2010年08月18日

夏のチョウチョ

今日も暑いです。でも、昨日よりは少しマシ。更に、午後から雲が出て遠雷が聞こえ
はじめたなぁと思ったら、すっかり日が暮れる前にひと雨来ました。
みんなぁ、お待たせ(^▽^)v。

さて、今日からまた 数回に分けておさんぽ中に見かけた虫さんを特集します。
お嫌いな方、ごめんなさい。(>人<)
だって…私、生きてるものは たいてい好きなんですもの。まずはおとなしめに
チョウチョを。

10_0818_monsiro_t1.jpg (モンシロチョウ)

んで、後に、セミとかトンボとか…樹液に来る虫とかとか…。







さて、まずはこちら、ムラサキシジミ。

10_0818_murasaki_s1.jpg

公園の入り口近く、雑木林の日陰の草むら、ドクダミの葉の上に止まっていました。
羽を開いてくれると、とっても綺麗な紫色なんですけどねぇ…。
残念ながら、飛んでいるところは撮れないし、止まっているときには羽は開いて
くれませんでした。

羽裏のもようは検索で見つけた写真と同じだから、ムラサキシジミで良いと思います。

10_0818_murasaki_s2.jpg

幼虫ちゃんが食べるのはシイやカシの葉で、成虫もその周りでよく見られるそうです。



同じ日、この子もとっても綺麗な青い羽だったんだけれど、残念、閉じたところしか
撮れません。

10_0818_yamato_s1.jpg

都会でもよく見かけるヤマトシジミ。
羽の裏に並ぶ チューリップもようがチャームポイント。幼虫ちゃんが食べる
カタバミさえあれば、都会だろうがどこだろうが頑張って生きていきます。

別の日にあったこの子。

10_0818_yamato_s2.jpg

羽は開いてくれたけれど、上の写真の子ほど綺麗な青ではなかったのが、ちょっと
残念。でも、羽の周囲の白いレースのような縁取りがおしゃれ。



ガガイモの葉でひと休みしているのはジャノメチョウ。
草原や林野周辺をふわふわと飛ぶ、茶色くて地味で、警戒心の強いチョウ。

10_0818_janome_cho.jpg

この日、羽を開いている姿が撮れたのは、たぶん雨上がりだったから。
羽が濡れちゃったので、乾かしていたのかもしれません。

ずいぶん前にも、ここで写真撮ったよなぁ…。

2007/ 9/14付 「ちょうちょ、ちょうちょ」

この場所が好きなのは、ススキの葉をおなかいっぱい食べて羽化したばっかり
だったからとか、卵を生みに来たからなんてこと…無いかな?



同じ場所にいたのは、最近、数を殖やしつつあるツマグロヒョウモン。野のお花でも
花だんのお花でも、スミレ、パンジー、ビオラの仲間の葉っぱが有れば、そこで
雄々しく生きていく。最近ガーデニングばやりで、どこにでもスミレの仲間が咲いて
いるから大助かり。その上ヒートアイランドとか温暖化とか、なんだか、住みやすい
街が増えてて、分布はどんどん北上中です。

10_0818_tumaguro_h1.jpg

羽の先が黒い、この子はメス。‘妻(メス)が黒っぽいヒョウ柄(豹紋)のチョウ'って
覚えると覚えやすいです。
本当の「つま」の意味は「褄」で、着物の端っこ、打ち合わせの所のこと。
羽の端が黒いって言う程度の意味です。ね、上のチョウチョは黒いでしょ。

でも、オスのツマグロヒョウモンはこんな…

10_0818_tumaguro_h2.jpg

遊歩道に止まっていたのを撮りました。印象は違うけれど、同じツマグロヒョウモン
です。こちらは羽全部がヒョウ柄です。



いつもおさんぽしている公園もお盆が過ぎて 秋の気配。コスモスが咲き始めました。
今年は黄色いお花ばっかりみたい。

10_0818_itimonji_s.jpg

早速いろんなチョウチョが飛んできます。
この、地味だけれど、小さいけれど、いったん飛び始めるとすばしっこくて、なかなか
捕まらないけれど、よく見りゃ可愛いお顔のこの子はイチモンジセセリ。



池のほとりで 待ち伏せしたこともあったけれど、

2010/ 8/ 3付 「チョウチョの給水所」

小さめのチョウチョを待つには、やっぱり花だんが便利よね。

10_0818_monki_t1.jpg

黄色いお花には黄色いモンキチョウ。
羽を開いたら、羽のはじには黒い紋が付いているんだよ…の証明のような
光の透けた羽の写真。

黄緑色の目(複眼)、羽の裏の点々の付き方。

小学生が最初に覚える基本のチョウチョ、モンシロチョウと比べてみてください。

10_0818_monsiro_t2.jpg

ほら、真ん中へんの点…って言うか、白丸?…がひとつ少ないでしょ。


モンキチョウには白っぽいタイプもあるんです。黄色くないけどモンキチョウ。
この点で見分けます。

10_0818_monki_t2.jpg

ほら、こちらは白っぽいモンキチョウ。飛んでるときにはもっと白く見えます。

モンキチョウのあの点は、お日様の光を受けるときらりと光ります。
ほら、朝露と一緒に 光っているのが分かりますか?

「メスには白っぽいタイプもいる」そうですから、こちらは女の子かもしれません。
羽の端っこや足の先など、ほんのり赤みが差してて綺麗ですねぇ。

モンシロチョウとモンキチョウ、ただの色違いだけじゃなかったんですね。
幼虫ちゃんのごちそうは、シロツメクサやアカツメクサ。
…公園にたくさん飛んでるわけだ。



次回はセミです。良かったらまた見てくださいね。(^-^)









posted by はもよう at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。