2010年11月18日

名残の秋の花

昨日な雨は結局、降ったりやんだりしながら明け方まで続いていたんですね。
夜が明けて、あわただしい朝のしたくをすませる頃には青空が広がっていましたが。

日差しを浴びると暖かいけれど、風が出たり太陽が雲に隠れたりすると 急に
寒く感じたりと、体感気温が上下して忙しかったです。今日もちょこっと買い物へ。
コートを買ってきました。日曜日に出掛けるのだけれど、これで暖かく過ごせそうです。

さて、今日の記事はずっと続けてきた11/11の写真の中から、草の写真を選んでご紹介
します。

10_1118_nokon_g1.jpg

まずは、隣町へ行く道の途中で見かけたノコンギク。





今年、本当に数が少ないんですよ。弱々しいけれど、前のよりは元気そう。

10_1118_nokon_g2.jpg

今日、同じ道を通ったときに見てみたら、あと少し花が増えていました。
これからまだ咲いてくれると良いな。野菊に会えない秋なんて寂しすぎますもの。



隣町の公園の中では、分厚く積もった落ち葉のそばでこんな大型の雑草が
茎を伸ばしていました。

大きくなるので、なかなか放っといてもらえないベニバナボロギク。

10_1118_benibana_b1.jpg

久しぶり(^▽^)ノ。

大きな花だけど、これで精一杯の満開な筒状花。

10_1118_benibana_b2.jpg

くるんと巻いためしべの先がチャームポイントです…って、見えないけど。(^^;)

10_1118_benibana_b3.jpg

お花のあとは大量の綿毛を飛ばします。その姿がボロのようだと言われても、
気にしません。つぼみもたくさん用意して、まだまだ増える気満々です。


そうそう、この時、気がついたんですけれど、どうやらイチヤクソウが無くなっている
みたいなんです。
盗掘っていうのかなあ?
イチヤクソウは腐生性で、土地から離すとうまく育てないのに、なんて事するんでしょう。
せっかく、ひと株ふた株と増えてきたのに残念でなりません。

谷のツリバナと言い、ここのイチヤクソウと言い、悪い山野草ファンが徘徊しているよう
です。もお、許さないんだから。


プンプンしつつ 公園裏の北向きの斜面へ。
ここでは、前に見つけておいたアキノキリンソウの子株が花を咲かせていました。

10_1118_akinokirinso1.jpg

ずっと1箇所の3株くらいしかなかったから、増えてくれて嬉しいです。

10_1118_akinokirinso2.jpg

ちょっとアキノキリンソウのイメージを崩しちゃいそうな姿ですが、可憐なので良しと
します。
アキノキリンソウの新しい株ちゃん達〜、末永く咲いててねえ。


寒そうな斜面の下の端っこに紫色のお花を発見。
あれ? これ、スミレの花ですよね。

10_1118_kosumire.jpg

葉っぱの真ん中に葉脈がしゅっと付いているかkら、コスミレかな?
春が待てない返り咲き。この時期 結構、いろんなお花が返り咲きしています。
春は待ち遠しいけれど、その前に、冬もしっかり楽しんでおかなくちゃね。



11/11の記事、お別れは(たぶん)イネ科のアシボソ。

10_1118_kusanoho.jpg

お日様の光を受けて、キラキラ光っていました。


身の回りの落葉樹は、どんどん葉っぱを落としています。秋が駆け足で通り過ぎ
ちゃいそうです。
気温もだいぶ下がるようになりました。お互い、健康には十分注意をしつつも、
過ごしやすい季節のうちに、好奇心を旺盛にあちこちのぞいておきましょう。





posted by はもよう at 18:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

心ない人が多いですね。
柿の実をいただくのとはわけが違います(笑い)。
Posted by nakamura at 2010年11月20日 08:01
nakamuraさん、こんばんは。

はい、なんだか 困りますねえ。
楽しみに眺めていたので残念です。
Posted by はもよう at 2010年11月20日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。