2010年11月13日

おなじみの紅葉、更に

何だか…天気予報を聞いて期待したほどには、晴れませんでした、うちの方。でも、ちゃんと
おさんぽには行ってきましたよ。
公園には業者さんが入って作業中。なんの作業かな?なんて思ってましたが、なんとお気に入りの
ラクウショウとメタセコイアの下枝が、ばっさり落とされてたんです。
人の背の 何倍も上の方にしか枝がないんですよ。哀しい〜。どうやって、葉っぱの写真を
撮ったら良いんでしょう。こんな方法しかなかったのかなあ。もお、がっかりです。(T^T)

ちょっと気落ちしていますが、記事の方を進めましょう。
昨日の記事の続きで、いつもおさんぽしている公園のおなじみの木々の紅葉具合をレポートします。
まずは雑木林の林床に散り敷く落ち葉。

10_1113_zokibayasi1.jpg

夏の間はうっそうとしていた林も、だいぶ明るくなりました。斜めに差し込む光が良い感じです。





上を見れば、こんな天井。贅沢なほど、綺麗な模様です。

10_1113_zokibayasi2.jpg

葉っぱにもいろんな形や大きさががありますよねえ。

10_1113_zokibayasi3.jpg

左からコナラ、ミズキ、クヌギの葉っぱです。

同じ場所の去年の写真 ↓
2009/12/13付 「散り残りの葉っぱ」
2009/11/29付 「光の透ける葉 '09」



落ち葉もいろいろ。

10_1113_pinoak1.jpg

こちらはピン・オーク。別名はアメリカガシワです。

10_1113_pinoak2.jpg

可愛かったドングリも、そろそろ終わったかな。葉っぱは黄色く色付いて、赤っぽくもなります。
ちょっと見慣れない形の葉っぱが 新鮮です。

10_1113_pinoak3.jpg

もう少し幅広い 落ち葉の落とし主は、レッド・オーク(たぶん)。
ほら、こんなに鮮やか。

10_1113_pinoak4.jpg

レッド・オークに関しては、検索しても材木としての記事がいくつか見つかる程度で、確認が
出来ないんです。
レッドと呼ばれるのは、材木に時に赤っぽいからだって言うし…、葉っぱが赤いのは証拠には
ならないだろうなあ。(^^;) 相変わらず(たぶん)のままですなあ。

2007/ 8/ 1付 「外国産のドングリの木」




初夏に、木に咲く白い花を楽しんだニワナナカマド。ちょこっと返り咲きもしたけれど、今は
控えめに黄葉して、今年の活動を終える頃。

10_1113_n_nanakamado.jpg

ツブツブ丸いつぼみと可愛いお花の穂は、綺麗でした。別名は珍珠梅(ちんしばい)。
ナナカマドとは、葉っぱが似ているだけの他人のそら似関係。中国から伝わってきた庭木です。

2010/ 6/30付 「ニワナナカマドなど…」



白い花と言えば、ナツツバキ。(公園には無いんだけど、ついでに参加。)

10_1113_natutubaki.jpg

黄色からオレンジ、赤までの、暖色系に色付きます。こんな風にとんがった形の実を付けます。
別名は沙羅の木(シャラノキ)。平家物語冒頭の「沙羅双樹の花の色…」とは、たぶん、別物です。

2010/ 6/25付 「ナツツバキの花」



春、芽吹くのが遅くて、夏中、動きが無くて、秋たけなわになってからあわてて花から実まで、
一気にやっつけちゃう「8月30日の小学生」みたいなアキニレも、ちょこっと色付き出しました。

10_1113_akinire.jpg

やっつけ仕事で間に合わせた夏休みの宿題のような実を付けて、まずは黄色くなりました。
日当たりが良いところでは、赤くなったりもします。

2007/10/ 4付 「アキニレの花」




木枯らしを楽しみにしちゃうのは、ヒマラヤスギの下を通るとき。

10_1113_himaraya_s.jpg

今年、ものすごく豊作なんですよ、高さ10cmはある、大きな松ぼっくりが。
いつもなら、ものすごく背の高くなる木の てっぺんの方にちょこっとだけしか付かない実が、
今年は、豊作すぎてとっても近くでも実っています。こんな近くで見られることがあったかなあ。
ああ、あれ欲しいよお。毎回見上げては、よだれをこぼしそうになってます。(^v^;)

木枯らし吹いたら落ちるかな。でも、バラバラになっちゃったら拾えないなあ。やきもき。

2010/ 1/10付 「シダーローズの季節」




いろんな木があって、いろんな落ち葉が積もって、秋が深まっていくんですねえ。

10_1113_zokibayasi4.jpg

枯れ葉ばっかり…だけど、ちょこっとずつ色が違います。同じ種類でも木によって事情が違うから
赤くなって散ったり、緑色を残したままだったり。いろいろあるから…綺麗!ですよねえ。


公園では、持久走の練習をする学生さん達を見かけるようになりました。
最後の写真を撮った頃はもう午後の陽も傾きかけ。画面の端に体操着の学生さんが写っています。

10_1113_zokibayasi5.jpg

スポーツの秋ですねえ。力いっぱい走っても汗をかかなくなりました。いっぱい動いて体を丈夫に
して欲しいです。

さあ、秋の日はつるべ落とし。私も急いで帰りましょう。(^v^*)



ブログ内関連パージ:

2009/12/13付 「散り残りの葉っぱ」
2009/11/29付 「光の透ける葉 '09」

2007/10/19付 「外国産の木の秋」 ユリノキ、アメリカハナノキ、モミジバフウ、レッドオークかな、ピン・オーク
2009/11/23付 「紅葉アルバム2009 その2」 ラクウショウ、カツラ、メタセコイア、ポプラ、ピン・オーク、レッドオークかな
2007/ 8/ 1付 「外国産のドングリの木」

2010/ 6/30付 「ニワナナカマドなど…」
2010/ 6/25付 「ナツツバキの花」

2007/10/ 4付 「アキニレの花」

2010/ 1/10付 「シダーローズの季節」




posted by はもよう at 18:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日は久しぶりのウォーキングの会がありまして、西部多摩川線多磨駅近辺の公園を三時間ほどあるきました。
横浜よりも気候が紅葉に適しているのでしょう、じつに景色が美しい。
仲間たちは、「これは何の木か?」と私にきいてきて、これはユリノキだ」とか私が答える…。
ブログを始める5年半前だったら、とても信じられないシチュエーションです(笑) まだまだわからな木がたくさんあるのでけどね。
Posted by ディック at 2010年11月14日 14:24
ディックさん、こんばんは。
ウォーキングの会ですか…、いいですねえ。
今日は、日差しこそ少なかったけれど、暑くなく寒くなく、
そして風もなく、歩くには丁度いい日でしたよねえ。(^^*)

「これは何の木か?」と聞かれて即答できるディックさん!
かっこいい〜! (^▽^)ノ
5年半の修行の成果なんですね。

Posted by はもよう at 2010年11月14日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。