2010年12月01日

落ち葉散り敷く頃

今日も良いお天気でしたね、空気が乾燥していたらしく、洗濯物がパリパリに乾いて
いましたよ。今日は、近所の植栽の冬季剪定が済んでちょっと寂しいくらいに
刈り込まれました。我が家のベランダの鉢植えも剪定。やっぱり、すっきりしたけど、
どこか寂しい感じに冬支度。今日から12月ですものねえ。出来ることは出来るうちに
済ませておかなくちゃね。

さて、写真の方はまだ11/24の続きと翌11/25の分。

10_1201_keyaki1.jpg

このケヤキ、今はもう、だいぶ葉っぱが散っちゃって居るんですけど…。







先週はまだこんなに綺麗でした。

10_1201_keyaki2.jpg


ケヤキって、どういうときに黄色くなって、どういうときに赤くなるんでしょうねえ。
この木は高さ3〜4mの若木ですが、見るたび綺麗な黄色に染まっていますね。

紅葉っぷりも若々しいや…って?
あ、ちなみに11/15にご紹介した並木のケヤキも、ほぼ散っちゃいました。

2010/11/15付 「ケヤキ並木一丁目」

紅葉シーズンもそろそろおしまいですねえ。




いつもおさんぽしている公園の、雑木林ゾーンにも、落ち葉が分厚く積もるように
なりました。



渋めの茶色い葉っぱが積もっているのはクヌギ。

10_1201_kunugi.jpg

今年は、華やかな黄色に染まるクヌギの写真を撮れませんでした。

2008/12/ 6付 「コナラとクヌギ」

でも、コナラは、こんなに赤い葉っぱにも行き会いました。

10_1201_konara1.jpg

本当に、ほんの少しの間だけなんですけど、こんなに綺麗な色になることがあるんです
よねぇ。

同じ枝です。ほら、もっと赤い。

10_1201_konara2.jpg

大きな木です。上の方まで赤い葉っぱがずらり。綺麗ですねえ。

10_1201_konara3.jpg

ちなみに、コナラの落ち葉は赤っぽい明るい茶色。

10_1201_konara4.jpg

同じ木の根元ではありませんが、葉っぱが細長くてもコナラです。色が違うから
すぐに解りますね。



雑木林を更に進んでこちらは、いろんな色に色付くミズキ。

10_1201_mizuki.jpg

この木の下に積もっていたのは赤っぽい落ち葉ですね。
一番多いのは褪せたような黄色の落ち葉。でも、この木は赤い葉っぱが多かったです。


お隣の、この木は何だか解ります? ミズキと桜の木も近いので、そっちの葉っぱ
ばかりが目立っちゃって、なんの木の根元か解りにくいですよね。
この木の落ち葉も、何だか褪せたようなはっきりしない葉っぱです。

10_1201_mayumi1.jpg

じつはね、この木はマユミです。

10_1201_mayumi2.jpg

マユミの葉っぱも、いろんな色に染まります。面白いでしょう…?
葉っぱの特徴はちょっと地味ですが、枝に特徴的な実が付いているのですぐ解りますね。

2009/12/ 9付 「ニシキギ科の仲間達」

あ、でも、いつもおさんぽしている公園に限っては、今年のマユミは実の付きが驚く
ほど少ないんですよ。暑い夏は嫌いだったのかなあ?



公園では、綺麗な落ち葉を何枚も手に持つ人とすれ違いました。私の場合は、
綺麗に並べて カメラの中にしまいますが、落ち葉を愛でる人が意外に多くて
嬉しくなります。

10_1201_sakura.jpg

樹木と日差しと化学反応が産んだ偶然の芸術作品。森の美術展も終了間近ですよ。
記念にいかが?



落ち葉をさくさく踏んで歩く道。街育ちには、願ってもない贅沢です。
郊外に住むようになって、その贅沢を毎年味わえるんですから有り難いことです。

10_1201_zoukibayasi.jpg

でも、大量の可燃物を街中に放置しておく訳にはいきません。街路樹の落ち葉はシルバー
人材センターの皆様が、公園の落ち葉は管理会社の委託業者のおじさま方が、すっかり
綺麗に片付けてしまいます。一部は堆肥になりますが、大部分は焼却しているはず。
毎年出る物ですから、有効利用できると良いですね。






ブログ内関連ページ:
2010/11/15付 「ケヤキ並木一丁目」
2008/12/ 6付 「コナラとクヌギ」
2009/12/ 9付 「ニシキギ科の仲間達」





posted by はもよう at 17:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
根岸森林公園のケヤキは、今週になってようやくピークを迎え始めたものがあります。まだ緑色が残っているものもあります。
アントシアニンができると赤くなるそうですが、それではどういうときアントシアニンができやすくなるのか、それがわかりませんね。
Posted by ディック at 2010年12月02日 19:00
ディックさん、おはようございます。
へえ、根岸森林公園のケヤキは今週になってからでしたか。
こちらの並木はほぼ終了しています。おかげで空が明るく、寂しくなりました。(^^)

そうなんですよ。葉っぱが紅葉する仕組みは教えていただけても、
目の前で起こっていることにどう当てはめていいのか、
素人には難しい課題です。
本当に「どういうときアントシアニンができやすくなるのでしょう?」

でも、たぶん来年も、同じこと考えながら紅葉の下を散歩している気がします。(^^A)

解らないのも楽しみのうち…ということで気長に頑張ります。
Posted by はもよう at 2010年12月03日 10:01
とっておきのケヤキの紅葉、「ディックの花通信」4日の記事の一枚目に掲載しました!
Posted by ディック at 2010年12月05日 18:14
そりゃ大変だ、見てこなくっちゃ!......((((*^o^)ノノ

ディックさん、見てきました。
さすがとっておき!素敵な写真でした。(〃▽〃)

うちの方にも同じような街灯やベンチがあるけれど、
ディックさんみたいに素敵には撮れないです。(ーー;)


野草を撮るには、ちょっと向いてないのかもしれないけれど、
広々していて都会的な
根岸森林公園のいいところが良く出ていて、
これぞ都市公園って感じのするお洒落な写真だと思います。
広報に使えるぞ、これは。(^v^*)
Posted by はもよう at 2010年12月05日 18:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。