2010年08月28日

樹液に来る蝶 追加

いやはや、本日も…以下同文。そうそう、ドライヤーが壊れてしまったので、電気屋さんへ
買いに行って、10倍の値段の地デジ用チューナーを買ってきてしまいました。(^^A)
夏休み最後の週末ということで、お店側も気合いが入っていて、安かったんですよ。
まぁ、これで、キレイに録画できます。地デジの準備完了っと。

さて、今日の写真も虫ばっかりです。お嫌いな方、ごめんなさい。でもね、あの、樹液が
しみ出すピン・オークに、また、初見のチョウチョが止まってたんですよ。

10_0828_komurasaki1.jpg

それから、おなじみのあのチョウチョをとっても綺麗に撮れたんですよ。ご紹介しますね。






今年は、ホント、ここで遊ばせてもらってます。いつもおさんぽしている公園の、
ピン・オークの根元。樹液にスズメバチが来るからと断り書きがあったのですが、
スズメバチより、いろんなチョウチョが集まります。

この日も幹の上の方に…

10_0828_pinoak1.jpg

ほら、オレンジ色の綺麗なチョウチョ(オレンジ矢印)。誰かな?

根元の方には、

10_0828_pinoak2.jpg

黒っぽい羽のチョウチョ(青矢印)。前回のように、羽裏が樹皮模様になっていないので、
ルリタテハじゃありません。

2010/ 8/25付 「樹液に集まるチョウ」



オレンジ矢印のチョウチョは羽を開いてくれたので、すぐに名前が解りました。

10_0828_pinoak3.jpg

羽の表は紫色。はい、コムラサキですね。以前にも出会ってます。



ずっと開いていてくれるわけではないので、カメラにおさめるのは難しかったです。

10_0828_komurasaki2.jpg

光の加減で紫色に見えるんですよ。国蝶オオムラサキのお仲間です。

コムラサキって、結構大胆ですよね。スズメバチがお食事しているところへ、寄って
行っちゃいますもの。

10_0828_pinoak4.jpg

他のチョウチョは、スズメバチに追い払われると怖がって、遠巻きにしてお食事が終わる
のを待っているのに、コムラサキは全然気にしてない感じ。
強いのか、ただ、強気なだけなのか、それとも、食い意地が張っているのか?
どれでしょう?

そう言えば、スズメバチを襲う虫や鳥は居ないと思うんだけれど、木の下、黄色い
矢印の所に、一匹死んでいるんですよね。寿命が尽きたのかなぁ?ちょっと不思議です。

とにかくコムラサキが、長いことじっとして居てくれるので、ぐっと近づいて
羽裏の模様を アップで撮影してみました。

10_0828_komurasaki3.jpg

嬉しいくらい綺麗に撮れましたよ。
素敵なオレンジ色ですねぇ。おめめは黄土色。黒い触角の先に羽と同じ色が付いているの
が、お洒落です。

ちなみにの一枚目のシルエットも、コムラサキでした。幼虫はシダレヤナギの葉を食べる
そうです。シダレヤナギならそこいら中にあるのだから、いつまでも、近所に住んでて
欲しい綺麗なチョウチョさんです。


2010/ 8/ 3付 「チョウチョの給水所」

2008/ 8/ 4付 「ゴマダラとコムラサキ1」
2008/ 8/ 5付 「ゴマダラとコムラサキ2」




矢印つけていないのは もう良いよってほど、このあいだ写真を撮ったサトキマダラ。
警戒心の薄い(?)チョウチョです。

スズメバチには大胆でも、人に対しては用心深いコムラサキとは違って、サトキマダラは、
スズメバチとは距離を置くけれど、人にはあんまり構わないタイプなのかな?
私が雑木林を歩いていると、やけにぶつかってきます。

10_0828_satokimadara.jpg

この日は、こともあろうに私の服に止まりました。おいっ!写真に撮りにくいでしょ。




そして、青い矢印をつけたこのチョウチョは、何に対しても臆病な感じです。

10_0828_kuro_konoma1.jpg

結構、粘りましたが、とうとう羽は開いてくれませんでした。

隣の木の根元に飛んで行ってしまった後も、迷惑そうに地面にうずくまってました。

10_0828_kuro_konoma2.jpg

しかたないのでこの、写りもうひとつな写真で名前調べです。


web検索の結果、クロコノマチョウに似ているかなと思いました。

朝方か、夕暮れ時に活動する南方系のチョウチョみたいです。
幼虫ちゃんのお好みはジュズダマやススキなどの イネ科の葉っぱ。温暖化の影響か
徐々に分布を北上させているそうです。

検索してみたところ、羽の表には 崩れた蛇の目模様があるそうです。
見たかったな。



それにしても、うちの近所って、ずいぶんいろんなチョウチョが居るんだな。
この他にも、樹液に集まるチョウじゃないけれど、
公園に隣接する小学校の花だんで、ヒメウラナミジャノメとか…

10_0828_h_uranami_j.jpg

可愛いでしょ。小さなチョウチョなんですよ。
羽の裏の波の模様が綺麗ですよね。

この子の幼虫ちゃんは、チヂミザサとかススキが好きなイネ科好き。
だから前にも会ってたんだね。

2008/ 7/31付 「夏の虫たち 2」
2007/ 5/30付 「5月に出会った虫」



それから、なかなか止まってくれなくて、写真に撮りそびれていたキチョウ
(キタキチョウ)も

10_0828_ki_cho.jpg

カメラにおさめることが出来ました。

幼虫ちゃんが、マメ科の葉っぱ好きなキチョウはよく、ヤマハギの茂みの近くで
婚活にいそしんでいます。モンキチョウよりは、一回り小さな可愛いチョウチョです。
この日は午後さんぽに出たので、午後に咲く、キバナノマツバニンジンの花に
止まっているところを見ることが出来ました。

2009/ 9/16付 「萩の花に来る蝶々」
2007/ 9/19付 「ちょうちょ、ちょうちょ」



夜になって、鳴く虫の数も音色も増えました。毎日暑いのですが、今夜などは、夜風が
涼しく感じます。なんだかんだ言って、8月ももう終盤。宿題の残り具合も気にかかる
頃となりました。どちら様も、夏のお疲れ、寝冷えなどにお気をつけ下さい。
さぁ、明日も頑張ろう。p(^へ^)





posted by はもよう at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。