2006年05月12日

アリとエゴノキの虫こぶ

雨上がりの隣町の公園 5/10のスクープ画像、またまた、虫のお話です。
虫関係の2件めです。

主人公はアリさんですが、
ちょっとびっくりするような画像が混ざっていますので、
虫が嫌いな方は 見ない方がいいと思います。
見て、気分が悪くなっては申し訳ありませんので、先に申し上げておきます。

でも、虫と虫こぶに興味のある方には、是非!見ていただきたい。
で、もし良かったら、私が見たのがなんなのか、解説してほしいです。


06_0512_ants1.jpg

それは、つぼみがふくらみ始めた エゴノキの枝先で起きた事件です。




その前に、これはヌルデの枝。真っ黒なアリマキに、牧人ならぬ、牧アリさん。
大事にしているお花にたかるアリマキは憎たらしいけど、
ちょっと牧歌的な景色です。

06_0512_ants2.jpg

でも、今回見たアリたちは、狩りの真っ最中。ちょっと怖い 現場でした。




エゴノキには「エゴノネコアシフシ」↓という 有名な虫こぶがつくんですが、
これは実を変化させるもの。

0715_egoneko.jpg (2003/7/15の日記より)

まだ花さえついていない時期には、エゴノネコアシフシを作るアブラムシさん達も
どこにいるやら分かりません。
でも、エゴの木の枝には、これとは違う虫こぶを作る 違う虫が、居たんですね。
まだ、花さえ咲かない枝の葉の軸か、付け根あたりに、
丸い緑の ゆがんだ玉のようなものが ついていました。




そこへ、アリたちがやってきて…こんなことをしていたんです。

06_0512_ants2.jpg

虫こぶを食い破ったのでしょう。大きな穴が開いています。
その周りで、黄色ともオレンジとも言えるような 
小さなイモムシに アリたちが次々に攻撃をしかけています。
イモムシは、じたばた抵抗していますが、かなう相手ではないようです。




あの虫こぶから取りだしたんだよな…確かめたくて、反対側に回って、
虫こぶの穴の中をのぞき込むような角度でもう一枚。

06_0512_ants4.jpg

あ、虫こぶの中にイモムシが見えます。やっぱりこの中にいたようです。




虫こぶを作る虫は、アブラムシと、タマバチとタマバエ。
タマバチかタマバエなら 幼虫がイモムシ型をしていても不思議はありません。
どっちかな?

ちょこっとweb検索したくらいでは 分かりませんでした。
でも、スゴい現場に居合わせちゃったんだなと思うと ドキドキしました。
アリってスゴい。…でも、人間の狩りにも似ていますね。(^^;)


posted by はもよう at 12:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エゴノキの虫こぶはまだかなと思っていましたが、こんなのもありますか。近所のにもあるかどうか近いうちに見てきましょう。
イモムシ君、アリに見つかったのが運の尽きでしたね。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年05月12日 18:36
こんばんは、おーちゃんさん。

エゴの虫こぶ。
もっと後で ネコアシ…が付く木なら いっぱいあるのですが、
この虫こぶが付いた木は、これ一本でした。
そして、その木の上でこんなことが起きてました。

気温が上がり、虫たちの動きが活発になると
いろんなシーンに出会う可能性も高まるのでしょうか。
雑木林や公園を歩く楽しみが、また増えちゃいそうです。(^^)
Posted by はもよう at 2006年05月12日 21:14
はもようさん、遅ればせながらのコメントで申し訳ないのですが・・・・これはスゴイ(^^)/決定的瞬間の写真もばっちりですね。はもようさんのドキドキ感が伝わってくるようです。

ちょっと気をつけて森を観察すると、様々な出来事が起こっていますよね。繰り広げられる小宇宙。そんな世界に気がつくなんて、ちょっぴり得した気分にもなったりして。

蛇足ですが、最近、ブロードバンドのテレビを我が家に導入しまして、ビルト・フォー・ザ・キルというnatinal geographicの番組を見ています。食う-食われる関係で見つめる生物の世界は、時に残酷ですごい・・・・
Posted by happyisland at 2006年05月23日 00:21
happyislandさん、こんばんは。
そうなんですよ。決定的瞬間なの。スゴいでしょ。(^^)

喰う、喰われるの関係ねぇ…。
昔、娘を抱いて、旦那さんがテレビを見ながらお留守番しているときに、
シャチの豪快なお食事シーンが写っちゃって…
野生のシャチさん達のお食事シーンは壮絶ですもの…泣きだしゃしないかと
冷や汗かいたって言ってましたっけ。

そんな娘ももう中3ですから、少しずつ現実にも目を向けてほしいと思います。
みんな、他の生き物の命を頂いて、厳しい中を生きているんですよね。
人間も、心して生きていかないと、他の生き物たちに失礼ですよね。
Posted by はもよう at 2006年05月23日 00:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。