2006年03月23日

カタクリの開花

昨日の水曜日、午前中だけ日が差すと聞いて、大急ぎでまた、
カタクリを見に行ってきました。
咲いてましたよ。まだまだ、咲き始めで、しかも、
遠いところの花ばかりでしたが…。

06_0323_katakuri1.jpg

何だか、色も薄いかな?
とりあえずは、練習を兼ねて 数枚だけ、撮ってきました。


上を向いて出てきたつぼみが下を向いて、花びらがほどけて…

06_0323_katakuri2.jpg

やがて くるりと反り返ります。

06_0323_katakuri3.jpg

反り返った内側に、濃い紫の模様がついていて、
株ごとに模様が違うそうです。

今年は、保護の為に張られたロープの近くでも
たくさんのつぼみを見つけましたから、また行って、
とびきり美人のカタクリさんを探すつもりです。



あちこち見ているうち、かわいい芽生えも見つけました。
こんなふうに何株も一緒に生えているところで、

06_0323_katakuri3.jpg

黄色い丸で囲んだあたりの、葉の下に…


かわいい芽が顔を出していたんです。

06_0323_katakuri5.jpg

ほら、ちっちゃいけれど一人前。
ちゃんと葉っぱも2枚あるし、つぼみも付いています。
どんな花が咲くのかな?楽しみに待っていようと思います。


水曜日に見つけた 美人さんはこの株。

06_0323_katakuri6.jpg

「スプリング・エフェメラル」(春植物)のなかまたちが好む環境は落葉樹の林です。
でも、自然界では、放っておけば林はすぐに森に変わってしまいます。
しかも、日本が位置している緯度では、木がどんどん繁っていって、一番安定する環境は、
照葉樹の森なのだそうです。

樫や椿、楠の様な 葉の表面がピカピカしていて、冬にも葉を落とさない木が照葉樹です。
森はうっそうとして、地面まで日がさし込みません。
そういう森では、
カタクリをはじめとする「スプリング・エフェメラル」(春植物)のなかまたちは
暮らして行かれないのです。

3/5にご紹介した、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の
「スプリング・エフェメラル」の項には、
そのあたりのことが書かれていて、興味深かったです。

カタクリたちが栄えていた頃、地球は今よりずっと暖かく、落葉樹の森はもっと多かったそうです。
その後の環境の変化に伴い、姿を消すはずだった彼らを救ったのは、
他ならぬ人間だった…ということが書いてありました。
人間たちが作物を育てたり、燃料にするため、自分たちの暮らしのために照葉樹の森を伐り、
利用するために落葉樹を植えた。
その、落葉樹の森に「スプリング・エフェメラル」(春植物)のなかまたちが
生き残ったというのです。
つまり、彼らは
人が住んでいて、定期的に下草刈りや伐採が行われるような そんな里山が好きなんですって♪

06_0323_katakuri7.jpg


とっても綺麗ではかなげで、事実とっても か弱いけれど、どうしてどうして、
これで結構、ちゃっかりしてるんだ、この花たちは。
そう思うと、また一段と可愛い気がしちゃいました♪



posted by はもよう at 14:40| Comment(6) | TrackBack(1) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
出ましたね!!!

日本の森林講義を受けたような気がします・・・なかなかの名講義でした(笑い)。
カタクリという名前もそうですが、>はかなげで<
かわいい花ですね・・・。
Posted by nakamura at 2006年03月23日 19:06
はもようさん、おはようございます(^ー^)ノ
やっとカタクリの記事を書いたのでTBさせていただきました〜。(はもようさんの解説の方がとってもわかりやすかったかも(;^_^A アセアセ)

でも、知れば知るほど、興味がわく花です。

この花を追っかけてみたくなっちゃっいました(^^;)
Posted by asuka at 2006年03月24日 10:56
咲き始めましたね。
落葉樹林の歴史、面白く勉強になりました。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年03月24日 18:40
nakamuraさん、こんばんは。
出ました、出ました カタクリの花。今年もきれいに咲きましたよ。
まだ咲き始めですので、もう一度撮りに行かれればいいなと思っています。

講義の方はちょっと”迷”の方になってたかも(^^;)。

コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2006年03月24日 21:43
asukaさん、こんばんは。
TBありがとうございます。
早速こちらからもお返しTBしてみたのですが、
すぐには反映されませんでした。
明日見て、まだ届いていないようなら、再チャレンジしますね。

asukaさんの説明の方が丁寧で解りやすいと思うけど…。

興味深い花ですよね、私もそう思います。
小さい葉っぱも、芽生えたても撮れたから、
今度は一年目のひょろひょろ葉っぱに会いたいな。(^^)
Posted by はもよう at 2006年03月24日 21:56
おーちゃんさん、いらっしゃいませ。
はい、こちらでも咲き始めました。

遠く離れた”名所”へ行かないと見られないと思っていた花が、
自転車こいですぐに行かれるところに咲いてたんですよ。
ものすごく幸せです。(^^)

草や木だけ見るのも楽しいのですが、
どんな場所にどんな植物が好んで育つのか…なんて言うことが解ると
それはそれでまた、楽しかったりするんですよね。
また何かおもしろい話を聞いたら載せますね。
コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2006年03月24日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

城山町かたくりの里へ
Excerpt: 控えめに、恥らうように、うつむいて咲くその姿はまさに「初恋」という花言葉がピッ
Weblog: ぽっかぽかなくらし
Tracked: 2006-03-24 10:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。