2010年12月21日

メタセコイアの実

今日は午前中くらいは陽がさすっていう予報だったのに、あっという間に曇って
夕方見られるはずの皆既月食も見られませんでした。夜には雨になって、明日まで降り
続くそうです。この季節は 雨の方が朝の冷え込みは弱まるけれど、やっぱり…
うっとうしいかなあ。(^^;)クリスマスまでにはお天気回復するそうです。その代わり
冷え込むって。風邪ひかないように気をつけなくっちゃ。

今日の記事はメタセコイア。葉っぱが落ちて枝先の実が目立ってきました。

10_1221_metasequoia1.jpg

落ち葉をかき分けて撮ってきた 実の写真をご紹介します。





スギ科メタセコイア属の落葉高木。ふるさとは中国。
針葉樹にしては珍しく、葉っぱをあけぼの色に染めて散らしてしまいます。
だから別名は 曙杉(アケボノスギ)。

10_1221_metasequoia2.jpg

それから…「生ける化石」。恐竜時代に栄えて、その後絶滅したと思われていたので、
1945年に生きているのが見つかったときには大騒ぎになったそうです。

葉っぱが散った枝先にコロンと丸い実が目立ちます。背が高いのであんまりよく見え
ませんが、

10_1221_metasequoia3.jpg

葉っぱだけでなく、枝だけでなく、実まで2つずつ向かい合ってついています。

10_1221_metasequoia4.jpg

精一杯の望遠と、パソコンの拡大でもこの程度にしか写せないけど、


10_1221_metasequoia5.jpg

細かいところは、おっこっちゃった実を見れば事足ります。

ついでに鱗片のすき間からこぼれたタネも写真におさめておきましょう。
エノキの葉っぱの上に置いて記念撮影。

10_1221_metasequoia6.jpg

翼のついた薄いタネです。この一粒から、故郷では60mをも超える巨体になる
そうです。
高いところから風に乗せたらどんなにも遠くまで飛んでいきそうですねえ。
小さいタネが写真に撮れて良かった。(^v^)


今日はたくさん落ちていました。はい、メタセコイアの松ぼっくりじゃなくて…
メタぼっくり?…。大量です。

10_1221_metasequoia7.jpg

もしも花材やさんで売るとしたら、なんて言う商品名で売り出すのかな?
なんとかローズでもデコボコサクランボでも無くて…

10_1221_metasequoia8.jpg

プリティ・リップスはどうかしら。
ほら、よく見てください。色っぽかったり、いたずらっぽかったり、鱗片の端が
くちびるの形をしているでしょう?

「曙杉」で「生ける化石」なのに、枯れ色の実の中にマリリン・モンローばりの
色っぽいキスマークを忍ばせてたなんて、洒落てます。

メタセコイア、以後、お見知りおきを。




ブログ内関連ページ:

2008/11/27付 「メタとラク」
2008/ 2/13付 「ラクウショウのつぼみ」
2007/12/ 1付 「メタセコイアの紅葉」
2006/12/26付 「メタセコイアなど」
2005/12/ 2付 「メタセコイアの実」




posted by はもよう at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事に気づかず、きのう「そうそうメタセコイアの実を撮ってこよう」と出かけました。
やっと一つだけメタぼっくりを見つけてきました。
似たような記事が出来上がりましたが、はもようさんの方が親切な記事です。
Posted by ひろし at 2010年12月23日 19:34
ひろしさん、こんばんは。
はい、なかなか落ちてこないので諦めていたんですが、
メタセコイアの実を見かけたので、撮って来ました。
ひろしさんもでしたか。奇遇ですねえ。(^▽^)
Posted by はもよう at 2010年12月24日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。