2006年03月25日

春の枝先(おなじみの木)

記事を書いているうちに日付をまたいでしまいました。
3/24金曜日の日記のつもりでお読み下さい。(^^;)スミマセン

今日で3学期もおしまい。終了式がありました。
娘も息子も、今年度の勉強を全て終えて、成績票を持って帰ってきました。
まあ、成績の方はボチボチですが、勉強机周りの片付けをしていて、
ちょっと前の 落書きなんかが出てくると、
昔はこんな絵を描いていたっけねぇ〜、かわいいね〜、なんて(^^)
しみじみしちゃいました。
4月からは、小学校と中学校の それぞれ最高学年になります。

今日も風が強かったですね。
水曜日、カタクリを見たついでにいろんな木の枝先の様子も眺めてきました。
今日もお天気が良かったので、強風のなか、いつもの公園にも行ってきました。
とりあえずは、おなじみの木たちの枝先の様子から…。


06_0324_1kobusi.jpg  コブシ


まずはコブシから。
今年は花の付きが少ないような気がします。枝先の毛深い花の芽もまばらです。
きちんと上を向いてから咲くハクモクレンと違って、勝手気ままなコブシの花。
ほら、横向いたまま咲いちゃった 今年の一番花。

06_0324_2kobusi.jpg



毛深さも、こちらは少し表情が違います。
ジグザグの枝に可愛い新芽が並ぶ、エゴノキの芽吹きの様子です。

06_0324_3ego.jpg

図鑑に「星状毛が密生」って書かれるエゴノキの新芽。
黄緑色の芽に、黄土色の毛が少しずつ束になってついています。
ひとつひとつの毛の束は、星のようにギザギザして見えるので、
「星状毛」。
ギザギザっぷりは虫眼鏡がないと見えません。

06_0324_4ego.jpg



06_0324_5konara.jpg

もこもこっと赤いのはコナラの花の芽。
西洋風の赤い瓦屋根みたいだった芽が、こんな表情になりました。

06_0324_6konara.jpg

葉っぱばっかりの芽は、こんな感じ。
ここから、なんちゃって輪生の葉っぱが展開します。

06_0324_7konara.jpg

だいぶ葉っぱが出てきたところ。
コナラの芽吹きは、雑木林のお楽しみのひとつです。
だってとっても綺麗なんですもの。
わくわくしながら待つことにいたしましょう(^^)



06_0324_8someiyo.jpg

3月24日、私が今年初めて見つけた ソメイヨシノの一番花です。
まだ開ききる前の、まさに、咲き立てのほやほや。
しばらく風が暴れていましたが、せっかく開いた花びらを引きちぎらないでね。

園内ではこのほかにも、次々花が咲いちゃって、もお、た〜いへんです!(^^)うふふ


サイト内関連ページ:
おなじみの木>町の木>ソメイヨシノについて


おなじみの木>山の木>エゴノキについて
おなじみの木>山の木>コナラについて
おなじみの木>山の木>コブシについて


posted by はもよう at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもよう さん、根岸森林公園コブシは、やはり今年はダメです。
付近ではもう満開なのに、枝にパラパラと花がある程度。どうしたのでしょうね。
こういうのはその年によっていろいろあるのですね。根岸森林公園は、昨年はネムノキがダメでした。花が咲いたのは下のほうの枝にパラパラと花がついただけ。今年はどうなるのか、なんだか不安です。はなみずきの木も元気がなくて…。
Posted by ディック at 2006年03月25日 20:49
ディックさん、こんばんは。
そちらのコブシも、花付きが悪いのですか?
どうしたのでしょうね?
冬の低温、小雨…裏と表の年があったり…
原因はいろいろでしょうが、
何でだろうなぁと思いめぐらすのもまた、楽しかったりします。
で、数年後に解ったりするのもうれしいものです。

とってもたくさん咲いている木もあるにはあるのですけれどね。
来年は、どうなるのかな…。(’’?)

コメントありがとうございました。引き続き観察してみますね〜。
Posted by はもよう at 2006年03月26日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。