2010年12月12日

秋惜しみさんぽ

今日も良いお天気でした。過ごしやすくて助かりますが…、平年より寒いはずの
12月はいつ来るんでしょう。あ、いえ、急かしてはいませんが、
いつなのかなぁって…気になったものですから。(^^A)この隙にもっと掃除しとこ。

記事の中も良く晴れた12/6、旦那さんと2人で隣町の公園をお散歩したときに
撮ってきた写真をご紹介しますね。

10_1212_sendan1.jpg

まずは、途中にあるセンダンの木。双葉より芳し…くない方のセンダンです。
葉っぱがすっかり落ちて、千のお団子にもたとえられる実が目立ってました。








センダン科センダン属の落葉高木。古名はオウチまたは、アフチ。

初夏に淡い紫の小花をびっしりと咲かせましたが、結実率ははなはだ高そうで、
今、枝が折れそうなほど豊作です。

10_1212_sendan2.jpg

この実が千のお団子のようだというのでセンダンという名になったという説も
有りますが、諸説有って本当のところはよく解らないそうです。
この実の 中身に関する過去記事 ↓ 面白いですよ。

2006/ 2/24付 「センダンの葉痕と種」



隣町の公園について、とりあえず普通に園内を一周。最近、旦那さんの運動不足が
気になるんですよ。
ご本人も自覚が出てきたみたいでおとなしく引き回されてくれるので、調子に乗って
裏の「北向きの斜面」にも連れて行っちゃうことにしました。(^m^)



公園の奥、裏口に通じる谷のイロハカエデは、いよいよ赤くなりました。大きな
ムクノキと一緒にはい!チーズ。

10_1212_zokibayasi1.jpg

カエデの葉っぱが綺麗だなあ。

紅葉が済むと鳥撮りさんシーズンです。ここのところ、見るたびに鳥撮りさんの数が
増えています。三脚に大きなカメラを付けて、私のコンデジでは写せない写真をねらう
カメラマンさん達です。



谷を向け、公園を出て、お気に入りの観察スポット「北向きの斜面」へ。
この日、気に入ったのはこの切り株です。

10_1212_kirikabu.jpg

良い具合に紅葉した葉っぱが配置されて、まるで一枚の絵のようでした。



斜面のあちこちにも、紅葉した低木が草に混じって可愛らしく色付いていましたよ。
たとえばこれはクサイチゴ。

10_1212_kusaitigo.jpg

名前にクサと付いていても、周りの草たちと、たいして背丈が変わらずとも樹木の仲間、
バラ科の落葉低木です。

それから芽生えたてのコナラ。

10_1212_konara.jpg

幼樹です。真っ赤な葉っぱ。芽を出したのは今年か、去年か…。可愛いですね。


こちらも、芽生えていくらもしないノイバラの葉。偶然、とっても綺麗に色付いていました。

10_1212_noibara1.jpg

ノイバラもバラ科の落葉低木です。こんなにカラフルなのはめったにありません。

近くに赤い実もありました。

10_1212_noibara2.jpg

クサイチゴとノイバラは、寒さが我慢できるものならば、冬でも葉っぱを落とさないで
乗り切ってしまうこともあります。だからこの赤い色は、紅葉と言うよりも寒さを感じて
赤くなる 常緑樹の葉っぱを連想させる赤い色です。

そう言えば、冬に常緑樹の葉っぱが赤くなるのって、なんのためなんでしょうねえ。(’’?)



そうそう、11/6にご紹介した 名前の解らないタデ科の草が真っ赤に色付いていました。

2010/11/ 6付 「秋の草、11月」

10_1212_fumei_tade.jpg

こんなに真っ赤って…ヤノネグサみたいだけれど、葉っぱの付け根は矢の根のようではなくて、
どうなのかな?って疑問に思っています。

検索を重ねると、葉の付け根がそんなに矢の根っぽくならない「ナガバノヤノネグサ」と言う
そっくりさんもあるようなので、それなのかな?とも思い始めています。
ただねえ、こちらも検索して出てくる画像にばらつきがあって、決め手にはならなくて
迷っています。

綺麗な草だし、スパッと名前が解ればいいのになあ。ま、引き続き、頑張ります。(^v^*)



名残の紅葉を見上げつつ、運動不足が心配な旦那さんと楽しく歩いてきました。

10_1212_zokibayasi2.jpg

何事も健康が基本ですものねえ。頑張ろうね。(^v^)



そう言えば、この斜面でお気に入りの冬の花、シロワビスケかな?と思っているお花が
咲き始めていました。

10_1212_s_wabisuke.jpg

今年も相変わらず 可憐で綺麗です。また会えて嬉しいな。

2009/12/10付 「ツバキの仲間」



この日出会えたものは あともう少しあるんです。次の記事でも続きをご紹介しますね。







ブログ内関連ページ:

2010/11/ 7付 「隣町の公園の紅葉具合」
2010/11/ 8付 「隣町の紅葉具合 続き」

2009/ 5/28付 「桐、オウチ(楝)、桑、接骨木」
2008/ 5/29付 「ハコネウツギとオウチ」
2007/12/21付 「キリとセンダン」
2006/ 2/24付 「センダンの葉痕と種」

2010/11/ 6付 「秋の草、11月」
2009/12/10付 「ツバキの仲間」




posted by はもよう at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。