2010年10月10日

公園のゲンノショウコ

良く降りましたねぇ。昨日から降り続いた雨が朝まで残りました。今日も一日雨…
なのかなと思ったら、午後から急速に晴れて青空がのぞきました。あんまり良い
お天気なので、ほんのちょっとだけ川の方へ行って来ました。雨上がりで、気分が
良かったです。その時の写真もまたあとでご紹介しますね。

さて、記事の方は。郊外に住むようになって初めて知って、ずっと大好きな花の
ひとつにゲンノショウコが有ります。フウロソウ科の身近な小さい花。薬効が
すぐに現れると言う意味の名を持つ、人との関わりの深い花。暑いのはあんまり
得意じゃないこの花が、涼しくなった公園でやっと元気に咲き出しました。

10_1010_gennoshoko01.jpg

大好きなゲンノショウコ。今日は いやってほど、見ていただきます。(^^*)





ゲンノショウコはフウロソウ科フウロソウ属の多年草。下痢止めの薬として有名。

今年の夏は本当っに 暑かったですよね。我が家の鉢植のゲンノショウコも、元気
がなかったですし、公園でも、春から眺めていたゲンノショウコの葉っぱが、夏の
暑さにあたって日に日に減っていくのを、心配しながら見守っていたんですよ。

でも、涼しくなったら急に葉っぱが増えて、お花が咲き出したので嬉しかったです。

今年、最初に見たのは ↓ やけにピンクがかった白花でしたけどね。

2010/ 9/24付 「秋三昧」

10_1010_gennoshoko02.jpg

ゲンノショウコは、西日本では赤花、東日本では白花が多い…と言われる点も
ユニークな花です。赤い花と白い花とでは、同じ種類とは思えないほど、印象が
違うんですから、面白いですよねえ。そんな花って、他にもあるのかしら?
ただ、今 調査してもきっと、昔ほどは、色の分布ははっきり分かれないと思い
ますよ。人が混ぜてしまったからね。

10_1010_gennoshoko03.jpg

そう言えば、中間種のようなピンクの花が咲く土地もあるって聞いたような気が
する。…ってことは、うちの方でもいつか、赤、白、ピンクの3色そろいぶみ…
なんてことになるのかな?



我が家があるのは東日本ですから、もともとは白いお花の分布圏だったはずです。
この公園でも、隣町の公園でも、基本は白花でした。

いつもおさんぽしている方の公園に関しては、数年前に山野草の花壇だんで、
管理人さんだと思うのですが、赤花を育て始めてから、こぼれダネが花だんの
周りへ広がるようになりました。

10_1010_gennoshoko04.jpg

今、園内で咲いている赤花は、その時の末裔です。


見ていると、赤花の方が勢いが良く、花も葉も大きいし、草丈も大きく伸びることが
出来て、草刈りからの回復も早いんですよ。

元気の良い赤花を見るにつけ、このまま、園内が赤花ばかりになったら嫌だなと、
白花ファンの私は心配だったんですけど、なぜか、2年3年経つうちに赤花は数を
減らし、白花はあいかわらず、園内の基本種の地位を保っています。

10_1010_gennoshoko05.jpg

今でも赤花は咲きますが、最初に植えられた花だんのそばからは離れず、数もさほど
増えません。

もうこれで、再来の白い花は脅かされずにすむのかな…と、思った矢先のピンクの花。
ううむ…、この話、このあとどういう展開になるんでしょう? 気になります。
引き続き観察してみたいと思います。



とか何とか言ってるうちに、あっちこっちでゲンノショウコ 相次いで復活です。
夏の間、葉っぱが無くなっちゃっていた群生地でも、次々、白いお花が咲き出し
ました。今度は薄いピンクとかじゃない、正真正銘の白花です。

10_1010_gennoshoko06.jpg

この公園で初めて出会った、ヒマラヤスギの下の群生地でも、やっとお花が見られる
ようになりました。

10_1010_gennoshoko07.jpg

いやあ、嬉しいなあ。
暑いのは苦手とは言っても、お日様の光は好きだから、一番暑い季節だけ 日陰に
なるこの場所がお気に入りだったんですよね。いっぱい咲いてくれたなあ。よしよし。



一段と涼しくなった先日、近所の公園でまた見てきました。

赤花はね、条件が合えば、↓ このくらいの勢いを示せちゃうんですよ。

10_1010_gennoshoko08.jpg

公園の花だんの アガパンサスとクリスマス・ローズの間で大きくなっていました。
同じゲンノショウコでも、白花はこんな風にはならないんですよね。

10_1010_gennoshoko09.jpg

白花はあいかわらず、カタバミやクローバーと 肩を並べて咲いてます。
葉っぱの形にも変化が多いし、謎なことがいっぱい。そんなところも魅力です。


お花のアップじゃ、なんの変わりもないけれど、こちら隣町の公園の
今年は ↓ ひときわ小さかったゲンノショウコ。

10_1010_gennoshoko10.jpg

とびきりのアップでご紹介します。こちらのご近所はチドメグサ…かな。
我が街の知られざるカワイコちゃん、ゲンノショウコ、これからもいっぱい
咲いてね。




ブログ内関連ページ:

2010/ 9/24付 「秋三昧」
2010/ 9/15付 「雨上がりの公園で」

2009/10/10付 「アキノノゲシ みつけた」
2008/ 9/27付 「ゲンノショウコの赤花」
2008/ 9/ 1付 「秋さがし…」
2008/ 7/21付 「身近な薬草」

2007/10/ 8付 「公園の野草(10月)」
2007/ 9/14付 「公園のゲンノショウコ」

2006/10/12付 「小さい実り」 おみこしのような実
2006/ 8/24付 「近所の道ばた」 赤花と白花

2005/ 9/14付 「ゲンノショウコ」


我が家の鉢植え
2009/ 8/24付 「ゲンノショウコの咲き方」



posted by はもよう at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。