがりになりそうです。

カタツムリ♪お国自慢大会も、面白いかもしれませんね。


posted by はもよう at 13:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわっ、気持ちワル....げっ、木にいっぱい、さぶっ....雌雄同体、なんか聞いたことある....えっ、三年で死んじゃうの....ツギあてしてる、手もないのに....夏眠に冬眠、耐えてるなぁ....
カタツムリ、なんだか愛しくなりました。
Posted by こぐま at 2006年06月13日 23:51
こぐまさん、こんばんは。
あらっ?お嫌いでしたか、カタツムリ(^^;)。
おつき合い下さってありがとうございます。

暮らしぶりが解ると、なんとなく、可愛く見えちゃいますよね。
とりあえず、あんまりのんきな暮らしじゃぁないようです。
気持ち悪くない程度の 遠くから、そっと応援してあげてくださいね。
コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2006年06月14日 20:09
☆カタツムリ、妙に好きなんです。
はもようさんの観察眼、やっぱりきめ細かですね。
桑の木に多いなと思ってみてましたが、
はもようさんの所でもそうなんですね。
あの葉っぱ、おいしいんでしょうか。
今度は、殻のツギ部分、しっかり見てみます。
Posted by るな at 2006年06月15日 22:04
るなさん、こんばんは。
わぁ、見ていただけて良かった。
去年、るなさんのブログのカタツムリ特集を見せて頂いてから
ずっと記事にしたいと思って撮りだめて来たんですよ。(^^)

いいですよね、カタツムリ♪うちの方でも桑の木にいっぱい居ますよ。
今回は特に濡れた殻がとっても綺麗だってことを発見しました。
縁結びの神は、るなさんですからね。
ありがとうございました。(*^^*)
Posted by はもよう at 2006年06月15日 22:33
虫は自分の仲間くらいに思っているぼくですが、真ん中のカタツムリがたくさんいる写真、ふっと「気持ちワルう…」と思ってしまいました(^^;)
Posted by ディック at 2006年06月18日 19:59
ディックさん、あらら、カタツムリ 4匹でダメですか?

じゃぁ、このフレームの外がどうだったかは言わないでおきますね。(^^;)
私は、殻さえ付いてればOKです。

しかも、子どもの頃は小さいのにしか会えなかったので、この街で出会う大きなカタツムリには毎年興奮しちゃってます。(^^)
Posted by はもよう at 2006年06月18日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。