2010年11月10日

曇りの日に

今日も そりゃあ もう素晴らしい晴天でした。
でもあまのじゃくに、曇りの日に撮った写真から先にご紹介します。
鮮やかな紅葉写真は後日ね。(^v^)

10_1110_koyo01.jpg

公園の紅葉。いろんな色合いがあるけれど、みんなユリノキです。






近所の公園の駐車場には区画の仕切りがわりにユリノキが並べて植えられています。
だから良い場所を見つければ、

10_1110_koyo02.jpg

こんな風に綺麗に整列したところも、

こんな風に向こうの景色を額縁のように 切り取ってみたりも出来ます。

10_1110_koyo03.jpg

毎年同じようなアングルで撮っちゃうけれど、なかなか見たままには表現できません。
お天気良い日の方がうまく撮れるかなあ…なんて、お天気のせいにしたりして…。




公園の藤棚では長いマメ科の実と、色付き始めた黄葉が見所です。

10_1110_fuji.jpg

今年も良く茂ったなあ。お豆もたくさん下がって。食べられないのか玉にキズですよねえ。



落ち葉が散り始めた道をたどって池の方へ。
オナガガモの群れも、第二陣が到着して更ににぎやかに。

10_1110_koyo04.jpg


特定外来種駆除のおじさま達を警戒して、影をひそめていた池の住人たちもちょっとずつ
平静を取り戻していました。



池のほとりの木々のうち、まだ緑色なのはメタセコイア、紅色とオレンジ色はモミジバフウ。
中央左よりの 紫がかっているのはミズキの葉。

黄色くなることの多いミズキだけれど、時々こんな紫がかった赤い色にも染まったりする。
何の加減なのかなあ。解らないけれど、とっても綺麗です。

10_1110_koyo05.jpg

池を回って、木の真下まで行ってパチリ。
画面下の方が手前で、ミズキの枝。画面上の方が奥でモミジバフウ。

10_1110_koyo06.jpg

イチョウやカエデは、完成形が黄色とか赤とか決まっているけれど、決まっていない木も
あるんですよね。

公園の駐車場近くのモミジバフウはまだ、黄色だけれど、池のほとりのモミジバフウは
黄色くならずに、最初から赤くなるし…。

10_1110_momijiba_f.jpg

ほんと、木によっていろいろで面白い。

気分的にはちょこっと微妙な曇りの日ですが、この日でないと、うまく写らない色もある
んです。
どんよりした日の公園の紅葉。お付き合い、ありがとうございました。
次に記事にするときには、明るい日差しの中、青空バックの紅葉をご紹介したいと思います。



posted by はもよう at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんばんは。
紅葉がきれいですね。
とても大きな公園のように見えます。
広そうですのに、お手入れが行きとどいていますよね。
ゆっくりとお散歩するのにぴったりですね。
いいなぁ
これからもっともっと落ち葉が増えて、
積み重なっていくのでしょうか。
それともある程度、お掃除されるのかなぁ
アスカちゃんもカサコソいう落ち葉の上を歩くのが好きで、
そんなところばかりよって歩いていますよ。

ヌルデの記事のところで、
岡山理科大の波田先生の記事もよませていただきました。
以前からヌルデについている白い油のようなもの気になっていたので、
日ごろの疑問がひとつ解けました。
ありがとうございます。
Posted by ブリ at 2010年11月12日 00:03
ブリさん、こんにちは。
はい、とっても綺麗で 浮かれています。

広い? どうでしょう。
1周のジョギングコースが1.5キロ位の規模ですけど、広いかなあ。

お手入れは…ちょっとつまんないくらい、しっかり行き届いています。(^^A)
落ち葉も結構、取り除かれます。
街中の公園なのでたぶん、枯れ葉が多くて火でもつけられたら
大問題になっちゃうんだと思います。

ワンちゃんのおさんぽは、とっても多いですよ。
黒ラブちゃんとすれ違うと、アスカちゃんを思い出しています。(^v^)

ヌルデの記事、面白かったですよね。
いつか、ちゃんと落ち着いて記事にしたいです。(^-^*)

Posted by はもよう at 2010年11月12日 18:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。