2010年09月29日

秋の草 続々

今日は思ったほど晴れなかったですねぇ。期待したのになぁ。雲がなかなかとれなくて、
東京では夏日になったって言うのが信じがたい、我が家上空のお天気でした。
コレで明日からしばらく雨とか…なったらまた、写真のストックがなくなっちゃう。
急いで、隣町へおさんぽに出掛けました。その時の写真はまた、秋の長雨中に
何回かに分けてご紹介しますね。(^v^*)

さて、記事の方ですが、今回はいつもお散歩している公園で見つけた秋の草。

10_0929_turubo1.jpg

まずは、開花が遅れていた日向のツルボから。





ツルボ。今年は、いつもお散歩している公園の ↓ 雑木林の日陰の群落と、

2010/ 9/ 6付 「ちいさなツルボ」

隣町の北向きの斜面で咲く日陰のツルボ ↓ はご紹介していましたが、

2010/ 9/22付 「北向きの斜面の秋の花 2010」

道ばたの、陽のよく当たる場所のツルボは開花が遅れていました。

それがここのところの雨と涼しい気温のおかげで、やっと眠りから覚めたようです。

10_0929_turubo2.jpg

メヒシバや他の草の穂の海に紛れちゃいそうですが、つぼみもたくさん上がってきて
います。
まだこれからだなと思うと同時に、もう、↓ こんなに咲き進んだ花を見ると、

10_0929_turubo3.jpg

もと早くに見に来たらよかったかなと思ったりもしました。

いずれにしても、おなじみの場所の全てで、今年もツルボの花を見ることが出来て
よかったです。来年も元気に咲いてね。(^▽^)ノ



いつもお散歩している公園に着いて、せっせと健康さんぽをして、芝生の上でひと休み。
ちいさな草の葉に目をやると、コミカンソウがそろそろ 極小のミカンを並べ始めて
いました。

10_0929_komikanso.jpg

コレは、猛暑の最中の8/9にご紹介した ↓ 群落のものではなくて、

2010/ 8/ 9付 「コミカンソウの群落」

2005年に、初めて出会った株 ↓ の末裔です。

2005/ 9/11付 「コミカンソウ」

あれから、↓ お仲間を見つけたり、出会う場所が年々変わったりしましたが、

2009/ 9/ 9付 「コミカンソウ属2種」

今年また、最初の場所に、細々ながら命をつないでいるのが解りました。
熱帯出身って聞いたけれど、今年の夏、特に元気になる気配はなかったんですけれど…

暑いのは好きですか? 猛暑の今年はいかがお過ごしでしたか? 
いろいろ聞きたいこと(''?)有るんだけどなぁ。



そう言えば ↓ この子も秋の花だ。

10_0929_s_sendan_g.jpg

ひっつき虫のセンダングサ。コレは舌状花がまばらに残るシロノセンダングサで
良いのかな。ひっつき虫、できかけていますね。

2009/10/ 2付 「雨の日、隣町で 1」



公園の池のほとりには、こんな草がわしゃわしゃ生えていました。

10_0929_yomogi1.jpg

春の姿からは、想像も付かないヨモギの花です。

10_0929_yomogi2.jpg

花とも思われないような花ですけれど、これで花粉症になる人もいるそうですから、
ちょっと困りものでしょうかね。
花粉症ではない私としては、なかなか秋の風情を感じる姿ですけど。

10_0929_yomogi3.jpg

草餅だけではないヨモギの姿。以後お見知りおきを。(^^*)



そうそう、花粉症の疑いをかけられたけれど、虫媒花だから違うと思いますよ…の
セイタカアワダチソウは、まだつぼみです。

10_0929_seitaka_a.jpg

この花が黄色く開くのは、今年はいつになるのかな?



そう言えばこの夏は、去年眺めた草むらの群落が、途中で刈られてしまった
うえに、晴天続きで復活も出来ず、花も実も見ることは出来ないのかな?と思って
いたスズメウリ。

2009/ 8/28付 「公園のスズメウリ」

なんと、公園の人口の小川に、張り出すようにはびこっていました。
私が ↓ 初めて見たときには、公園の外側のフェンスにからまっていたのに、

2005/ 9/15付 「スズメウリ」

どこをどうやって、足もないのに大好きな水際まで移動できたのかしら?

10_0929_suzumeuri.jpg

すごいなあ、スズメウリ。
これでうまいこと、水際でたくさん殖えてくれたら…あぁ、その前に公園の管理人さん
たちに刈られちゃうかなぁ…。
頑張れスズメウリ。
出来たらたくさん殖えて、毎年、可愛い実を見せてちょうだいと、密かに応援。(^^;)



今日、公園を歩いてみて気づいたのは、オナガガモの第一陣が北国から到着していた
こと、たくさん飛んでいたトンボの姿が見えないこと、セミの声も少なくなったけれど、
うっかり一匹だけアブラゼミが鳴いていたこと。

夏の名残が少しずつ薄れて、秋が着実に深まっています。そう言えば9月もあと
一日ですね。


posted by はもよう at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヨモギって、咲かずにつぼみの穂が垂れている様子が好きです。
近所でもかなり咲いています。
Posted by ディック at 2010年10月01日 20:59
ディックさん、こんばんは。

おお、さすが、そこに目を付けますか。

キク科っぽい葉っぱから花の穂が立って
普段見慣れているはずのヨモギが、
風情豊かな秋の草に見える瞬間ですよね。

で、花が咲くと花粉症の元になると(^^A)
Posted by はもよう at 2010年10月01日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。