2010年11月11日

外国産の木の紅葉

風もなく穏やかな小春日和の日が続いています、うちの方。今日はあんまり良いお天気なので、
街路樹と隣町の木々を写真に撮ってきました。いつもの通り、こちらは、整理が付き次第
ご紹介します。

今日の所は、11/9の良く晴れた日に近所の公園で撮ってきた紅葉の写真で、お楽しみください。

10_1111_momijibafuu1.jpg

まずは、池のほとりのモミジバフウ。





一番背の高い木の上の方。葉っぱの付け根にトゲトゲボールを見つけました。

10_1111_momijibafuu2.jpg

モミジバフウは別名をアメリカフウという、北米原産、マンサク科の落葉高木。
葉っぱの形は似ていますが、カエデの仲間ではありません。

10_1111_momijibafuu3.jpg

ひとつ前の記事と同じ木ですが、やっぱり陽が当たっていると発色が良いなあ。

2010/11/10付 「曇りの日に」



少し歩いて振り返ると、背の高いモミジバフウの前にジューン・ベリー。

10_1111_june_berry1.jpg

こちらも別名はアメリカザイフリボク。北米に分布するのバラ科ザイフリボク属の
落葉低木。

10_1111_june_berry2.jpg

春に白い花、6月頃に赤い実、そして秋にオレンジ色に紅葉します。

2006/ 4/10付 「はなさんぽ(4月その1)」




先月の末には紅葉し始めていたメープルシロップの木、サトウカエデを遠くから眺めたら、

2010/10/31付 「紅葉最前線」

あれれ? 何だか、色が変。

10_1111_sato_kaede1.jpg

近くに行って、ああ、そう言うことかと納得しました。

3本あるうちの1本(↓ 画面左端)が、もう、散りだしていたんですね。

10_1111_sato_kaede2.jpg

でも、あと2本はまだこのくらい。

10_1111_sato_kaede3.jpg

緑から、黄緑、黄色、オレンジ、赤と少しずつ色変わりしていくところが良いですよねえ。



ひときわ鮮やかな葉っぱで目立っているのはアメリカハナノキ。

10_1111_a_hananoki1.jpg

こちらも、北米原産の落葉低木。

木ごとに色付き?というよりは、枝、一本一本違うタイミングで紅葉を始めます。

10_1111_a_hananoki2.jpg

だから枝先もこんなにカラフル。

そしてアップすれば…。


10_1111_a_hananoki3.jpg

更に鮮やか。
前の記事の透過光と見比べてみてくださいね。


今度は…おなじみの木を中心に集めてみようかなあ。





ブログ内関連ページ:

2006/ 4/10付 「はなさんぽ(4月その1)」
2010/10/31付 「紅葉最前線」
2010/11/10付 「曇りの日に」

2009/11/22付 「紅葉アルバム2009 その1」



posted by はもよう at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。