2011年03月05日

ヘレボルスの花

今日は旦那さんと2人で東京ドームにコンサートを見に行ってきました。32年
ぶりのイーグルス。懐かしいやら嬉しいやら。楽しんで、今さっき帰ってきました。
夜、出掛けても問題ないくらい子ども達も大きくなったんですよね。助かるなあ。

さて、今日の記事は花だんのお花。
いつもおさんぽしている公園で、今盛んに咲いている花のひとつにクリスマスローズ
とも呼ばれる'ヘレボルス'があります。キンポウゲ科の園芸植物で、お花の少ない
冬の花だんには欠かせないものとなっています。

11_0305_helleborus1.jpg

公園の花だんに植えられているものですから、品種などの細かいことは解りません。
でも、他では見られないシックな花色が目を惹きます。品種によって、表情が変わる
ものなんですね。






解らないことはまず、wikiで検索…っと。

wikiによりますと、
キンポウゲ科ヘレボルス属、常緑の多年草。中国原産の'チベタヌス'以外は東ヨーロッパ
からバルカン半島、トルコ、シリアに原種が分布しているそうです。

主にイギリスで品種改良されたそうで、イングリッシュガーデンを飾る花として注目
されたんですねえ。

「原種」とお花の付いた茎が立ち上がる「有茎種」と立ち上がらない「無茎種」があり、
お花が「一重」か「八重」かでまた分かれて、
…と言っても、この花びらっぽいものはガク(萼)片なんですけどね。…
交雑種の「(ガーデン)ハイブリッド」と呼ばれるものもあり…ね、品種の特定なんて
素人には無理でしょう? 

11_0305_helleborus2.jpg

wikiに参考として載っていた専門の ↓ 愛好家さん向けサイトにとんで、

「クリスマスローズガーデン園芸花情報WAKAIZUMI FARM」


更に調べていきますと、あらなんと、

日本にやった来たのは 結構古くて明治の頃だったそうです。最初は薬用植物として、
後に茶席で用いられる風流な花として。
「初雪おこし」とか「寒芍薬」なんていういかにもそれらしい名前で呼ばれていたそう
です。

11_0305_helleborus3.jpg

へぇ〜。最初は薬草か…。あ、でも、キンポウゲ科と言えば、毒草揃いの恐ろしい科
ですよ。少量の毒も上手に使えば薬になるというタイプの薬草扱いだと思いますので、
素人の皆さんは取り扱いにご注意下さいね。


さてさて、公園の花だんには10株以上のヘレボルスの仲間が植えられています。
記事の前半には 2月中旬に撮ったつぼみの写真を差し込んでおきました。

今頃つぼみを付けて、クリスマスの頃には咲いていなかったのに、どうして
クリスマス・ローズと呼ばれるのかというと、
実は、イギリスでクリスマス・ローズと呼ばれるのは、本当にクリスマスの頃に咲く
「ニゲル」と呼ばれる原種の一品種だけなんだそうです。

ヘレボルス属としては早咲きの方です。普通はもうちょっと春に近づいてから咲き
ますので、その頃のキリスト教の行事から「レンテン・ローズ」と呼ばれています。
でも、日本人にはなじみがなかったので、たぶん、インパクトの強い
「クリスマス・ローズ」で統一されちゃったんでしょうねえ。
国内では通用しますが、本場のヨーロッパへ行ったときには誤解のないようご注意!
ってことですね。



さて、レンテン・ローズのシーズンはもう始まっているので、当ブログでもすでに
1/30に一度ご紹介していますが、

2011/ 1/30付 「植え込みの冬芽」

後続のきれいどころを見ていただきましょうね。


記事の冒頭のうつむいちゃってた白い花はこんな風。

11_0305_helleborus4.jpg

可愛いなあ。もっと上向いて咲けばいいのに。



2枚目の写真の2つ並んだ 楕円形みたいなつぼみは、こんな風に開きました。

11_0305_helleborus5.jpg

ああ、やっぱり下向いてます。

周りを見回して、もう少し背の高いお花を撮ってみます。

11_0305_helleborus6.jpg

渋い色のお花ばかりかと思っていたけど、これは可愛いピンクですね。
ただし、ガク(萼)片の外側が…だけど。(^^A)

11_0305_helleborus7.jpg

しかもこのピンク、よく見ると赤い網目模様になっているんですねえ。
へえ〜、面白い。



そして3枚目の、ちょっと大人っぽい色の、無地の開きかけの花は

11_0305_helleborus8.jpg

こんな風に開くんですねえ。この株はちょっと背が高くて、お花もそんなに下を向いて
いなかったから、wikiで調べたときにみた「有茎種」「無茎種」の違いなのかなと思い
ましたが、良くは解りません。(^^;) 悪しからずご了承下さい。



いろんな種類があるんだなあ…なんて感心する足元に、また新手が現れましたよ。

11_0305_helleborus9.jpg

黒く見えるほど色の濃い、赤いつぼみ。
どんなお花が咲くんでしょうねえ。また、おさんぽのついでに見に来たいと思います。



ついでの お隣ご紹介。

11_0305_kirinso1.jpg

枯れちゃった茎の真ん中に、緑色の芽がぽつぽつ出てきました。
この植物は、公園の花だんのキリンソウ。

11_0305_kirinso2.jpg

ベンケイソウ科マンネングサ属、セダムと呼ばれる園芸植物グループの大御所。
幅が広いくて肉厚な葉っぱに黄色い花のキリンソウです。

2005/11/28付 「ベンケイソウの仲間達」

可愛い芽が並んでます。今年もたくさん咲いてね。楽しみにしているね。(^v^)








ブログ内関連ページ:

2011/ 1/30付 「植え込みの冬芽」
2005/11/28付 「ベンケイソウの仲間達」



posted by はもよう at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。