2010年09月01日

センニンソウとクズの花

高校は始業式で、関東は震災の日で、暦の上では二百十日で、今日から9月です。
朝、バタバタしちゃっておさんぽには行かれなかったけれど、写真のストックもないので、
午後、ちょっと頑張って隣町の公園まで行ってみました。

華やかに白いセンニンソウが、斜面を彩っていました。

10_0901_sen_ninso1.jpg

暑くても元気なクズと一緒にご紹介します。







隣町の公園とその裏の北向きの斜面には、センニンソウとクズのつるが、競い合うように
生え広がっている場所があります。

午後の太陽はものすごい強さで、日傘をさして歩いていても、めまいがしそうでしたが、
なんと、あちこちで草刈り作業の真っ最中でした。見るべきものがなくなっちゃうので
普段なら、残念(><)という気持ちが先に立つのですが、今日ばかりは、この猛暑の中でも
作業してくださるありがたさに頭が下がる思いでした。どうぞ、熱中症には気をつけて
くださいね。

さてさて、つる草パラダイスに到着です。
草刈り隊も、まだここにはたどりついていないようで、センニンソウとクズがそろい踏み
してました。

10_0901_sen_kuzu.jpg

下敷きにされた木はずいぶん迷惑しているだろうけれど、この元気っぷりには励まされます。

白い花がセンニンソウ。

赤紫がクズの花。マメ科クズ属、つる性の多年草。

10_0901_kuzu1.jpg

良い香りです。

10_0901_kuzu2.jpg

斜面の一番下から、大群落を見上げてみます。


となりはセンニンソウ。
キンポウゲ科センニンソウ属、日当たりの良いところに生える つる性の半低木。

遠くからでも真っ白く見えるほどの密度で、白い花が咲いています。

10_0901_sen_ninso2.jpg

もう少し近づいたら、ほらこんなにいっぱいの花。

10_0901_sen_ninso3.jpg

何だか…、こんなに咲いていると違う花みたいに見えるなぁ。



ちょっと堅めのつるに、2つずつ向き合うように葉っぱが付いているのがポイント。

10_0901_sen_ninso4.jpg

茎を巻き付けたり、巻きひげや吸着根を出したり。つる性植物は、種類ごとにいろんな仕掛けで
他の植物を頼りにするんですが、センニンソウのからみ方はユニークで、葉っぱの柄でからみつく
んですよ。

10_0901_sen_ninso5.jpg

つるの先にはまだまだ、たくさんのつぼみが用意されています。

10_0901_sen_ninso6.jpg

花びらのように見えるのはガク(萼)なのですが、それが開くと、おしべがいっぱい。

10_0901_sen_ninso7.jpg

長いの短いの、キレイに開くとこんな感じ。素敵ですね。
おしべの花粉を虫さんたちに託したら、真ん中のめしべが 控えめに開きます。



お庭に置くにははびこりすぎ、街中で育つと邪魔にされちゃうけれど、それでも毎年眺めたい
センニンソウ。

10_0901_sen_ninso8.jpg

ねぇ、みごとでしょう?
お花のあともタネに付いた毛が、仙人の髭のように見えるそうです。



ブログ内関連ページ:

2005/ 8/24付 「ボタンヅルとセンニンソウ」
2006/ 9/10付 「センニンソウ」




posted by はもよう at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。