2010年10月17日

公園の木の実

ごくたまに、ちら〜っと陽はさすけれど、ほとんどの時間はどんよりな日曜日
でした、うちの方。ま、中間テストのお勉強をしなくちゃいけない高校生の
いる我が家にとっては、良いお天気だったのかもしれませんが…(^^;)

さて記事ですが…準備中の実、完成品の実、公園の木の枝にはいろんな段階の
木の実が付いています。
今、どんな実が見られるかな?ちょっとこずえを見上げてみましょうか。

お洒落な葉っぱの陰からは外国産のどんぐり、アメリカガシワことピンオークの
可愛い実。

10_1017_pinoak1.jpg

見慣れたコナラやクヌギとはまた違って、良いものでしょ。






ちょっと寸詰まりで丸っこい、これがピンオークのどんぐり。
完熟直前の緑色の時が、フェルト細工のようでホントに可愛らしいんですよ。

葉っぱはカタカナのキの字に似ています。紅葉も綺麗だけれど、まだですね。

10_1017_pinoak2.jpg

おとなりの、たぶんレッドオークのどんぐりは、夏のうちにかなり落ちちゃい
ました ↓ が、

2010/ 8/15付 「木の実準備中」

ピンオークはこれからみたいです。

落ちていた葉っぱとそれぞれの実をベンチの上に並べて記念撮影。

10_1017_pinoak3.jpg

手前、ピンオークで、奥、レッドオーク(たぶん)です。
ピンオークの方が葉の切れ込みが大きくて、どんぐりは小さめです。

見つけると写真に撮っちゃいたくなる可愛い実ですが、私以外の人の興味は
ひかないようです。こんなに可愛いのに、もったいないなあ。
今年は、園内のおトイレの 洗面台の花びんのそばにこそっと置いてアピール
してみようかしら。(^m^)うふふ



負けちゃいられませんよう、クヌギさん。

10_1017_kunugi.jpg

はい、少し遅れ気味でしたが、クヌギどんぐり、完成いたしました。
お日様の光を浴びて、艶やかに光っております。

う〜ん、やっぱり、クヌギのふとっちょどんぐりは、魅力的だなあ。



殻から出したら、こちらも魅力的なベニバナトチノキの実。
枝先に3つまでがお約束パターンで、今まではひとつのことが多かったのですが、
今年は3個分の大きな実と、3つ付いたのと、いつも通りのひとつの実と、
ひと枝に3通りの実が付いています。

10_1017_benibana_t.jpg

なんだろう、木が成熟したから?それとも、猛暑のせい? 
他の場所の日本産のトチノキでは、まだ、実を見つけられないでいるんだけれど、
これってどういうコトなのかしら。
そして、3個分の大きな殻の中にはどんな実が入っているのかしら?気になります。



へんてこな形の実で、公園をお散歩する家族連れをびっくりさせていたコブシも

2010/ 8/23付 「木の実準備中 2」

ようやっと完熟です。

10_1017_kobusi1.jpg

青いうちはデコボコで、虫こぶかなんかにしか見えなかったかもしれないけれど、
こうなると普通の実でしょ。鳥さん達に人気があるんだから。

黒い殻と赤い実のコントラストで猛アピール。そしてさらにもうひと工夫。

10_1017_kobusi2.jpg

赤い実を白い糸で吊って、ゆらゆら3Dアピール。手がこんでいます。

小鳥さん達は落ち着ける場所で、この実を器用にくちばしでむいて食べます。
ですから、コブシの近くの大きな木の下には中のタネが落ちています。
チョコレート色で、なんとハートの形の可愛いタネですよ。
良かったら探してみませんか?



こちらはユリノキ。高いところに今年も、オクラに良く似た若い実が付いています。
このあと、バドミントンの羽根(シャトル)のような実に変わっていきます。

10_1017_yurinoki.jpg

探すのにはちょっと首が疲れちゃうかもしれないけれど、なかなか面白い実です。
葉っぱはこれから黄色く、並木は金色に変わります。楽しみだな。



最後におまけ。
隣町の公園で見たツリバナの実。もう、赤いタネが顔をのぞかせています。

1010/10/ 3付 「見てみたかった実」

10_1017_turibana.jpg

この実がパカッと開いて、空飛ぶ円盤(UFO)のような姿になって
タネをぶら下げます。可愛いだろうなあ。

さあ、本格的に動き出した秋を見に、公園へ行ってみますか。(^v^*)




ブログ内関連ページ:

2010/ 8/15付 「木の実準備中」
2008/10/12付 「大きなオークの木の下で」
2007/ 8/ 1付 「外国産のドングリの木」
2005/ 2/ 6付 「ベニバナトチノキの冬芽と葉痕」
2010/ 8/23付 「木の実準備中 2」
1010/10/ 3付 「見てみたかった実」




サイト内関連ページ:
HP>おなじみの木>町の木>「ユリノキについて」
HP>おなじみの木>山の木>「コブシについて」
HP>おなじみの木>山の木>「クヌギについて」




posted by はもよう at 17:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コブシは最後はこんなふうになるのですか。
ごつごつしたのを撮った後は、たいがい忘れてしまっていて、見にいかないんですよね。
Posted by ディック at 2010年10月22日 12:49
ディックさん、こんばんは。
はい、虫こぶみたいなままじゃ寂しいですよ。
是非、見に行ってあげてください。(^o^)ノ

モクレンの仲間は、だいたい赤い実が実るんですよね。
Posted by はもよう at 2010年10月22日 20:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。