2010年10月05日

隣町の木の実

今日はお天気回復して、気温が上がり、暑くなればな縷々ほど夕立の確率が上がる
という予報で、期待してお洗濯ものをいっぱいしたのですが、結局、午後少しの間
日がさしただけで、さほど洗濯物も乾かず、肩すかしの一日になっちゃいました。
明日は爽やかに晴れるということなので、新しい帽子をかぶって、おさんぽに行って
みたいと思います。

さて、今回の記事も、隣町の公園で見てきた木々の今の様子。色付いてきた実を
いくつかご紹介します。

10_1005_kusagi1.jpg

清楚な花と良い香りで、夏の終わりの野山を彩っていたクサギが、一度は閉じた
ガク(萼)を開いて、熟したばかりの青い実を見せてくれました。
毎年思うことだけど、ユニークなデザインの綺麗な実です。







先月の ↓ 記事の 後日談みたいなものですね。

2010/09/18付 「雑木林で秋さがし」

まずはクサギの続きです。
先月はまだガク(萼)に包まれている方が多かった実が、姿を見せてくれました。

10_1005_kusagi2.jpg

丸っこいガク(萼)から ラッパみたいな白い花がつきだして 咲いていたのに、
実が熟すと、今度はガク(萼)が星形に開いて、中からこんなに綺麗な青い実が
のぞくだなんて。思いがけない展開ですよね。

この強烈なコントラストできっと、鳥さん達に猛アピールしているんでしょうね。
生きていくために、いろいろ工夫しているんだなぁ…って関心します。

この実からは、自然界では珍しい 青い染料が取れるのだそうですよ。



ムラサキシキブとコムラサキって似ていますよね。図鑑やあちこちのブログで
見分けポイントを紹介してくださるけれど、数たくさん見比べられない素人には
大きめとか まばらとか言われても、自分の中に基準がないから迷います。
葉っぱの縁のギザギザ(鋸歯)で見分ける方法も載っているけど、ところがこれも
微妙で、どっちつかずの株に出会って、更に悩みを深めちゃうんですよねぇ。

このブログにも、そんな悩み中の記事がたくさん残されています。
でも ↓ 去年、ちゃんと撮って比べてみて、解ったことがあります。

2009/11/12付 「紫式部の実の付き方」

この記事の写真は参考になりますよ。珍しいオオムラサキシキブも載ってますし。



上の過去記事で見つけた見分けポイント、ここでもう一度おさらいしておきますね。
これ、9/18付の記事にも出てきたコムラサキの株です。

10_1005_komurasaki1.jpg

先月は白っぽかった実が、だいぶ色付いてきました。

実の付き方に注目してください。

10_1005_komurasaki2.jpg

葉と実が同じ場所に付くか、付かないかではなくて、枝のところをよく見て覚えて

↓ ムラサキシキブと、比べてみてください。

10_1005_m_sikibu1.jpg

まだ、色付いてませんねぇ。ムラサキシキブの方が色付くのは遅いのかな。

葉と実の付け根を拡大しますね。

10_1005_m_sikibu2.jpg

コムラサキに比べて、ものすごくはっきりと位置が決まっていると思いませんか?
葉も、実も、そしてこれから現れる新芽さえ、全く同じ場所に扇のように付くんです。
写真は枝の一番先なので真ん中は来年用の冬芽ですが、枝の途中でも同じです。

このムラサキシキブの実の付き方から比べると、コムラサキの実の付き方は、
だいぶアバウトで、多少のずれやゆがみも許しちゃう傾向があります。
つまり、コムラサキなら同じ枝の中でも、実と葉の位置が同じ場所、ずれている
場所、いろいろ混在していると言うこと。


ちなみに白い実が付くシロシキミの実の付き方は、こんな風。

10_1005_siro_sikimi.jpg

ムラサキシキブよりは、コムラサキに似ていますね。
もっと毛深いお仲間のヤブムラサキも、こんな風にアバウトな実の付き方をします。


実が付く場所による見分けポイント、今度からこんな風に覚えませんか?
律儀に定位置を守るムラサキシキブ、自由でアバウトなコムラサキ…って。
そうしたら今度はきっと 迷うことなしですよ。



最後はヨーロッパトウヒの長〜い松ぼっくり。別名はドイツトウヒで、
ヨーロッパのクリスマス・ツリーと言ったらこの木のコトみたいですよ。
ハト時計の振り子のところに下がるおもり…あれも元はこの松ぼっくりだった
そうです。

10_1005_e_touhi.jpg

今年は何だか当たり年で、この他にも、枝にたくさんぶら下がっています。
1個拾いたいんですけど…私の手元に落ちてきてくれないかなぁ。




ブログ内関連ページ:

2010/ 6/21付 「6月の木の花と実」
2009/11/12付 「紫式部の実の付き方」


2009/12 6/付 「北向き斜面の黄色い葉」 実と黄葉
2009/10/21付 「ムラサキシキブとコムラサキ」
2009/ 4/ 8付 「隣町の雑木林 2」 芽吹き
2008/11/29付 「隣町の紅葉 その1」 ムラサキシキブの実
2008/10/ 3付 「木の実 いろいろ」 コムラサキの実
2008/ 6/16付 「ムラサキシキブの花など…」
2008/ 3/22付 「動き出した木の芽」 冬芽

2007/12/11付 「ムラサキシキブとコムラサキ」

ヨーロッパ(ドイツ)トウヒ
2010/ 5/ 5付 「地味めな木の花と新芽」
2010/ 1/17付 「ヨーロッパトウヒなど」
2009/ 3/10付 「アセビの花 など」 ヨーロッパトウヒの松ぼっくり




posted by はもよう at 18:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
木の実って…なんだろう…?
Posted by BlogPetのコロン at 2010年10月06日 15:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。