2010年08月26日

花に来るチョウ

はい、今日も以下同文です。しかも、暑い中、用事があって出掛ける娘にくっついて、
電車でちょこっとお出かけしてきました。出先で、一人きりでは買いづらいソフト
クリームにつきあってもらいました。もぉ、どっちが子どもか解りゃしない。(^^A)
でも、美味しかったです。(*^〜^*) うふふ。

さて、記事の方は、いつもおさんぽしている公園の花だんで チョウチョを待ち伏せ
した結果報告。

10_0826_ki_ageha1.jpg

まずはキアゲハ。






今朝もまた、別のチョウチョに会っちゃったんですよ。記事がまとまったら、また、
見てくださいね。でも今日の写真は、8/23に撮ったものが中心です。

キアゲハは、基本のアゲハですね。
セリやパセリの葉を食べるしましまの芋虫の親。

2006/ 6/30付 「北向きの斜面で出会った虫 2」 キアゲハの幼虫

小学生でも知っている、とってもありふれた揚羽蝶(あげはちょう)の一種です。

でも、私には動いているものは撮れなくて、写真に撮ったことは有りませんでした。

10_0826_ki_ageha2.jpg

この日は、みんなおなかがすいていたのかな?お花の蜜を吸うのに忙しくて、なかなか
逃げなかったから、いろんなチョウチョが撮れました。

思うように飛べない程度に 風があったのも、幸いしたかもしれません。
だって、一番近くの花で、とっても大きく撮れたんですよ、このショット。

10_0826_ki_ageha3.jpg

ほんと、ラッキーでした。どのくらい大きく撮れたのか、アップも見てくださいます?

アップ画像

これでも半分のサイズ。もう、鱗粉のひとつひとつが見えそうなほどに撮れたんですよ。
嬉しいなぁ。



あれ?キアゲハとナミアゲハってどう違うんだっけ?って思っていたら、同じ日、
池のそばにナミアゲハが吸水に来てました。なんて気が利いてるのかしら。
早速、比べてみてください。

10_0826_nami_ageha1.jpg

8/20の池のほとりで出会ったナミアゲハ。

もう少しアップの写真です。

10_0826_nami_ageha2.jpg

前の羽の 付け根に近いところ。しましま模様が ナミアゲハ。

戻ってキアゲハを見てください。羽の付け根近くにしましま模様はありませんから。

続いて8/23の池のほとり。

10_0826_nami_ageha3.jpg

更に黄色みが薄くて、白黒モノトーンに見えますね。でもちゃんと水色やオレンジ色の
模様は付いているはずなんだけどなぁ。

違う日の違う個体ですが、この日は羽を開いたところを写すことが出来ました。

10_0826_nami_ageha4.jpg

羽の表側は、付け根近くが黒っぽいのがキアゲハで、黒っぽくないのがナミアゲハです。

ナミアゲハの芋虫は、大きな目玉模様が可愛い むくむくの芋虫で、ミカンの葉っぱが
大好物です。つつくと赤い角を出します。それもまた可愛いんだ。(^^*)

2005/11/12付 「サンショウの木の上で」 ナミアゲハの幼虫とさなぎ



ついでに、ツマグロヒョウモン。
もう何度かご紹介しているから、今度は羽の裏のヒョウ柄を中心に見ていただきましょう。

10_0826_tumaguro_h1.jpg

まずはメス。羽の端っこが黒いでしょ、だからツマグロ(褄黒)って言うんですよ。

で、表もヒョウ柄だったけれど、

10_0826_tumaguro_h2.jpg

裏もまた、こんなに綺麗なヒョウ柄です。だから、ヒョウモン(豹紋)なんですよ。

10_0826_tumaguro_h3.jpg

ツマグロではなかったオスも、裏側は同じようなヒョウ柄。おそろいね。
なんだかんだ話しかけられても、黄色いコスモスの蜜を吸うのに忙しくて
聞いてないか…(^^A)



いやぁ、何だか今年はチョウチョづいてるなぁ。今朝、撮ってきた新しいチョウチョの
写真はまた、整理が出来たらご紹介しますね。また明日も、見に行ってみようかな。





ブログ内関連ページ:

2006/ 6/30付 「北向きの斜面で出会った虫 2」
2005/11/12付 「サンショウの木の上で」





posted by はもよう at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。