2011年02月28日

日だまりロゼット

昨日15℃以上になったのに、今日はときおり小雪が混じる雨の一日ですよ。
本当に乱暴なお天気ですよねえ。風邪ひかないでくださいね。
今日で2月も最終日。HPの「季節のごあいさつ」に3月のごあいさつを飾り
ました。去年撮ったエゴノキの芽生えの写真です。今年はいつになるのかな?

さて、今日の写真は道ばたの日だまりに並んだロゼットをいくつかご紹介します。
まず1枚目は言わずとしれたタンポポです。

11_0228_tanpopo.jpg

ロゼットというのは草たちが冬越しするために編み出した究極の省エネスタイル。
このように地面にぺたんと葉っぱを広げて寒さをやり過ごす姿のことを言います。
色は緑ですが、形はお花(バラ:ローズ)の様でしょう?







おなじみの草たちから、簡単にご紹介していきましょうねえ。

まずは都会でも見かける オニタビラコ。黄色いお花の草です。

11_0228_onitabitrako.jpg

ロゼットは茶色っぽい葉っぱ。個性的です。

2007/ 4/24付 「ヤブタビラコ」
2009/ 5/ 3付 「黄色い花1」 オニタビラコとヤブタビラコ

同じ仲間でも、もう少し自然度の高いところにしか育たないヤブタビラコはこんな風。

11_0228_yabutabitrako.jpg

柔らかくて美味しそうな葉っぱですね。

更に近いお仲間のコオニタビラコは別名ホトケノザと呼ばれる田んぼの雑草で、
七草がゆに入れる春の七草の一員です。
ヤブタビラコを入れても良いのかどうかは、どこの図鑑にも書いてはありませんが、
この美味しそうな若葉を見るたび、疑問に思います。美味しいのかなあ?



それからこちらは、ナズナ。別名ぺんぺん草。元祖道ばたの雑草。
そしてこちらも、七草がゆのメンバーですね。

11_0228_nazuna1.jpg

ナズナの冬越し姿は、こんな風。

11_0228_nazuna2.jpg

タンポポとの違い、解ります? 美味しいらしいですよ。

2009/ 2/25付 「ナズナのロゼット」

2008/12/23付 「枯れ葉の透き間の春」 ナズナ、瑠璃唐草、タンポポ


ぺんぺん草の名前の由来になった、三味線のばちのような実が 付かないこちらは
ミチタネツケバナ。

11_0228_m_tanetuke_b1.jpg

比較的最近やって来た来た植物で、これまた自生種で、田んぼの雑草として有名な
タネツケバナが湿った場所を好むのと対照的に、とってもドライな都会が気に入って
市街地の道ばた中心に勢力範囲を広げています。

11_0228_m_tanetuke_b2.jpg

ぎっしり葉を並べてこんな風にゴージャスなロゼットになります。
これはこれで可愛いんですけどね。

お仲間が次々来日していて、見分けに困る悩まし〜いカワイコちゃんです。やれやれ。

参考:
2009/ 4/12付 「ヒメスミレとタネツケバナ」



そして、こちらのキュートなのは、ミニサイズの勿忘草(ワスレナグサ)、
キュウリグサのロゼット。

11_0228_kyurigusa.jpg

お花も良く見りゃ可愛いのですが、ロゼットも、知ってみれば 可愛い姿。
ちょこっとピンクがかったスプーンの形の葉っぱがコケティッシュ?でしょ。

お花は花だんのワスレナグサとそっくりの綺麗なブルーですが、鑑賞するには
虫眼鏡かマクロ(接写)に強いカメラが必要です。

2006/ 4/ 3付 「キュウリグサの花」




紫色のお花が綺麗なキランソウは、今こんな姿。

11_0228_kiranso.jpg

栴檀(せんだん)は双葉よりなんとかと申しますが、色濃い紫のお花のキランソウは
ちっちゃい葉っぱのうちから、そこはかとなく紫色をしています。
もっと濃い色の葉っぱもあって、キランソウもなかなか個性的なロゼットです。

お仲間には園芸種も多くて、花だんにこの葉っぱにそっくりで、もっと大きい葉っぱが
並んでいることも良くあります。



それから…ロゼットにはならないけれど、良く一緒に生えている道ばた仲間の
こちらはオランダミミナグサ。毛深い若葉がチャームポイントです。

11_0228_o_mimina_g1.jpg

暖かい日が続いて、もう花が咲いていました。茎の先に固まって付くのが特徴です。

11_0228_o_mimina_g2.jpg

オランダミミナグサは帰化植物で、こちらもドライな都会がお好み。

もう少し自然度が高くないと見られない自生種のミミナグサは、こんな感じ。

11_0228_mimina_g.jpg

茎に赤味がさしていていることが多いです。
それから、お花が咲くと花の下に茎があるのが解り、見分けポイントになります。

最近、近所では両方の特徴を持った一風変わったミミナグサを見かけるようになり、
首をかしげながら観察しています。

2010/ 6/18付 「気になる花たち」
2007/ 5/12付 「ミミナグサ」



今日明日はお天気ぐずつくそうです、うちの方。晴れたらまたぐっと暖かくなって
いるんじゃないかしら…なんて、心 はずんじゃうときですね。
三寒四温のお天気に体長崩さないように気を付けて、草木の目覚める姿を見て歩きたい
ですね。(^v^*)








ブログ内関連ページ:
ロゼット
2011/ 2/19付 「ちっちゃい春」
2010/ 2/26付 「動き出した道ばたの草」
2009/ 2/25付 「ナズナのロゼット」
2009/ 2/17付 「みちばた ロゼット」 アメリカフウロ、メマツヨイグサ、ノゲシ、アメリカオニアザミ、ヨモギ、キュウリグサ
2008/ 2/19付 「日だまりロゼット」 瑠璃唐草、オニタビラコ、ヘラオオバコ、ミチタネツケバナ、ハルノノゲシ、メマツヨイグサ、クサイチゴ、
2006/ 2/ 9付 「ロゼットいろいろ」 メマツヨイグサ、ノゲシ、オニアザミ、オニノゲシ、オニタビラコ、アメリカフウロ、キュウリグサ、ミチタネツケバナ、ハルジオン
道ばたオールスターズ
2010/ 4/22付 「春の花 次々」 瑠璃唐草、ヤブタビラコ、オニタビラコ、ノゲシ、
2006/12/13付 「冬のタンポポ」
2007/ 4/21付 「タンポポのガク(萼)1」
2007/ 4/24付 「ヤブタビラコ」
2009/ 5/ 3付 「黄色い花1」 オニタビラコとヤブタビラコ
2008/12/23付 「枯れ葉の透き間の春」 ナズナ、瑠璃唐草、タンポポ
2006/ 4/ 3付 「キュウリグサの花」
2010/ 6/18付 「気になる花たち」 ちょっと変わったミミナグサ
2007/ 5/12付 「ミミナグサ」

参考:
2009/ 4/12付 「ヒメスミレとタネツケバナ」




posted by はもよう at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。