2010年06月20日

アオツヅラフジの花

やぁ、昨夜のサッカーは惜しかったですね。そして、今日も蒸し暑いです。息子の部活がお休み
だというので、お弁当も早起きもしなくて済んだ私は、久しぶりの隣町へ行ってきました。
いろいろな発見がありましたが、その写真はまた、おいおい、整理が付いたところからご紹介す
るとして、今日の所は、その前に撮ったつる性植物たちの姿を見ていただこうと思います。

10_0620_ebiduru.jpg

近所の公園も、道ばたの植栽の上も、隣町の公園裏の北向きの斜面も、もう、至る所、つる草が
くるくるもしゃもしゃはびこってます。つるの先を見て、植物の名前を当てられますか?
ちなみに上のは、左がエビヅルで右がツルウメモドキです。






相変わらずの不景気で、あんまり草刈りに費やす予算が取れないらしく、道ばたのジャングルが、
ちょこっと深めで(^m^)嬉しい毎日です。

10_0620_turukusa1.jpg

気温の上昇に伴って、密度を増す草むら。いろんな葉っぱジャングル。楽しいなぁ。

画面上の方のハート型の葉っぱは ヤマノイモかな?オニドコロかな?

下の方はサルトリイバラ。

10_0620_sarutori_i.jpg

猿をも捕らえる鋭いトゲがあるんだけれど…この写真じゃ解らないですね。あしからず。(^^A)

草むらでひときわ目立つ 銀緑色のつるはアオツヅラフジ。

10_0620_ao_tudura_f1.jpg

お気に入りです。 この時期、地味めなお花を咲かせます。
基本情報は過去記事から。↓

2009/ 7/14付 「アオツヅラフジの葉」 葉のバリエーション
2007/ 6/26付 「アオツヅラフジの花」
2005/ 9/20付 「アオツヅラフジ」 基本情報

花付きが良いのは おばなの咲くオスの株。

10_0620_ao_tudura_f2.jpg

花の穂にたくさん付きます。花の穂はもっと長くなることもあります。

10_0620_ao_tudura_f3.jpg

ガク(萼)も花びらもおしべも6個ずつのはずなのですが、なかなか、ガク(萼)が6個に見える
写真は撮れません。何でかなぁ?

10_0620_ao_tudura_f4.jpg

メスの株には、オスの株よりは少なめに めばなが付きます。

10_0620_ao_tudura_f5.jpg

ガク(萼)、花びら、めしべの先も 6つのお花。

10_0620_ao_tudura_f6.jpg

お花の真ん中の緑色の子房が可愛いです。
秋までに、極小サイズの巨峰のような姿の実が付きます。見た目は綺麗ですが食べられません。
実の中に、アンモナイトみたいな面白い形のタネが入っているんですよ。(^v^)



草むらは、更に組んずほぐれつの生存競争のまっただ中。日に日に伸びるいろんなつる草。

10_0620_turukusa2.jpg

頼もしいなあ。←のんき

猛烈な勢いで伸びているハート型の葉っぱのつるはオニドコロ。画面の左上と右下の大きな
葉っぱは葛の葉です。

10_0620_kuzu.jpg

毛むくじゃらなつるのグリーンモンスター。今年も暴れちゃいそうです。

ちょっと変わった色合いで、複雑な形の葉っぱはコボタンヅル。

10_0620_ko_botan_d.jpg

去年 ↓ 名前をつきとめました。イイ色です。この場所は日当たりが足りないせいかなかなか
お花までは見られないですが、観葉植物と思えば何でもありません。←おいっ!

2009/ 8/ 8付 「コボタンヅル」



花壇や畑の雑草としては、はなはだ迷惑なつる性植物ですが、道ばたや雑木林の下で勝手に
はびこっているところは好きなんですよねぇ。また、時々ご紹介していきますので、良かったら
見てやって下さい。



posted by はもよう at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。