2010年06月24日

コクチナシの花

昨日のお天気はめまぐるしかったですね。降れば土砂降り、晴れればすごい日差しで、くらくら
しました。ゆうべは部活で遅くなった息子が開口一番、今日もだったけれど、明日もあさっても
プールなんだ、ヨロシクって! えっ?この季節に、毎日プール用のバスタオルを乾かせと?
こちらは別の意味でくらくらいたしました。(^^A)いろんなことあるなぁ。
あけて今日、すっきり晴れてお洗濯日和と聞いたのですが、我が家上空は雲がとれなくて、
ちょっと物足りなかったです。明日も梅雨の中休みが続くそうですから期待したいと思います。

今日の記事は、我が家の鉢植えの近況。コクチナシが咲いたのでご紹介します。

10_0624_k_kutinasi1.jpg

あとは、先月咲き出したカモミールのその後と一昨日咲き始めたことに気づいたノブドウの花を。







我が家の鉢植えのコクチナシは、子どもたちが生まれる前からあった古参の鉢。
毎年、この時期に直径4〜5cmの香りの良い花を咲かせてくれます。今年の一番花は6/19。

2番目は6/23。

10_0624_k_kutinasi2.jpg

2番目の花は、他のと形が違い、やけに整って綺麗だなと思いました。

横から見ると…、

10_0624_k_kutinasi3.jpg

一番外側の花びらが全部 くるりとまいていたんですね。毎年いろんな咲き方をしますが、
こういう咲き方は珍しいです。


そして今朝3輪めが咲きました。最初の花は落ちちゃったので、今、お花が2つ咲いています。

10_0624_k_kutinasi4.jpg

クチナシは、実の口が開かないから「クチナシ」という名になったという説があるそうですが、
八重の花には実は付かないので確かめることは出来ません。
実は付かないけれど、良い香りは同じようにします。




5/31の日記でご紹介したカモミールは、その後、咲き進むにつれて、お花の真ん中がこんもりと
盛り上がるようになりました。

2010/ 5/31付 「カモミール 開花」

10_0624_chamomile1.jpg

これでこの花は普通のジャーマン・カモミールであったということになりますね。

10_0624_chamomile2.jpg

可愛い姿をたくさん見せてくれました。

10_0624_chamomile3.jpg

でも、茎が細くて長くて曲がりくねって姿が悪く、その上、細かく裂けた葉っぱや
か細い茎に うどん粉病が発生したようなので、今朝、切ってしまいました。

根っこは残っているので、雑草根性を発揮して、また、芽を出してくれたら良いなと思います。




それから、6/22の日記に書いたようにノブドウが咲き始めました。

10_0624_nobudo1.jpg

つぼみは、だいぶ前から目立っていたけれど、小さい花なので咲いたかどうかは顔を近づけて
よく見ないと解らないんです。

10_0624_nobudo2.jpg

そこに、蜂ですよ。朝、洗濯物を干すのに、お天気どうかな?なんて外を見たら、2cmくらいの
蜂がぶ〜んと飛んできて…あ、咲いていたんだと気づいたわけです。蜂は用心深くて人の姿を
見ると近づきませんから刺されそうにはならないですよ。

どうやって見つけるんでしょうね? ノブドウや他の花がたくさん咲いている場所ならともかく、
周りにはなんにもないのに、ピンポイントでノブドウの花にだけ飛んでくる様に見えました。

ホントはどうだか解らないんですけどね。

10_0624_nobudo3.jpg

蜂さんの来訪に応えるようにノブドウのお花にも、こんもりと蜜が用意されていました。
朝露のようにきらっきら光っています。




そうそう、紫色のツユクサも快調に咲き続けています。

10_0624_tuyukusa1.jpg

イイ色。

10_0624_tuyukusa2.jpg

綺麗です。

それからカーネーションのプランターのネジバナ。花の穂を立てていたのですが、

10_0624_nejibana1.jpg

今日、とうとうお花のピンク色がのぞくようになりました。

10_0624_nejibana2.jpg

ねじねじに並んだ超ミニサイズのランの花がまた、自宅で楽しめそうです。
楽しみ楽しみ。



おまけ画像は、梅雨時の木の新芽。

10_0624_wakaba.jpg

春に芽吹いた葉っぱが、足りなかったり、虫に食われちゃったりしたとき、剪定されてしまった後、
いろんにな理由でこの時期に、枝先に、新しい葉っぱを追加する木が多いです。
我が家の鉢でも同様に、ケヤキとコナラの鉢に 春先と同じように新芽が吹いています。

木の芽は春に芽吹いたらそのまま、次の年まで新しい葉っぱは出ない!なんて思っていた自分が
居ました。あはは…もっとよく見よう。今では梅雨時の第二の芽吹きも、楽しみのひとつです。






ブログ内関連ページ:
コクチナシ
2009/ 6/ 9付 「ちっちゃな常緑樹」
2008/ 7/10付 「コクチナシの花」
2006/ 7/ 4付 「コクチナシの花」
カモミール
2010/ 5/31付 「カモミール 開花」
2010/ 3/14付 「鉢の芽 ちらほら」
2010/ 4/15付 「鉢の花、ぼつぼつ」
ノブドウとネジバナ
2009/ 9/ 3付 「鳴いてるカネタタキ」 実
2009/ 7/10付 「ガガイモ 開花」 花
紫色のツユクサ
2009/ 6/ 6付 「紫色のツユクサの花」
ケヤキとコナラの新芽
2010/ 4/15付 「鉢の花、ぼつぼつ」




posted by はもよう at 17:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉢植え観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

コクチナシの花がきれいですね・・・よく撮れておりまして、香りもこちらに来ております。ウチのは一番野性的な普通のクチナシです。虫がよく付きます、親はすばしこいヤツですが・・・(笑い)。
ヒレアザミ、ありがとうございました。修正しましたよ・・・。
Posted by nakamura at 2010年06月25日 06:47
nakamuraさん、こんばんは。

はい、そちらまで香りが届きましたか。←冗談です。

一重のクチナシは実が付いて お得な感じですね。

あぁ、すばしこいのはクチナシの葉っぱをかじる青虫の親ですね。
青虫とはずいぶん戦いましたっけ。最近は付かなくなりましたが…(^^;)。

ヒレアザミ、お役に立てたようで何よりです。(^^#)
Posted by はもよう at 2010年06月25日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。