2006年03月20日

トサミズキとヒュウガミズキ

連日、とんでもない強風が吹き荒れています、我が家の方。
電車が運転を見合わせたり、屋根の瓦が飛んだりし…(−−;)
春一番はあんまり強い風じゃなかったのに、その後がこんなにすごいなんて、
ちょっとびっくりしています。


さて、ヒュウガミズキの花と思っていたつぼみが 開いてみたら…あらら、

06_0320_t_mizuki1.jpg

トサミズキの特徴、おしべの先の 赤いヤクが見えて来ちゃった…。(^^;)
前の記事を書き直しておかなくちゃ。
ということで、トサミズキとヒュウガミズキのお花を 比べっこしながらの鑑賞です。




06_0320_t_mizuki2.jpg

トサミズキ(土佐水木)マンサク科の落葉低木で、
高知県の一部にしか自生しない木だったそうですが、
今では庭木や公園樹として盛んに植栽されているそうです。
我が家の周りにも、たくさん植えられています。

枯れ枝ばかりの植え込みに レンギョウよりは淡い黄色の花がいっぱい咲いていたら、
この2種のうちのどちらかではないかと思います。
トサミズキのほうが丈も葉っぱも大きめで、一本に7〜8輪ついた長い花の穂を下げます。

花びらは黄色で、出始めのおしべは真っ赤 というのが、トサミズキの特長ですが、
しべがすっかり開いてしまうと黄色くなりますので、その点には気をつけないといけません。
手元の図鑑に載っている写真ですともっと花の穂が長いのですが、わたしが見たのはちょっと短め。
上が横から見た写真で、下が真下から見上げてみた写真です。
06_0320_t_mizuki3.jpg




トサミズキの実は2006年3月3日の記事に
葉っぱは2005年8月9日の記事に載っています。




ではヒュウガミズキはどうかというと、
もともとは、日向(ひゅうが)のお国、今の宮崎県の他、高知や四国、九州の山地に
とびとびに自生していた、こちらも、マンサク科の落葉低木です。
やはり、トサミズキと同様に庭木や公園樹として、よく利用されています。


改めてもう一度写してきたら、つぼみは ちっちゃいですね。(^^;)

06_0320_hyu_mizuki1.jpg

図鑑にはトサミズキは高さ2〜4m、ヒュウガミズキは2〜3mと書かれています。
うちの近所では、小さめに剪定されていますので、この限りではありませんが…。



花はひとつの穂に 2〜3輪ずつ付きます。

06_0320_hyu_mizuki2.jpg

うつむいていてよく見えませんので、下の方から見上げてみます。



ほら、しべは、ちょっとオレンジ色っぽい黄色です。

06_0320_hyu_mizuki3.jpg

トサミズキよりはほんのすこし、やさしい感じ。
もっとも全体を見ていたら、違いは少なくて ほぼ同じように見えますね。
ただし、葉も、実も、みんなトサミズキよりは小さいそうです。




このほかに「コウヤミズキ」というそっくりさんもあるそうです。
うちの近所には「キリシマミズキ」も植えられています。
この2種は同じマンサク科のお仲間さんです。

それから、ハナミズキミズキとは、まったく別の植物です。
名前は似ているのに、まぎらわしいですよね。


posted by はもよう at 18:12| Comment(10) | TrackBack(4) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすが分かりやすく纏まっていますね。
私も両方を載せようと準備しているのですが、もたもたしています。
カタクリは泉の森で咲いているのを見てきました。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年03月20日 18:31
おーちゃんさん、いらっしゃいませ〜。

えへへ、自分が間違えたので、確認しながら記事にしてみました。
トサミズキとヒュウガミズキ。今年はちゃんと見分けられそうです。
あとは「キリシマミズキ」がどこに植わっていたか思い出せれば…。(^^;)

おーちゃんさんの所から遊びに来てくださったnaoママさんもカタクリを見たって教えてくださいました。
そちらの方が少し、春が早いみたいですね。
おーちゃんさんの記事を参考に、お花に会いに行かれるのでとっても助かってます。
ありがとうございます。(^^)
Posted by はもよう at 2006年03月20日 18:41
はもようさんの記事は勉強になります。
横浜「舞岡公園」にはヒュウガミズキはあるのですが、トサミズキはないようで未だ見ていません。でも、この記事のおかげで見わけられそうです。さあ、いつでも出て来い!

舞岡公園では今日、ソメイヨシノが開花しました。いよいよ春全開近しです。
Posted by ひろし at 2006年03月20日 23:18
こんばんは。
ミズキとついてミズキでない、
マンサクとつかないでマンサクとは
これ如何に!!

つまらぬことを考えさせる日向と土佐でした・・・(笑い)。
どちらかというと日向が好きですね・・・。
Posted by nakamura at 2006年03月21日 00:07
ひろしさん、こんばんは。

「舞岡公園」にはヒュウガミズキはあるんですね。
ええ、もう是非、トサミズキにも出てきていただいて…。

今日、東京でも桜が咲き出したとニュースになっていました。
私もソメイヨシノじゃなかったけれど、桜の花を見てきました。
いよいよ春本番ですね。(^^)
Posted by はもよう at 2006年03月21日 23:08
nakamuraさん、こんばんは。

ミズキとついてミズキでないんですよね。
何でミズキというのか聞きたくなります。

ヒュウガミズキの優しげな色♪いいですよね。
またいろいろさがしてきますね〜。
Posted by はもよう at 2006年03月21日 23:11
はもようさん おはよう〜〜♪
私もトサミズキを載せましたので、こちらにTBさせて下さい。m(_ _)m
ヒュウガミズキとの違いが良く分り、お勉強出来ました。
開花直ぐのシベの真っ赤がトサミズキですネ。
これで安心です〜〜いつも有難う♪ヽ(´▽`)/
Posted by かえで☆ at 2006年03月22日 08:09
かえで☆さん、こんにちは。
は〜い、しべが赤いのはトサミズキ、オレンジはヒュウガミズキで〜す。
図鑑にそう書いてありました。

TBありがとうございました。
かえで☆さんの所にも、お返しTBしておきました。
こちらこそ、どうもありがとうございました〜。(^^)
Posted by はもよう at 2006年03月22日 12:32
TBありがとうございました。
参考にさせていただいて、ようやく記事にできたと言うところです。
こちらもTBさせてくださいね。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年03月22日 17:23
おーちゃんさん、いらっしゃいませ〜。
こちらこそ、TBありがとうございました。

私も、自分が間違えていたので、確認のために記事にしたようなものですが、
お役に立って何よりです。
タイムリーな話題で情報交換できる♪ブログのよさが生きましたね。(^^)
Posted by はもよう at 2006年03月23日 10:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

トサミズキ
Excerpt:  都市緑化公園で…  葉っぱが何もない状態で トサミズキの 蕾が少しだけ開きかけて  垂下していましたよ〜〜♪  薄黄色の五弁花です。 鱗のような花びらが開くと もう少し 華やかに成ります! こ..
Weblog: かえで☆のデジブラ日記〜♪
Tracked: 2006-03-22 08:02

ヒュウガミズキとトサミズキ
Excerpt: ハナカイドウ(バラ科) その紅い蕾の向こうに黄色い花が満開。 ヒュウガミズキ(マンサク科) 密生した柔らかな枝に、たくさんの花が咲いている。 葉が出る前に咲くので一面の黄色だ。 トサミズキに..
Weblog: 横浜のほほん
Tracked: 2006-03-22 17:20

ヒュウガミズキ(日向水木)  06.3.22
Excerpt: 舞岡公園内ではこのヒュウガミズキをはじめ、レンギョウ、ミツマタ、サンシュユなどの黄色い花で明るい春の気分が溢れています。 「もみじ広場」の園路際には、ドウダンツツジとレンギョウと一緒に連なって垣とし..
Weblog: 舞岡公園の自然
Tracked: 2006-03-22 19:02

四つ並んだトサミズキ
Excerpt: 3月16日のトサミズキの記事の場所から数メートル奥へ入ったところのトサミズキ。こちらは刈り込まれず自由に伸びていて、博物館の煉瓦壁を背景にトサミズキの枝の伸び方がよくわ??
Weblog: ディックの花通信
Tracked: 2006-03-25 20:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。