2006年03月30日

木の芽いろいろ その1

昨日も、ものすごく強い風が吹き荒れました、関東地方。
お彼岸は過ぎたって言うのに 強い寒気が入り込んでちょっと肌寒いですが、
木の芽もサクラの花も 元気いっぱい、お日様の光を浴びてキラキラしています。

ずっと追いかけてきた赤いミツマタも、ここまでまん丸く咲きました。
手毬のようですね。

06_0330_01mitumata.jpg

06_0324_a_mitumata.jpg 06_0317_mitumata.jpg


サクラを見上げて、誰とお花見に行こうかな?と迷うのもいいですが、
1年一度のお楽しみ、いろいろな葉っぱの いろいろな新芽が出そろう季節。
お花もいいけど木の芽もね♪
木の芽いろいろ ながめていきましょう。

今日のメニューは、
ミズキ、コナラ、オニグルミ、クサギ、サンショウ、タラノキ、
そして サルトリイバラの7種です。


06_0330_02mizuki.jpg

こちらは、ミズキの葉。
3/17にはこんな風だった葉っぱも、
すっかり開いて 花のようです。でもこれは全部葉っぱの、葉っぱの芽。
花が咲く芽は、真ん中につぼみを隠しています。

06_0330_03mizuki.jpg

咲いたらどうなるのか?
HP内のこちらで見てきて下さいね。きれいですよ。



次はコナラの芽ぶき。
雑木林を彩る 銀色のプロペラ、コナラの新芽。
枝先で、花のように開きます。

06_0330_04konara.jpg

毛深くて ふわふわで 白っぽくてやわらかい。
まだ、ちょっと遠くにしかありませんでしたが、せいいっぱいの望遠で撮りました。
暖かい春の日を透かして…。(^^)顔が にやけて来ちゃう可愛らしさです。
もっといっぱい見たい方は、こちら、私のHPへどうぞ♪



06_0330_05o_kurumi.jpg

それから、オニグルミ
頭の帽子がふんわり花開いてきました。オニグルミの新芽も、ふわふわ毛深いです。
枝のてっぺんからは、思いがけないほど大きな 葉とめばなが出てきます。
動物みたいに 日々変化する姿を追いかけて観察できると…なかなか楽しいんですけど、今年は見に行けるかな?

どんな葉と花?と思った方には、このページ↓が近道です。
2005/9/21「オニグルミ」



06_0330_06kusagi.jpg

雑木林の曲芸団、クサギの芽も動き出しました。
でもね、いち早く広げた葉っぱが次々に枯れて乾いていましたので、
この芽は急がず ゆっくり開くと良いなと思います。
それにしても、なんて綺麗な色でしょう。

お仲間の細い若木は 周りにたくさんあるのですが、大きくなれる木はその中の一つか二つ…。
じっくり頑張れ クサギの木。(^^)

06_0330_07kusagi.jpg



06_0330_08sansho.jpg

去年の秋にアゲハの幼虫を見つけたサンショウの小さな木。この間 見に行ったら、ちっちゃな芽を吹いていました。
冬芽の表情も 可愛らしいっていう噂だったのですが、木が小さすぎて冬芽も小さすぎて 
表情が撮れるほどではなかったのですが、新芽はバッチリ〜♪
後にみどりの葉になるというのに、芽生えたてはべっこう細工のようですね。

過去の記事は、もれなくアゲハのイモムシ画像が付いてきますが、
お嫌でなければこちら から。




いつ採られてしまうかと、心配していたタラの芽ですが、ここまで大きくなりました。

06_0330_09tarinoki.jpg

願わくば 青い葉っぱが開くまで、ここにこうして置いておいてもらえないかしら…。
でも、本当に ただの枯れ枝に見えるんですよね、この木。
ものすごい発芽率と成長の早さで、放っておけばどんどん増えるタラノキですが、
芽吹けば 美味しいからって採られてしまうし、トゲだらけの幹は嫌われて刈られてしまうし、
運良く大きくなれば、今度は背が高すぎて観察できないし…。
なかなか難物のタラノキですが、高さ50cmくらいのこの木は 観察に最適。
このまま目立つんじゃないよ。(−人−)再びお祈り♪



06_0330_10sarutori.jpg

3月9日に「奇妙な木の芽」とご紹介したこの木は、
サルトリイバラの木と判明しました。
葉の両脇から巻きひげを出す形のこの木は、ものすごくユニークな芽吹きの姿をしています。
一対(2本)の巻きひげの間から、葉も出す、花も咲かせる…よくよく見れば、枝まで出していました。
秋には真っ赤な実が付いて、「サンキライ」という名で花屋さんの店先を飾るので、
街住まいの方でもおなじみの木なのですが、生きてる姿とは縁が薄いかも知れません。

春の到来を祝って、踊っているよな可愛い木の芽。この後も追いかけていきたいな、サルトリイバラ。




ブログ内関連ページ

 おなじみの木>山の木>ミズキについて

 おなじみの木>山の木>コナラについて


ブログ内関連ページ

ミツマタ
 2006/3/17「木に咲く赤い花 その1」 
 2006/3/25「春の枝先(いろんな木)」

ミズキ
 2006/3/17「記事にした芽 その後」

コナラ
 2005/9/8「どんぐりの木の様子」
 2005/10/14「コナラとクヌギどんぐり 今の様子」 
 2006/3/8「コナラとクヌギの冬芽」
 2006/3/25「春の枝先(おなじみの木)」

オニグルミ
 2005/9/21「オニグルミ」
 2005/10/31「みのり いろいろ(記事にした実、その後)」
 2006/1/24「冬のこずえの様子」
 2006/2/10「身近な木の芽 その2」

クサギ
 2005/9/27「クサギの実」
 2006/3/14「身近な木の芽 その5」

サンショウ
 2005/11/2「サンショウの木の上で」 

タラノキ
 2005/3/25「春の枝先(いろんな木)」

サルトリイバラ
 2006/3/9「奇妙な木の芽」


posted by はもよう at 11:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんばんは。
先週は、なんとなくボーッと(笑)
ちょっと訪問を休憩していました。

うっ…。
「お花もいいけど木の芽もね♪」
オセチもいいけどカレーもね。
かけたのかなぁ…違うのかなぁ…と思いつつ(笑)

ミツマタのツボミは山で遭遇し、なんの花かなぁ…と楽しみに待ったことがあります。
私は見てもすぐに忘れてしまうのですが、木の芽にもそんな楽しみもあるのでしょうね。
Posted by moto at 2006年03月31日 01:16
motoさん、こんばんは。

そうですね、私もここのところずっと読み逃げしてました。(^^;)
写真は撮りに行かなくちゃいけないし、←おいっ!
子ども達が毎日家にいて忙しないし、←こらこら
何だか、学校が長いおやすみの時にはブログ巡りも思うにまかせません。

カレーのCM思い出しちゃいました?ちょっと古かったですね。(^^;)ふふっ

これなんのつぼみかな〜?とか、なんの芽かな〜?は日常茶飯事ですよ。
今もいっぱい抱えてます。
何年か経つうちに、少しずつ解ってくるのも楽しいものです。
今年はサルトリイバラを覚えましたし♪
ちっちゃな事からコツコツと。←これもまた古い。(−。−)
Posted by はもよう at 2006年03月31日 17:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。