2011年03月19日

クロッカスの三番花

なかなか、事態は収まりそうもありません。まあ、千年に一度の大地震ではそう簡単には
事は運ばないのでしょう。今は、何もできない非力な私ですので、ただただ我慢するばか
りです。でもいつか、自分の番が来たら、なにか行動してみようと思います。p(^へ^)
今日は久しぶりに計画停電が実施されないんですよ。でも、調子に乗って電気を使い過ぎ
ると大変なことになっちゃいますから、今日も節電モードで、簡単に。

どうしても記事にしたかったのは、2/27にご紹介したクロッカスの、3番目の花が咲いて
いたから。

11_0319_crocus1.jpg

以前にも、先に咲く花とあとに咲く花の間には、ひと月ほどの誤差があったのですが、
今年は小鳥についばまれて、2番目のつぼみは全滅していたんです。
一度はあきらめていた花に、また会えたのが嬉しくて写真に撮ってきました。






以前はこんな事はなかったんですけれど、何が影響したのか、今年はおなかをすかせた小鳥
が多くて、いろんなものがついばまれちゃって居るんですが、↓ 2/27にご紹介した

2011/ 2/27付 「花だんで見つけた春」

近所の花だんも例外ではなく、たとえば葉牡丹も。

11_0319_habotan1.jpg

ミニサイズの葉牡丹が紅白で植えられていたんですが、お正月からずっと葉っぱの先を
ついばまれ続けて居ます。

白い方は ↑ こうで、赤い方はこんな ↓ 風です。

11_0319_habotan2.jpg

美味しいんでしょうかね。
なんの鳥か、全部を見たわけではありませんが、私が目撃したときはヒヨドリでした。



で、いつもおさんぽしている公園でも、楽しみにしていた福寿草をいやって言うほど
ついばまれ…ガッカリしました。

2011/02/05付 「アメリカサイカチと桜の芽」

2011/ 2/17付 「南国出身の常緑樹」

で、今回はこのクロッカスですよ。

2/27の記事を書くときに、先の花とあとの花が一緒の年もあれば、ひと月ほど間の空く
年もあるんだなと気づいて、今年はどうかなと楽しみにしていたんですよ。

2009/ 3/ 6付 「薄紫のクロッカス」
2009/ 2/10付 「クロッカスの花」

そうしたら、せっかく出たつぼみを全部ついばまれちゃってなんにも無し。
もお、今年の花は見られないのかとガッカリしましたよ。

11_0319_crocus2.jpg

でも、咲くんですね。3番目の花。
正確に言うとあとから咲く株の2番目の花かもしれませんが。

解りますかね、↓ 黄色い花の左側についばまれちゃったつぼみの名残があるんですけど。

11_0319_crocus3.jpg

植物の強さに感心させられますねえ。


そう言えば、同じ花だんのミニシクラメンも、(うちのじゃないですよ。)
今年の冬の、例年にない少雨傾向を受けて、一度すっかり枯れちゃったんですけど、
雪で、まあ、あの冷たい雪で回復して、今、つぼみをもたげてるんです。すごいでしょ?

11_0319_cyclamen.jpg

球根植物のならでは強さなのかもしれませんけど、見習いたいものです。



紆余曲折ありましたが、今年も可愛いお花を写真に撮ることが出来ました。

11_0319_crocus4.jpg

可愛い紫のクロッカスです。

アヤメ科クロッカス属の球根植物。別名は「花サフラン」「春サフラン」。
地中海沿岸から小アジアにかけてが原産地。



冬場、エサのない小鳥も不憫です。ついばまれてもつぼみを付けるクロッカスは、その
たくましさで、鷹揚に受け止めてくれているのかな。

家だ服だで武装していない分、生き物たちは強いですねえ。爪の垢でも…。足元にも…かな。
頑張ろう、私。うん、とりあえず、できることから頑張ろう。そう思いました。

とりあえずは、節電と節ガスです。ちっちゃなことからこつこつとね。(^^)v





ブログ内関連ページ:

2011/ 2/27付 「花だんで見つけた春」

2010/ 3/ 7付 「プリムラとクロッカス」
2010/ 2/28付 「クロッカス咲いた」
2009/ 3/ 6付 「薄紫のクロッカス」
2009/ 2/10付 「クロッカスの花」
2008/ 3/14付 「ジンチョウゲとクロッカス」




posted by はもよう at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。