2010年08月16日

つるに咲く花

昨日はほんの少し下回ったけれど、今日は文句なしの猛暑日。実に厳しい残暑です。
天気予報を見ると、明日からはまた少し下がるようですから、本当に、どちらさまも
無理しないでくださいね。
私は今日も、朝露の消えないうちにおさんぽしてきました。暑くてどうしても目が
覚めちゃうんですが、早朝の公園は涼しくて気持ちいいです。

さて、今日の記事はつるになる草の花を3種ご紹介。まずはサオトメカズラ。

10_0816_saotome_k1.jpg

可愛いお花、だいぶ前から咲いてますね。でも、そろそろ実の方が目立つように
なってきましたね。







あ、無粋な方の標準和名は 当ブログでは使いません。あしからず。
秋には金色に熟す実ですが、今はまだ、緑色。

10_0816_saotome_k2.jpg

朝露に濡れてキラキラと光っていましたよ。この。透明感のある
みずみずしい感じがサオトメカズラの実だなって思うところです。
鈴なりですねぇ。



公園へ行く途中の道ばたには、ガガイモの群落が出来ています。無造作に刈られて
しまう場所ですが、年々、見るたび、株数が増えています。

10_0816_gagaimo1.jpg

今年、お花が咲いているのを見かけたのは8/8。

ちょっと赤味が薄いかな。毛深くて暑苦しいと思うときもあるけれど、なかなか
清楚な感じに撮れましたよ。

10_0816_gagaimo2.jpg

ね、ガガイモ。イイ感じでしょ。

この日はお花にカメムシちゃんと…

10_0816_hosoheri_k.jpg

……ホソヘリカメムシで良いのかな?

アップ画像

ベニシジミちゃんが来ていました。

10_0816_beni_sijimi.jpg

可愛いなぁ。



そうそう、ガガイモと言えば お仲間のコイケマのお花にも、久しぶりに会えた
んですよ。
そちらの方が早くて、8/4のことでした。

10_0816_koikema1.jpg

3年ほど前に、いつもおさんぽしている公園の植え込みの中でみつけて、
その開ききらない地味めなお花を眺めたのですが、

2007/ 7/16付 「コイケマの花」
2008/ 7/ 8付 「つるに咲く花 1」

なにぶん刈られてしまう運命の草。去年はとうとうお花を見ることが出来ず…、
今年は、こんなに少ないお花しか見ることが出来ませんでした。

10_0816_koikema2.jpg

同じお仲間でもイケマの方が、お花も白いし、見栄えがしますが、コイケマは地味
ですね。それでも、ちょこっと変わった受粉の仕組みを持っていたり、
ガガイモ科ですのでお花のあとは大きな袋果が実ったりと、いろいろ面白いところも
あるんですけどねぇ。

今年少しだったコイケマの花、来年はたくさん咲いてくれますように。
あ、それよりなにより、刈られて根こそぎにされませんように。(>人<)





posted by はもよう at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。