2006年05月24日

キキョウソウ

帰化植物なんですけどね。
道ばたって言うか、花だんの雑草なんですけどね。
小さい花なんですけどね。

毎年、咲くのを楽しみにしている花があるんですよ。
それが、キキョウソウ。
今日、今年初めて、咲いているのを見つけました。

06_0524_kikyoso1.jpg




故郷は北アメリカ。
30cmから、長いものでは80cmにもなる ひょろりとした草です。
丸い葉っぱが段々のように付くのが特徴で、別名はダンダンギキョウ。

06_0524_kikyoso2.jpg

キキョウ科キキョウソウ属の一年草。
帰化してはいるものの、そんなに数は多くないそうです。
日当たりが良くて、乾いた場所がお好みだそうです。
我が家の近くでは、花だんや植え込みの木の下で良く見かけます。

06_0524_kikyoso3.jpg

丸っこい葉の付け根に1つずつ、キキョウに似た小さな花をつけます。
葉の直径は 普通1.5cm、花の直径は1.5〜1.8cm。
草の下の方はほとんど閉鎖花で、花開かぬまま種になっちゃうそうですが、
草の上の方は、一度に1つから3つくらいずつ花が咲きます。

06_0524_kikyoso4.jpg

草むらに映える冴えたムラサキ。すっきりとした星の形。
あんまり殖えてほしくない 外国産の植物なんですが、
ついつい、その姿の見事さに見ほれてしまうんですよねぇ。


キキョウと同じように、
花が開いた直後のめしべは棍棒のような姿をしています。

06_0524_kikyoso5.jpg

おしべが花粉をまいたあとで、めしべの先が3つに開いて、
受粉を開始します。自家受粉を避ける工夫ですね。

06_0524_kikyoso6.jpg

おととしは上手く撮れなくて、
去年は花が咲く前に、一気に草刈りされてしまって、
また、今年も会えて、また、写真を撮りました。

姿は好きなんですけど、
会えてうれしいよと言って良いのかどうか…。
ちょっと悩んじゃったりします。(^^;)


posted by はもよう at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい色ですね。
帰化植物ですか。どこかで見られそうですね。道端でも気をつけてみます。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年05月25日 07:34
お久しぶりです。
仕事が忙しく、しばらくお仲間のブログを回れませんでした〜。
まとめ読みさせてもらいました。
読み応えありすぎです(笑)。
キキョウソウ、里山では今のところ見つけてないです。
それにしても、最近は帰化植物が増えましたよね〜。
Posted by くろねこ at 2006年05月25日 19:19
おーちゃんさん、こんにちは。

そうなんです、良い色なんですよ〜。
うちの方では、自然いっぱいのところではなく、
駐車場の植え込みのようなところで咲いています。
新しい土に、種が入ってくるのかしら?

ニワゼキショウ程度の大きさのお花ですから、
有れば目に付くと思います。
Posted by はもよう at 2006年05月26日 12:54
くろねこさん、いらっしゃいませ。
こちらこそ、ご無沙汰しておりました。(ぺこり)

記事はコンスタントにアップされてても、コメントは見ないなと思ってましたよ。
私も、ここのところバタバタしていて、記事を書くので精いっぱいでしたので、
同じようだな〜なんてね。
くろねこさんも、お忙しかったんですね。お疲れ様でした。(^^)

読み応えありすぎですか?えへへ…スミマセン。

キキョウソウは綺麗ですが、里山へは入り込まないで欲しいですねぇ。
新顔の帰化植物が多くて、図鑑の記述が間に合わなくて困りますよ。(^^;)
Posted by はもよう at 2006年05月26日 13:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。