2010年10月31日

紅葉最前線

天気予報には晴れマークが付いていたはずなのに、実際、始まってみたら
やっぱりぐずつきっぱなしの肌寒い一日でしたね、今日も。
そろそろ、娘が楽しみにしている学園祭のシーズン。今日は準備で登校して
行きました。学園祭が終わるまでは、毎日忙しいそうです。がんばれ、娘。

さて、10月最後の記事は公園の木々の紅葉のすすみ具合レポートなど。
まずはメープルシロップの木、カナダ国旗についてる葉っぱの木、サトウカエデ。

10_1031_sato_kaede1.jpg

良い感じに色付いてきました。外国産のカエデの方が、色づきは早いかなあ。







イロハカエデとか、まだ緑ですもの。

10/28、いつもおさんぽしている公園のサトウカエデ、もう一枚。

10_1031_sato_kaede2.jpg

HPが、見られ無くなっちゃうから、これ ↑ もこちらに飾っておこう。



さてと、↓ こちらはアメリカハナノキ。

10_1031_a_hananoki.jpg

園内で一番進んでいるかな。でも、これはそんなに色付いていない方の葉っぱ。
なぜって、いやあ、きれいだったから。(^^a)


こちらは、カエデのような葉っぱでカエデじゃない、名ばかりカエデのモミジバフウ。
北米出身のマンサク科の落葉高木、またの名をアメリカフウです。

2005/12/ 2付 「モミジバフウ」 基本情報 


全体の姿はこんな風で…

10_1031_momijibafuu1.jpg

枝の先はこんな感じ。

10_1031_momijibafuu2.jpg

もっともっと赤くなるから待っててね。



木って、大きいし、日当たりや若いか大木かで違ったりして、いろんな表情を
持っているから全てをお伝えするのって難しいです。

たとえば、これはお天気の良い日の黄色く色付くカツラの木。

10_1031_katura1.jpg

爽やかだなあ。

でも、その木の下で雨の日に、ピンク色に染まっていたのもカツラの葉。

10_1031_katura2.jpg

可愛いなあ。
カツラって、ほとんどの葉っぱはレモンイエローに色付くけれど、たまに、
何の加減か赤くなる葉もあるんですよね。面白いです。




こちらはラクウショウの林。
晴れた日には、まだ青々している繊細な葉っぱに、隣のユリノキの黄色が映えます。

10_1031_yuri_raku1.jpg

雨の日には、一足早く散った葉が池のほとりに積もります。

10_1031_yuri_raku2.jpg

同じ木の葉っぱなのに、いろんな表情があって、写真で表現しきれません。
だから毎年追いかけるんだろうけれど…(^v^*)




こちらは公園の駐車場に整然と並んだユリノキの並木。

10_1031_yurinoki1.jpg

だんだん黄色くなってきました。楽しみだけれど、寂しくもあります。

10_1031_yurinoki2.jpg

すっかり黄色い葉っぱはまだ少ないけれど、全部色付いて散っちゃったら、
公園がぐっと寂しくなっちゃうなあ。



こちらも色付いたら、綺麗な黄色だよ。予告するようにポプラの葉っぱが落ちて
いました。

10_1031_poplar.jpg

木枯らし1号も吹いたことだし、異例続きとはいえ今年の秋も、いよいよ晩秋へ。
紅葉の色付き具合は、どんな風に完成するのかな?
防寒対策しっかり整えて、クライマックスを迎える秋を見に行こう。(^▽^)







ブログ内関連ページ:
2007/10/19付 「外国産の木の秋」 ユリノキ、アメリカハナノキ、モミジバフウ、レッドオークかな、ピン・オーク

2009/11/22付 「紅葉アルバム2009 その1」 サトウカエデ、アメリカハナノキ、アメリカサイカチ、モミジバフウ、
2009/11/23付 「紅葉アルバム2009 その2」 ラクウショウ、カツラ、メタセコイア、ポプラ、ピン・オーク、レッドオークかな

2005/12/ 2付 「モミジバフウ」 



posted by はもよう at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。