2011年01月26日

雑木林の小さな芽

いやはや、昨夜のサッカーは大変な試合でしたね。でも、勝って良かった。次はとうとう
決勝戦! 更に遅い時間の放送になりそうですが、応援したいですね。

今日、日中は良く晴れましたが、夜にはちょっとだけみぞれが降るとか言う予報です。
おでんにして良かった。暖まれそうです。(^^*)

さて、今日の記事も相変わらずの冬芽と葉痕。今度は雑木林で見かけた小さめな芽を中心に
見ていただきましょう。

11_0126_akaside1.jpg

まずはアカシデ。赤味のさした小さな芽、可愛い木です。







こんな芽の付いた木、どこにでもあるじゃない。どうやって見分けるのかな?

この木は、いつもおさんぽしている公園の木で、一年中眺めているので解りますが、
なじみのない枝でアカシデかどうか確かめたいときには、たとえばこの虫こぶをあてに
します。

11_0126_akaside2.jpg

芽がくす玉のように丸くなっているこれが「アカシデ メムレ マツカサ フシ」と呼ばれる
虫こぶです。
よく似たイヌシデには枝の先がふくれる「イヌシデ メフクレ フシ」が付くので、冬芽しか
付いていない季節でもアカシデとイヌシデを区別することが出来ます。


ヒモのような花も可愛い葉っぱも、朱色に染まる紅葉もすてきですが、冬はこの枝振りを
見るのが楽しみです。

11_0126_akaside3.jpg

律儀に規則正しく並んだ枝や芽が綺麗でしょう?一年を通して魅力いっぱいなアカシデです。




こちらの、細かい枝が入り組んでいるのはエゴノキ。

11_0126_egonoki1.jpg

高いところの枝の芽は写真に撮れないから、もっと下のひこばえに注目。

11_0126_egonoki2.jpg

古い枝は細くて曲がっているのが目立つんですけれど、若い枝はもう少し太くてまっすぐ。
芽はどちらでも互い違いに付きますが、やっぱり若い枝の方が解りやすいですね。

ひとつ拡大してみましょう。

11_0126_egonoki3.jpg

枝にうつぶせになるように毛深い芽が付いています。可愛いですねえ。
春に芽を吹く頃にはもっと毛深さが目立ちます。また見に来よう。(^v^*)



大きな幹の途中からひょこっと出てきたのはミズキの木の枝。

11_0126_mizuki1.jpg

若い枝は赤いんですよね。

芽はもっと赤いです。

11_0126_mizuki2.jpg

綺麗でしょう? お花のつぼみみたいですよね。
ここから、お花にも負けない綺麗な葉っぱが出て来ます。 

春先に枝を切ると根から吸い上げた水が噴き出すことがあるから水の木、ミズキなんですって。
芽吹く葉っぱを眺めながら、春が来たのを実感する日が待ち遠しいなあ。
…なんちゃって、すぐ来ちゃいそう、春。  ゆっくり過ぎろ、寒くても。(^^*)



寒い日のウォーキングのあと、ちっちゃい木の芽を撮ろうとすると、とっても難しいし、
汗が冷えちゃって寒いのなんの。風邪ひいちゃいけないから短時間で撮りたいのに、ピントが
なかなか合わないんですよねえ。
でも、他に撮るものもないし、おさんぽには行かなくちゃだし、頑張ろう。( ^v^)







ブログ内関連ページ:
アカシデ
2010/11/24付 「シデ三兄弟の紅葉」
2010/ 4/11付 「シデ三兄弟の新芽」
アカシデ、エゴノキの紅葉
2010/11/30付 「こずえ見上げて」
エゴノキ
2010/ 5/23付 「エゴの花の咲く頃」
2010/ 5/20付 「エゴノキ 開花」
ミズキ
2010/ 5/10付 「ミズキ 開花」
2010/ 4/13付 「芽吹き ぞくぞく」
2010/ 3/30付 「今年の芽吹き1」



posted by はもよう at 18:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんばんは。
わたしも最近冬芽の本を買いましたので、
暇があれば、見てばかりいます。
このまえ、クサギの芽を撮ろうとしたのですが、
これがまたむずかしいです。
はもようさん、わかりやすくきれいに撮られていますね。
すごい!!
撮った者でないと、この難しさはわかりませんよね。
クサギの芽もアカシデのようにきれいな赤色でしたよ。
首巻をしたような対の芽がありました。
本の写真とは、まだ比べてはいないのですが・・・。

よくわからなかった木の名前が
もしかしたらわかるかもしれないという
楽しみも増えました。
Posted by ブリ at 2011年01月26日 20:48
ブリさん、おはようございます。

をっ!冬芽の本 ♪ いいですねえ。
「ふゆめがっしょうだん」かなあ? ちがうか。(^v^#)

冬のこの、被写体がぐっと減るときの冬芽はほんとに、
可愛いし、面白いし、良いブログネタになりますからねえ。
それから、冬芽から判らなかった木の名前が判明するってこと、
私も何度か経験しています。嬉しいですよぉ。

新しい本を味方に付けて、
可愛い冬芽ちゃんをブログで見せてくださいねえ。
私も楽しみにしていま〜す。\(^▽^)/


クサギの芽といえば…、是非、この ↓ 過去記事でご紹介した、
こびとさんみたいな可愛い芽に会っていただけたらなと思います。

http://happanomoyoudiary.seesaa.net/article/14797241.html

頑張れ〜(^▽^)ノ”
Posted by はもよう at 2011年01月27日 11:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。