2006年05月10日

ギンリョウソウ

やっとちょっとだけ自由時間が持てたというのに、今日はあいにくの雨模様。
でも、待ちに待っていた時間ですから、さっそく、隣町の公園と
公園裏の北向きの斜面へ、野草を見にいってきました。

もう、とにかくスクープだらけです。
追々ご紹介していくとして、今回最大の出逢い、ギンリョウソウをご紹介です。

06_0510_ginryoso1.jpg
『イチヤクソウ科ギンリョウソウ属
山地のやや湿り気のある腐植土の上に生える腐生殖物。
高さは8〜20cmになる。根以外は全て白色である。
和名は銀竜草(ぎんりょうそう)で、
りん片葉に包まれた全体の姿を竜に見立てたもの。』
思わず、図鑑の記述をみんな写しちゃいました。

06_0510_ginryoso2.jpg

北向きの斜面で、ポツポツ写真を撮っていると、
通りすがりのご婦人が、声をかけてくださったんですよ。
「何の写真を撮っているんですか?」から始まって、
ご自分のとってきたデジカメの画像を示して
「これは何という草なのか 知りませんか?」って…聞かれて。

それが、ギンリョウソウの画像だったんですよ。もう、びっくりして、
答えるより先に「どこにあったんですかっ!!!!」って叫んでましたよ。

06_0510_ginryoso3.jpg

で、その方に教えていただいたのが、この画像のギンリョウソウです。
ユキノシタとカキドオシにおおわれた北向きの斜面の一画に
10本ほど咲いていました。

06_0510_ginryoso4.jpg

綺麗でした。この世のものとは思えぬ姿でした。
しかも、運良く 斜面の途中、 
目の高さに近い場所に咲いていたので観察も楽ちんでした。



写真で見るより、やはり、現物の方が何倍も綺麗なんですが、
とりあえず、下からのぞき込んだり、

06_0510_ginryoso5.jpg

上から見下ろしたりして、



図鑑には載っていない角度からも写真を撮りました。
葉緑素をいっさい持っていないんですよね。不思議な草ですよね。
りん片葉が透き通っていて、ガラス細工のようでした。
しばし、ほぉっとため息ついて見とれました。

06_0510_ginryoso6.jpg

この日の幸運はこれだけじゃなかったのですが、
この間、よそのブログで見かけて、
珍しいものがあるものだ、見られる人はうらやましい…なんて思っていたのに、
家の近所に咲いてたなんて。
もう、感動してしまいました。
スゴいなぁ、隣町の公園の裏の 北向きの斜面♪



ギンリョウソウは夢喰いさんのブログで知りました。
いいなぁ(’、’)とよだれたらして見ていたけれど、自分の目でも見ることが出来ました。
この幸運が他の方にもおすそ分け出来ますように。

夢喰いさんのブログの関連ページ 
ギンリョウソウのページは多いのですが、↓一例として、
「現録」4/25の記事「くりすたるどらごん」


posted by はもよう at 23:58| Comment(12) | TrackBack(1) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
まあ、珍しい花を・・・。
興奮が伝わってきます・・・どこにあったか教えて欲しいものです・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2006年05月11日 00:03
すごいですね。
ギンリョウソウじゃないですか!!
私も過去に乗鞍高原の山中で見かけただけです。
その時の初めて出会った感動を今も覚えています。
しかし、なんとも言えない不思議な色と雰囲気の花です。
Posted by bigtree at 2006年05月11日 00:32
はもようさん ヾ(^O^*)オハヨ♪
真っ白で綺麗な【ギンリョウソウ】に出逢えて良かったわね!
思わず『どこに有ったんですかっっっ!!!』と、叫んでしまった
はもようさんの気持ちが良く分りますよぉ〜♪
これからも隣町の公園裏の北側の斜面…要チェックですよ〜ん♪
Posted by かえで☆ at 2006年05月11日 08:18
いい出会いでしたね。ご婦人ともギンリョウソウとも。
銀竜の名前が納得できます。
どこかで会いたくなる花ですね。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年05月11日 09:16
見られた人がうらやましい。
「家の近所に咲いてた」なんてこと、ないかな。
いつも「ひょん」なことでの出会いを期待して歩き回っている私にも「神様会わせてください」と祈らせていただきましょう。
でも、もともと繁殖しいていない地域では期待だけしても無理でしょうね。
Posted by ひろし at 2006年05月11日 09:31
nakamuraさん、こんにちは。
珍しいでしょう?
わたしが育てたわけでも、見つけたわけでもないけど…(^^;)…ギンリョウソウ。

綺麗でしたよ。すっごく感動しました。

どこにあったかって?
ですから、公園の裏の北向きの斜面ですよ♪
Posted by はもよう at 2006年05月11日 15:58
bigtreeさん、こんにちは。
ねぇ、スゴいですよね。
わたしも お山に登らないと見つからないものとばかり思っていたんですが、
住宅街の裏の斜面で 見つけちゃいました。

ちょうど雨上がりで 全体がしっとりと濡れていたのも、
透明感を増す 助けになっていたようです。
図鑑の写真よりずっと、ツヤツヤのキラキラでしたよ〜。
Posted by はもよう at 2006年05月11日 16:04
かえで☆さん、こんにちは。
今、細切れの自由時間しかとれなくて、
お山に山野草を見にいかれない私のために、
神様が引き合わせてくださったんじゃないかっていうくらい
ラッキーでした。

でもね、この日、同じ場所をうろうろしていたのは、
この近くを売り出そうとする不動産屋さん達。
「公園の裏の北向きの斜面」は、ものすごくいいところなんだから、
それが解らない人には、近所に住んでほしくないんですけど…。

来年も会えるかしらって、ちょっと心配になりました。
Posted by はもよう at 2006年05月11日 16:14
おーちゃんさん、こんにちは。

はい、いい出逢いでした。
同好の士は 引き合うのでしょうか、時々、見知らぬ方が声をかけて下さいます。

でも、お口では「フィルムがなくなっちゃって…」とおっしゃる
年配のご婦人の手にも、デジカメが握られていたことに
時代を感じました。

もう、フィルムのカメラを使うのは一部の人のみとなったのでしょうか。
まぁ、そのおかげで、ギンリョウソウに会えたわけですが。(^^)
Posted by はもよう at 2006年05月11日 16:18
ひろしさん、こんにちは。
見られた人がうらやましい…と思っていたんですよね、わたしも。
だから、見られるようにお祈りしておきます。(−人−)なむなむ

もともと繁殖してない かも しれないのですか?
どういうところにならあるんでしょうね。

図鑑には「日本全土」「山地」に分布と書かれていますので、
どこかでひょんな出逢いがあるといいですね。

一日中日陰で、少し湿っぽくて、落ち葉がうずたかく積もるような場所。
周りの草が、まばらな所…ほんとうに、きのこみたいな草ですね、ギンリョウソウって!

この日は、他にも色々珍しいものに出会ってます。
追々ご紹介していきますので、また、見て下さいね。
Posted by はもよう at 2006年05月11日 16:40
初めまして、園芸侍と申します。
園芸のあらゆるジャンルに興味を持っていまして、
気まぐれなブログを書いております。
私も今日、ギンリョウソウを見つけましたので、
トラックバックさせていただきました。
暗い森の中で咲く姿は本当に本当に神秘的で、
心が洗われるような気分でした。
ちなみに秋に咲く「アキノギンリョウソウ」というのもあるので
ギンリョウソウを見逃した方は
秋になったら「アキノ〜」を探してみてはいかがでしょうか?
では!
Posted by 園芸侍 at 2006年05月14日 21:03
園芸侍さん、はじめまして。
「園芸」とはほど遠い 当ブログヘようこそ。

どの記事がお目にとまったのかしらと思ったら、
園芸種じゃない ギンリョウソウの記事へのコメントでしたか。

ギンリヨウソウ…目の前で見ていても、
幻のような不思議な花ですよね。
春夏のギンリョウソウを見逃した方には、
アキノギンリョウソウがあるよ!と言うことですね。
なるほど〜。

とりあえず、ギンリョウソウを見ちゃった私は、今、
今度は奇妙という噂の”液果”を見てみたいと欲をかいております。

コメントありがとうゴザイしました。
Posted by はもよう at 2006年05月14日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ギンリョウソウ
Excerpt:  今日は丹沢の山でギンリョウソウを発見。それほど珍しい植物ではないらしいのだが、私は運が悪いのか(?)ギンリョウソウを見たのはこれが初めてで、ほかには秋に咲く「アキノギンリョウソウ」が1回のみ。しかし..
Weblog: 園芸侍の気まぐれブログ
Tracked: 2006-05-14 20:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。