2010年08月29日

クマヤナギの花

今朝はかなり涼しくて、爽やかな朝でしたよ。エアコンかけてなくて良かった。
午前中は暑かったんだけれど、午後からは少し雲も出て、湿気が減ったかなって思います。

昨日の夕焼けが、久しぶりに赤いなぁって思ったり、暑いんだけれど、あんまり辛くないな
って思ったり、そんなふうに夏も終わっていくのかな。
そして高校生の息子は、(今頃)一生懸命、宿題を片付けております(^^A)。でも、大学生の
娘の夏休みは、もう少し続くそうです(-。-;)。なんにしても、8月も29日でございます。

さて、今日の記事は、待ってたクマヤナギのお花が咲いたので、見てください。

10_0829_kumayanagi1.jpg

びっくりするほど地味ですけど。(^-^;)







いつもおさんぽしている公園の池のほとりで去年、初めて見つけたクマヤナギ。

2009/ 7/24付 「フジとクマヤナギ」

クマヤナギ(熊柳)は、クロウメモドキ科クマヤナギ属、北海道から九州に分布する落葉性の
つる性低木です。


去年はあっという間に刈られてしまいましたが、場所が、勝手に生えてきた桑の幼樹の根元
と言うのが良かったようで、根こそぎにもされず、性懲りもなく、今年も芽を出し、
つるを伸ばしました。

茎の先に小さなつぼみも付いて、去年見られなかった丸っこいお花が見られるチャンスかも
しれないと、お花が咲くのを楽しみに待っていたんです。

2010/ 8/17付 「クマヤナギとエビヅル」

そしたら、咲いていました。

10_0829_kumayanagi2.jpg

小さいので、とびきりの接写で確認です。
ううん、ちっちゃいなぁ。本当に咲いているのかな? 時間の経過に伴う変化が見たくて
もう一度、翌日の写真を撮ってみました。

10_0829_kumayanagi3.jpg

お、2つだけだったお花が3つに増えてる。
よしよし、これ、咲いたんですね。それにしても、びっくりするほど地味ですね。
もっと大きい株だと、穂状にたくさんのお花が咲いて、赤から黒に熟す実がびっしり実る
らしいんだけれど、まぁ、去年芽を出してすぐに刈られて、今年復活したての株だから、
花が咲いただけめっけもの。さぁさぁ、もう少し細部まで見てみましょ。



先が尖ったつぼみ。丸い玉の 上の方だけに切り込み入れて開いたような 可愛い形の
お花。

10_0829_kumayanagi4.jpg

白い矢印をつけたところの花。中が空っぽに見えますが、翌日には、

10_0829_kumayanagi5.jpg

おしべが顔をのぞかせてます。へぇ〜。

もっと大きくして 造りを確認。

10_0829_kumayanagi6.jpg

ガク(萼)は5つに分かれて開くけれど、中の花びらは見えにくい…。
あ、あれが花びらかな?
お花の真ん中にくしゅくしゅっておしべがかたまって顔を出しています。
前日には空っぽのように見えていたから、おしべは、お花の奥の方にしまわれていたのかな?


今のクマヤナギの様子です。
楕円形の葉っぱが可愛いな。並んで入っている葉脈がキレイだな。ここで大きくなって欲しい
けれど、無理だろうなぁ。
いつか刈られちゃう運命のクマヤナギ。お花まで見られて、超☆ラッキーでした。

10_0829_kumayanagi7.jpg

ここがダメならどこかに挿し芽…。いえ、いたしませんよ。
いつかお山で、大きく育ったクマヤナギに会いたいです。この葉っぱ、覚えておこう。(^v^*)



毎日暑いので、残暑見舞い代わりに 公園の木の葉の写真を張っておきます。
緑陰の 涼しい風を想像しながら見てくださいねぇ。あ、ちょっとうるさめの蝉時雨も
もれなく付いてくるんですよぉ。

まずはコナラ。

10_0829_konara.jpg

今年のどんぐりは、ちょっと少なめのようです。

そしてクヌギ。

10_0829_kunugi.jpg

葉の縁の、針のような鋸歯が光を受けてキラキラ光っていました。
太っちょコロコロのどんぐり、ただいま製造中です。

そして桜の木。

10_0829_sakura1.jpg

桜吹雪、可愛いサクランボ、蝉の子のお宿…と、いろんな顔を見せながら紅葉の秋へ…。

あらま、気の早いこと。

10_0829_sakura2.jpg

もう、こんな色した葉っぱが見られます。
あんまり光を受けられない下の方の葉っぱから、少しずつ散らしていっちゃうんですよね。

どんなに暑くても、秋はちゃんとやってくるようです。
暑いからってさぼっていたこと、少しずつやり始めなくっちゃ。8月もあと少しですね。




ブログ内関連ページ:

2009/ 7/24付 「フジとクマヤナギ」
2010/ 8/17付 「クマヤナギとエビヅル」



posted by はもよう at 17:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クマヤナギの花が開いていたのですね。
さすが「はもようワールド」解説文、花の中の細かい様子がよくわかりました。
Posted by ひろし at 2010年08月31日 09:52
ひろしさん、こんばんは。
はい、咲きました。やっぱり和菓子のデザインにありそうな形で、
美味しそ…いえ、可愛いです。(^〜、^)

お花の造り解説は、いつもの大学の先生のところで見てきました。
花びらの奥深くにあるめしべまで写せたら、
もっと良かったのですが、
ちょっと無理みたいです。残念。
Posted by はもよう at 2010年08月31日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。