2006年06月05日

夏の道ばたの草

6月に入って、いろいろ慌ただしかったです。
やっと今日、日記が書けます。わぁ、もう、5日じゃないの。

娘の制服をクリーニングに出しに行く道すがら、ふと、足元を見ると、
道ばたの草たちも、いつの間にか夏の草花と入れ替わっていました。
ハキダメギク、イヌタデ、ツユクサと言った 珍しくもない草花ですが、
季節の便りと思えば、それもまた楽し♪でしょ。

06_0605_1kata_haki.jpg

アカカタバミと一緒に咲いていたのは、今年初めて見たハキダメギク。







春先にもかわいそうな名前の草がありましたが、この名前も気の毒ですよね。
大正時代に世田谷の掃きだめで、初めて見つかった帰化植物なんですって。

06_0605_2haki_kiku.jpg

よくよく見れば、先が3つに分かれた花びらが5つあって、
結構可愛い花ですよ。
掃きだめに咲いていたのは、汚い場所が好きなんじゃなくて、
栄養豊富な場所の方が好きっていう 贅沢な好みのせいなんですよ。




春が終わると見かけるようになるのは、ピンクのイヌタデ。

06_0605_3inutade.jpg

ハナタデ…っていう そっくりさんもあるので どうかななんて思いつつ、
開いているお花にぐぐっと迫ってみました。

イヌタデは、咲いている花は小さいけれど、
つぼみも受粉済みの花も みんな濃いピンク色にして、
一度にたくさん花の穂に並べて、虫さんにアピールするタイプなんですって。

06_0605_4inutade2.jpg




最後はツユクサ。
例年ならこの花を見ると、いよいよ梅雨だなって思うのですが、
今年の関東地方は、梅雨の走りが長すぎちゃって、やっと咲いたかって感じです。

06_0605_5tuyukusa.jpg

それより今年は、
「がんばれ サッカー日本代表!」って感じ ですかしら(^^)。
がんばって応援しなくっちゃ♪


posted by はもよう at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハキダメギクが増えてきました。出始めのときはとりわけ可愛いです。
ツユクサはきのう見ました。まだ葉の陰でチラリという感じでした。
イヌタデは気づいていないけれど咲いているころですね。ピンク色に絞って辺りを見ましょう。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年06月06日 08:11
おーちゃんさん、いらっしゃいませ。

自然に恵まれてはいなかった 自分の子ども時代でも、
身近にあった草花ですので、
珍しくはないけど、出始めには嬉しくなります。(^^;)
(そのうち気にも留めなくなるんだわ。)

実は私、真っ先にイヌタデを見つけたんです。
お近くにもきっとあると思いますよ。
Posted by はもよう at 2006年06月06日 13:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。