2010年11月12日

おなじみの木の紅葉

今日も日中は暖かかったですねえ。でも朝晩は冷え込みますので、油断は禁物です。
今日は娘の19回目のお誕生日。早産だったんですよねえ。あの大騒ぎの日から19年かあ。
無我夢中であっという間でしたよ。
それなのに、本人は大学のお友達とのお食事会で遅くなるそうです。それもまた成長の証かな。
元気ならそれで良いんです。生まれてきてくれてありがとう。
まあまあのレディに なれていると思うよ。これからも成人と社会人に向けて頑張ってね。

さて、記事の方はおなじみの木々の紅葉ぶりを近所の公園からご紹介します。

10_1112_icho1.jpg

まずは過去記事で、湾曲する枝を 周囲に気を配るジェントルマンに例えたイチョウ。






いつもおさんぽしている公園の、そこそこ大きなイチョウ。
…うちの近所、とっても大きなイチョウが多くて、このクラスでは「大きい」とは
言いにくいんです。

木の真下に行って見上げると、太い枝が周囲の他の木の枝にぶつからないで、湾曲して
います。譲り合いの精神を見るようで感心したのですが、結構、こういうイチョウって
他にもあるんですね。新宿御苑で見たのは、隣に、木もなんにも無いところでも湾曲して
ました。

まあ、ジェントルマンなのかどうかは別にして、絵になる景色ですよ。

10_1112_icho2.jpg

あ、何年通っても、ギンナンが落ちてこないので、おかぶだとは思います…。(^^;)

2005/11/30付 「銀杏の黄葉」




イチョウの隣はケヤキ。

10_1112_icho3.jpg

こちらもそこそこ大きなケヤキです。扇状に広げた枝に細かい葉っぱをどっさり付けます。

10_1112_keyaki.jpg

画面上の方に、弧を描くイチョウの枝が見えています。

いろんな木が隣り合わせで育つ、公園の雑木林エリアです。



サクラは、まだ青々しているもの赤いもの、いろいろです。

10_1112_sakura1.jpg

木によって色付き方が変わります。
この木は夏中、虫の食害と戦ってきた木。穴ぼこだらけの無惨な葉っぱです。

以前なら、うわっ!…て、ばっちい物でも見たかの様にカメラなんて向ける気にも
ならなかったけれど、今は、頑張った証だなあなんて思って、しみじみ眺めます。
綺麗ですよねえ。


赤くなったのは、かなり散って枝先がすかすかです。

10_1112_sakura2.jpg

自分で見た範囲では、ヤマザクラよりソメイヨシノの方が先に赤くなるような気がします。

木の下には、散りたての落ち葉。

10_1112_sakura3.jpg

ほんのり桜餅の匂いがします。

ソメイヨシノの寿命は60年ほどだそうです。戦後すぐに植樹された桜並木に、寿命の波が
押し寄せているそうです。我が家の近くでも、枯れる古木が目立ってきました。
倒れてしまう前に、若い木との植え替えが出来ると良いのですが、なかなか難しいようですね。

がんばれ、大きなサクラの木。


花木のエリアには、サルスベリ。

10_1112_sarusuberi.jpg

不思議な形のお花の後は、ころんとした丸い実が実ります。
コクサギ型葉序と呼ばれる独特の葉の付き方をした枝が、お日様の光に赤く透けてました。
もう少し赤くなるまで、少々お待ちを。


低木の植え込みにはトサミズキ。
かなり大胆に剪定されてしまうので、お花も実も、あんまり見ることが出来ないのですが、
紅葉も、かなりレアです。

10_1112_tosamizuki.jpg

この日は高度の低い日差しが、葉の裏から当たってくれるという、願ってもない幸運。
そこだけ明かりを灯したようなトサミズキの紅葉。出会えてラッキーでした。



雑木林エリアの主役はドングリゾーン。
クヌギの木の下から、主役を見上げます。

10_1112_kunugi1.jpg

大きな木の 上の方中心に金色の葉っぱがびっしり。やっぱり良いなあ、クヌギの紅葉。

木の下には 落ちた葉っぱ。

10_1112_kunugi2.jpg

たくさん落ちて 分厚く積もれば、虫や小動物の冬越しのすみかになります。
落ち葉の下って、結構暖かいんですよ。


華やかなのはコナラの紅葉。

10_1112_konara.jpg

ほんの短い時間なんだけれど、オレンジ色に輝きます。
形、色付き方、色付く時期、それぞれに個性があって見飽きないです。

紅葉はまだ始まったばかり。

そう言えばあの木はどうしたかな?
真っ赤に染まる予定のイロハカエデを見に行きました。

10_1112_iroha_kaede.jpg

やっと枝の先の方だけ赤くなってきました。でも、木、全体を見るとまだ、緑色の
葉っぱの方が多いです。


そう言えば、近所の もっともっと大きいイチョウの木も、まだ緑の葉の方が多いです。
何だか猛烈な夏だったし、へんてこな秋だったんだから、ゆっくり進め!今年の秋。
気持ちの良い季節をもう少し 楽しませてよ。









ブログ内関連ページ:

2005/11/30付 「銀杏の黄葉」
2009/11/25付 「紅葉アルバム2009 その4」
2010/ 4/ 2付 「花曇りの公園」
2007/ 7/31付 「サルスベリ」
2007/12/13付 「トサミズキの実と花芽」
2007/12/ 5付 「赤いカエデ」
2008/12/ 6付 「コナラとクヌギ」



posted by はもよう at 18:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

秋の楽しみですね。
下からのアングル、すばらしい!
首が痛くなりませんでしたか? お座布団をどうぞ(笑い)。
Posted by nakamura at 2010年11月13日 07:00
コロンは、植樹しなかった。
Posted by BlogPetのコロン at 2010年11月13日 15:11
nakamuraさん、こんばんは。

はい、毎日楽しいです。(^^*) お座布団、ありがとうございます。

下からのアングルが気に入って、上見て歩いていて けつまずきました。
首も、筋を違えないように気をつけたいと思います。
Posted by はもよう at 2010年11月13日 18:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。