2006年04月08日

ガマズミとオトコヨウゾメ

冬芽を探して歩いていた頃、ちょっと気になる芽を見つけていました。
てっぺんに3つ、ちょっと下にふたつずつ。カワイイ芽を並べているこの木は何の木?
なんだかとっても身近な木のような…とってもとっても気になる木の芽。

06_0408_gamazumi1.jpg(2006/03/08撮影)

なんだろな、なんだろな。
悩みながらまた見にいくと、また別の可愛い新芽を発見♪

06_0408_o_yozome01.jpg(2006/3/15撮影)

そんなに背高くならない木。
枝はかなり細い方。
羽を広げた小鳥の翼みたいな葉っぱの真ん中に、花の芽もある。

なんだろな。花が咲くまで見失わないで居られるかな?

06_0408_o_yozome02.jpg(2006/03/15撮影)




3月も末、も一度見にいくと、最初の木の芽はもっと可愛い形に変化してました。

06_0408_gamazumi2.jpg(2006/03/27撮影)

う〜ん、なんだろう。同じような芽を出した木があちこちにあります。
ある場所の木には 干からびちゃった去年の実がくっついていました。

06_0408_gamazumi3.jpg(2006/03/27撮影)

web検索で他のことを調べていたとき、そっくりな写真を見つけました。
写真の説明は ガマズミの新芽。

おおっ!白い花、赤い実。雑木林の常連さんのガマズミですか。
こんなところにもあったんだ。

花と実が楽しみだなあ。

06_0408_gamazumi4.jpg(2006/4/4撮影)




2番目に会った木の芽は4月にはこんな風に開いていました。

06_0408_o_yozome03.jpg(2006/4/4撮影)

ガマズミの芽が載っていたのと同じページの写真に寄れば、
これはオトコヨウゾメの芽。


それなら同じ斜面で別の年に見たことがあります。
こんな可愛い花が咲くんですよ。

06_0408_o_yozome04.jpg(2003/4/18撮影)

赤い実も付くはず。

ここは、今まではものすごいジャングルになっていたところ。
今までちょっと 近づけないでいたところなんだけど、
残念なことに周りが切り開かれちゃって 近づけるようになったので
今年はこまめに通って 写真を撮ってみます。

06_0408_gamazumi5.jpg

サルトリイバラとガマズミ。

それにオトコヨウゾメ。
みんな同じあたりに生えてました。会いたい木がまた増えちゃった。
がんばって通わなくっちゃ♪


posted by はもよう at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガマズミの芽吹きはきれいですね。去年の干からびた実がついていたり、早くも花芽が顔をだしていたり観察を続けると面白いと思います。
オトコヨウゾメは横浜・舞岡公園にはない(観察不足?)ので、これからの記事が楽しみです。
Posted by ひろし at 2006年04月09日 22:20
ひろしさん、おはようございます。

ガマズミって、魅力的ではあっても
虫食いだらけになっちゃうので
なかなか写真を撮るのにむかないものだから
ついつい後回しにしちゃって良く見ていなかったのですが、
こんなに可愛い芽吹き方をしていたんだなぁなんて、
びっくりしたり、嬉しくなったりです。

オトコヨウゾメはか細くて目立たない木ですから、
もしかしたら、舞岡公園にだってあるかも知れませんよ。

今年は虫に負けずに ガマズミの観察をしてみようと思います。
Posted by はもよう at 2006年04月10日 11:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。