2010年11月15日

ケヤキ並木一丁目

昨日あんなに見たかった日の光が、窓から差し込む朝になりました。でも、午前中のうちに
雲が広がって、夕方、暗くなる直前くらいから 弱い雨が降り出しました。今夜から気温が
ぐっと下がるそうです。どちら様も体調を崩さないように、十分ご注意くださいね。

さて、今回は我が街の並木通りをご紹介しましょう。
ものすごく良く晴れた11/11。カメラを持って出掛けて、あまりの綺麗さに、ついつい
写真を撮ってしまたんですね。

10_1115_namiki1.jpg

人も自転車も通る普通の歩道です、ぶつからないように気をつけながら、でも、あんまり
綺麗で、ついつい視線は、頭上のみごとな葉っぱに吸い寄せられてしまうのです。






並木の主役はケヤキです。車道寄りはケヤキ、向かい合う建物寄りにソメイヨシノ。

10_1115_keya_saku1.jpg

2種類の落葉高木が ずっと並んで植えられています。春の花、新緑、そして紅葉まで、
一年中楽しませてくれます。幸せですよねえ。まるで公園の中で暮らしているようなもの
ですもの。

10_1115_namiki2.jpg

ケヤキは木ごと、いろんな風に色付く葉っぱ。

10_1115_keyaki1.jpg

一本の木の中に赤い葉、黄色い葉、緑の葉が共存しています。

10_1115_keyaki2.jpg

だからケヤキ並木は見ていて飽きない、複雑な色合いの紅葉になるんですねえ。


良く晴れて、光が強かったので、こんな風にも撮れました。

10_1115_keyaki3.jpg

ステンドグラスみたい。綺麗だなあ。
あ、でも、電線と電信柱が写り込んでいる。ね、公園じゃなくて、道だって解りますね。


並木は続いていきます。ケヤキも綺麗だけれど、サクラだって負けちゃいられない。

10_1115_namiki3.jpg

力こぶみたいな枝が見えます。

サクラも樹によって、色付く時期などが変わりますね。
この樹は、そんな中でも珍しい色付き方をしています。

10_1115_sakura1.jpg
こんな風に緑とオレンジに見えるのは少数派。

たいていは黄色か赤で、色付きながら葉を落とすことが多いので、赤くなる頃には
枝先はすっかすか。ほとんど葉っぱが残っていません。

10_1115_sakura2.jpg

青空に引き立つ まばらな赤い葉っぱ。まあ、これはこれで良い景色です。

そして、歩道は落ち葉が敷き詰められて、歩くとかさこそ 音がして、秋の風情を
感じられます。

10_1115_sakura3.jpg

これからしばらく、落ち葉掃きに忙しくなるんですよね。大変だけれど、緑多い公園都市を
目指す我が街には、せいぜい頑張って欲しいところです。


建物の敷地に植えられているのは、サクラだけではありません。
↓ 道にはみ出すように枝を伸ばしたのは、初夏の白い花を楽しんだエゴノキです。

10_1115_namiki4.jpg

雑木林になら、普通に生えている樹です。

10_1115_egonoki1.jpg

葉っぱは控えめな黄色に染まります。

実も付いていました。

10_1115_egonoki2.jpg

こちらでは普通でも、私はこの街に引っ越してきて初めて知りました。
今ではすっかり大好きになりました。街角のエゴノキも、とっても素敵です。


ひときわ大きな桜の木と向かい合うケヤキの木。

10_1115_namiki5.jpg

ここの枝が織りなす模様が、また、とっても綺麗だったので見ていただきましょう。

10_1115_keya_saku2.jpg

画面、左上がサクラ。右下はケヤキです。波うつようなケヤキの枝先が面白い模様を
作り出していますでしょ? ケヤキは樹勢が強いからと、強剪定されることの多い木です。 

このうねった枝には、刈られてしまった枝の代わりに急いで葉っぱを増やそうとした
夏の間のケヤキの努力がうかがえます。




○十年前に引っ越して来たときには、とってもみごとな並木だったのですが、ここ数年は
受難続きで、人と木がつきあっていく難しさを体現しているようです。

左折する車の視界を遮る言うことで1本切られ、枯れてしまってまた一本、電線の邪魔だと
大枝を落とし、歩道に盛り上がった根を削り…。
並木のケヤキが元気になれる要因が見つからない、この数年の様子です。
夏が暑すぎるのもあんまり得意じゃないようで、葉の色の悪いものがちらほら見られるように
なりました。

心配しながら見守っていたので、今回の綺麗な紅葉を見られてとっても嬉しかったです。
大好きなケヤキ並木、これからもずっと綺麗でいて欲しいです。





posted by はもよう at 17:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、おはようございます。
こちらの街路樹もサクラともう1つ植えられている樹があります。
何だろうとずっと思っていたのですが、
はもようさんの記事を読ませていただいて、
ケヤキのような気がしてきました。
樹勢がつよいという気がしますし、
秋の終わりには強剪定されて、
大きな幹だけになってしまいます。
葉もにていますし、きっとそうでしょう。
長年の疑問がまた1つ解けそうです。

きれいな紅葉ですね。
昨日、歯医者さんの定期健診でお山を降りたのですが、
はもようさんがみられたように、
一本の樹がいろんな色に紅葉しているようすをみました。
今年の特徴なんでしょうか。
Posted by ブリ at 2010年11月16日 10:15
ブリさん、こんばんは。

あ、そちらにもありましたか、桜とセットで ♪
ケヤキは街路樹としてよく使われる木ですから、
そうかもしれませんね。(^v^)

今年だけでなく、毎年、いろんな色に紅葉する木ですよ。
木によって、枝によって、時期によって、赤かったり、黄色かったりします。
そこがまた、いいところなんです。
Posted by はもよう at 2010年11月16日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。