2006年03月25日

春の枝先(いろんな木)

この間、開きかけを眺めた赤いミツマタ
水曜日にカタクリを見に行ったついでに、また見てきました。

まだ、満開ではありませんでしたが、フェルト製のようなふわふわの花が
こんなにたくさん咲きました。
よく見かけるミツマタの花は黄色ですが、赤いのもまた、可愛いものですよね。

06_0324_a_mitumata.jpg

今回もこの一週間のあいだに見てきた いろんな木の枝先の様子を集めてみました。

アカシデ、ヒサカキ、シキミ、タラノキ、濃いめのピンクの桜の花…をご紹介します。


雑木林でいち早く花の穂を下げていたのは アカシデ

06_0324_akasidejpg.jpg

春先のパステルカラーの空によく似合う 可愛いい花の穂です。



雑木林の中、香りで一番 目立っていたのはヒサカキ。
少しなら、和風で奥ゆかしい香りでも、ちょっと強すぎてクラクラします。

06_0324_hisakaki01.jpg

枝に直接、びっしりと5mmくらいの小さな花をつけているのは雄株。
香りも雄株の方が強い気がするのは気のせいかしら?
スズランみたいにつぼんだままの花をのぞき込むと、おしべがびっしり詰まってます。

変わって雌株。めばなには、ころんとした子房が目立ちます。
とってもとっても、可愛いです♪

06_0324_hisakaki02.jpg

この株、花の付き具合はまばらでした。おしべは見あたりません。
ヒサカキの花の中には、おしべもめしべもそこそこ揃っている「両性花」もあるそうです。
こんどは「両性花」を見つけてみたいと思いました。


カタクリが咲く北向きの斜面で、偶然見つけた この花は「シキミ」。
モクレン科シキミ属の常緑高木。

06_0324_sikimi.jpg

毒を含む「悪しき実」を付けることから アシキミ…シキミとなったなんて言われていますが、
葉を切ると抹香の香りがすることから、お寺や墓地に良く植えられるそうです。
この花の別名も ハナノキなんですね。
ちょっと渋めですが、直径3cmほどの淡い黄色の花は、なかなかきれいなものですよ。



枯れ木のようにしか見えなかったのに、動き出したのはタラノキのてっぺんの芽。

06_0324_taranome.jpg

そのまま、タラの芽が育つところを見られるかしら?
誰にも見つかりませんように。(−人−)よ〜くおいのりしておこう。



最後は、お墓参りの時に、都内の街路樹として見かけた桜。

06_0324_sakura.jpg

ソメイヨシノより ずっと濃いピンクの花が、たくさん咲いていました。
雀たちが夢中で花をついばんでいました。

いたずら者で しょうがない雀だなぁ…と思いましたが、
秋に実った木の実 草の実も食べ尽くし、
春は小鳥たちにとって、食べるものの少ない、厳しい季節なんだよなぁ…と
思い直しました。

がんばれ、雀たち。


posted by はもよう at 00:51| Comment(10) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
赤いミツマタ珍しいですね。
あっ、たらの芽もうでてる!
先週たくさんのたらを見ましたが、
こちらの芽はまだまだ固かったです。
前の記事のトサミズキやカタクリなど、
もうどこを見ても春でいいですね!
今日は今から京都の山へ遊びに行ってきま〜す!
Posted by bigtree at 2006年03月25日 08:43
ミツマタって、蜂の巣みたい、と思うのはぼくだけでしょうか?(^^;)
ぼくもミツマタの写真をいつ掲載しようかと思っていたところですが、「黄色」です。赤なんて初めて見ました。
Posted by ディック at 2006年03月25日 20:44
こんばんは。
タラの芽はごちそうさま!(笑い)。

人の目につくところは、採られてしまいます。写真も枝を切られた跡があるようですから、人の欲は悲しいものです。
枯れないように、芽を少し残す、ということをしない人が多くなっているようです。
Posted by nakamura at 2006年03月26日 00:02
ホント赤いミツマタ珍しいですね。初めて見ました。ビロードのような質感がよくわかります。ツルツルフカフカ気持ちが良さそうです。小さなお花でも沢山咲くと見事でしょう。自然の綺麗な色です

裏山のタラの芽、毎年天ぷらで美味しく頂いています。下草刈で毎年刈ってしまいますが、一年で大きな木になります。成長が早く力みなぎる植物なんですね。昔からその力をお裾分けしてもらってきたのでしょう。今年ももう少ししたら少し分けてもらいましょう
Posted by lucky at 2006年03月26日 12:12
bigtreeさん、こんばんは。
京都のお山はいかがでした?

赤いミツマタは、園芸店で最近よく売られているようです。
黄色いのは、あいにく近寄れない場所にしかなくて…。

タラの芽、去年まではあっちこっちにあったんですが、
去年、あらかた伐られてしまいました。
緑色の葉っぱが見えるところまで、放って置いてはもらえないかなぁ。

コメントありがとうございました。また、春らしいものを探しておきますね。
Posted by はもよう at 2006年03月26日 22:39
ディックさん、私も蜂の巣みたいだと思いましたよ〜。(^^)

もともと、黄色いのが普通ですよね。赤いのは最近 見かけるようになりました。
黄色いのも近くで撮れるといいんだけどな。

コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2006年03月26日 22:45
nakamuraさん、こんばんは。
タラの芽、写真だけの上に、まだ芽が出てませんケド、どういたしまして。(笑)

切られた跡 見えます?
これ、桜の木の根元に枯れ木が刺さっている様に見える50cmくらいの枝一本です。

このあたりも うん十年前は、立派な里山だっので、タラの芽だの、蕗だの見ると放っておけない人がいるようです。
いっぱいとげをはやしても、人間にはかなわないのがちょっと気の毒な気がします。

コメント(^^)/ありがとうございました。
Posted by はもよう at 2006年03月26日 22:58
luckyさん、いらっしゃいませ〜。
もしかして、はじめましてですか?

タラノキは、崖崩れや山火事などで 一時的に植物が何にもなくなった場所に、
いちはやく繁るのが得意な木です。
種の発芽率も高く、成長も早いし。
我が家の周りでも雑草と一緒にところかまわず生え、育っています。

今は、枝を7〜8cmくらいに切ってハウス栽培されるそうですね。
きざまれた枝からでも、どんどん発芽するんですって。すごい木ですよね、
タラノキって。
Posted by はもよう at 2006年03月26日 23:23
( ^.^) お ( -.-) は ( _ _) つ〜♪

いろんな花が見事に可愛らしく咲いていますね。
なかなか、こんなに見事に咲いているのはみつけられません。
写真も綺麗です。
うらやましいです
Posted by ゆ〜 at 2006年03月29日 09:18
( ^−^)o旦~~ いらっしゃいませ〜。

ゆ〜さん、はじめまして。
おほめいただいて恐縮です。
みんな公園のお花ですから、世話した方が素晴らしいんですわ、きっと。

ゆ〜さんは、しりとりでお花を紹介していらっしゃるんですね。
たくさんのお花の名前を知らなければ、出来ないことと思います。
すごいですね。そちらのブログの方へも時々よらせていただきますね。
ご訪問とコメント♪ ありがとうございました。
Posted by はもよう at 2006年03月30日 11:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。