2010年11月06日

秋の草、11月

朝晩、だいぶ気温が下がるようになりましたね。うっかりしていると風邪をひきかねない
気候になって来ました。気をつけねば。

さて、昨日は記事をお休みしちゃいましたが、今日は隣町まで、写真を撮りに行って
きました。お天気が良くてお散歩日和、とっても気持ちよかったです。

10_1106_hanawarabi1.jpg

まずはいつものフユノハナワラビ。







過去に二度ほど記事にしています。

2009/10/14付 「ハナワラビの仲間」

隣町へ行く途中、道ばたの雑木林でちょこっと群生していました。

10_1106_hanawarabi2.jpg

胞子葉を出したところ。
あ、もしかしたら、オオハナワラビかもしれません。相変わらず、自信はないのでした。



隣では、ノコンギクが咲いていました。

10_1106_nokongiku.jpg

ちょこっとしか見られなかったけれど、ちょっと盛りを過ぎちゃっていたけど、
今年も会えました。来年もまた、会えますように。



隣町の公園について、裏の北向きの斜面へ。
晩秋のお楽しみ、ノダケが、身を伸ばしていました。

10_1106_nodake1.jpg

しぶ〜い色のお花が、秋らしくて良い味です。

10_1106_nodake2.jpg 


また会えたね。(^v^)


イヌコウジュも冷たい空気に触れて、渋い色に変わっていました。

10_1106_inukoju.jpg

素敵な色ですねえ。



ここに関東ヨメナを発見。

10_1106_k_yomena1.jpg

ひとつだけしか咲いてないけど、これ、そうですよね。

ひっくり返してみたけれど、

10_1106_k_yomena2.jpg

う〜ん、たぶん、カントウヨメナです。(^^;)←おいっ。

今年はホントに数が減っちゃって、寂しいです。


こちらもキク科のアキノキリンソウ。

10_1106_a_kirinso1.jpg

明るい黄色のお花に会えて嬉しい限り。
背高さんばかりが数を殖やしているけれど、元祖アワダチソウのこの花こそ、
もっと増えて欲しいもの と思っていたら、

10_1106_a_kirinso2.jpg

今年は子孫の株かな? 少し離れたところに、もうひと株立ち上がっていました。

10_1106_a_kirinso3.jpg



最後にまたうっかり、見慣れないタデ科の花を撮って来ちゃいました。

10_1106_fumei_tade1.jpg

ハナタデの変わり者かなあ。何だか、お花の付き方や色合いが、他のハナタデと
違っているように見えたんだけど。

10_1106_fumei_tade2.jpg

気のせいかなあ。

10_1106_fumei_tade3.jpg

とか何とか迷いながら、葉鞘の写真も撮ってみたり…。
ハナタデかなあ。違うのかなあ。疑問です。



秋も深まって、頭上の木の葉もまた一段と、綺麗になってきました。
次回は木々の様子を中心にご紹介します。





ブログ内関連ページ:

2009/10/14付 「ハナワラビの仲間」
2010/ 9/21付 「北向きの斜面のキクの花 2010」
2006/10/23付 「アキノキリンソウ」



posted by はもよう at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。