2010年09月16日

公園の樹で秋探し

台風のせいでも夕立でもない久しぶりの、前線による雨…とのことで、今日は一日雨降りでした。
そして、朝のラッシュ時の土砂降り。出掛けたくなかった方も多かったでしょう。お疲れ様です。
猛暑の日々から、この肌寒さ。秋の'つるべ落とし'は日の暮れようであって、断じて気温では
なかったはず。この頃のお天気は乱暴すぎます。体調を崩されないようご用心くださいね。

さて、行って参りました、昨日、おさんぽというか、カメラ片手のブログネタ探し ♪
いろいろ見つけて参りました。良かったらまた、お付き合い下さいませ。

10_0916_yurinoki.jpg

まずは、公園の木を見上げてみました。一枚目は、ちょこっと黄葉を始めたユリノキ。






猛暑、晴れ続きの頃には元気の無かったハナミズキが、ほっとしたように赤い実を並べて
いました。

10_0916_hanamizuki.jpg

例年なら、他の木に先駆けて紅葉し始めてしまうせっかちさんなのに、今年はなんとなく
元気がありませんでした。

2009/ 9/ 1付 「秋の一日目」


葉っぱも、色付く前に枯れたようになってしまった木が多く、実も赤く色付くのが遅れました。
でも、もう大丈夫。良かったね、ハナミズキ。

HP>おなじみの木>町の木>「ユリノキについて」
HP>おなじみの木>町の木>「ハナミズキについて」



お隣の常緑樹ではお花の準備が着々と進んでいました。なんの木か解ります?
ほら、秋の 香の良い 木のお花…

10_0916_kinmokusei.jpg

はい、キンモクセイ(金木犀)の枝です。

2009/ 9/24付 「9月の花木」


これから、ウスギ、キン、ヒイラギモクセイ、柊とモクセイ科のお花がレリーのように咲き
続けていきます。



…と、写真を撮りながら歩いていたら、ワンちゃん連れの奥様方がこずえを見上げてなにやら
話し合っていらっしゃいました。
公園にはたくさんの人が行き交いますが、もくもくとウオーキングしていたり、連れの方と
話していたりで、周囲の植物に注意を払う方は少ないんです。

なんの話題?何か枝に付いている?

10_0916_katura1.jpg

ちょうど爽やかな色合いのカツラの木々が並んでいるあたり。そっと近づいていくと、会話の
内容が聞こえてきました。「この葉っぱの匂いなんだね〜。」

ああ、なるほど。カツラの落ち葉が、甘くて良い匂いを放っているという話題でしたか。

10_0916_katura2.jpg

はい、この可愛いハート型の葉っぱがカツラの葉で、生乾きの落ち葉は砂糖を焦がした様な
匂いがするんです。



いつもの公園ではないけれど、隣町へ行く途中にある、何度も観察したアオギリの木。

10_0916_aogiri1.jpg

枝先の枯れ葉の様に見えるのは、アオギリの実です。

10_0916_aogiri2.jpg

一度はエンドウ豆のさやの様になった実が、端っこにお豆の様なタネをつけたまま、
開いて乾いた姿です。風を受けて、遠くへ飛んでいくための形ですね。

10_0916_aogiri3.jpg

端っこに付いてたタネはこんな風。さやが開いたときにはまるまるしていたけれど、
すっかり乾いてしわしわです。とってもユニークな実り方は ↓ 過去記事でご紹介しています。

2009/10/13付 「青空と木の実」



次回は、雑木林でよく見かける様な木々を中心にご紹介します。







ブログ内関連ページ:
ハナミズキ
2009/ 9/ 1付 「秋の一日目」
去年のモクセイリレー
2009/ 9/24付 「9月の花木」

2009/10/ 1付 「赤い実、青い実、黒い実」
2009/10/ 8付 「嵐の前の公園」
2009/10/16付 「イヌツゲとシャリンバイの実」 金木犀と柊モクセイの花
2009/10/31付 「ヒイラギとビワの花」
カツラ
2009/10/29付 「金色木漏れ日」
2009/ 3/22付 「カツラの花」
アオギリ
2009/10/13付 「青空と木の実」



posted by はもよう at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。