2006年03月13日

カタクリの葉

午前中はまだ、日が差していてそれほどでも無かったけれど、
午後からは、雪がちらつくほど さっむ〜いの、今日の我が家の方。
もお、どうなってんのよとTVを見たら、真冬なみの寒気だって…。
芽生え立ての若葉や葉っぱちゃんたちは、しもやけになってないかしら?

さて、今日も今日とて、3/8のおさんぽの収穫の ご報告。
3/5の記事でご紹介したカタクリの芽の その後も見てきました。
枯れ葉の間からのぞくツンツンしたものを写真に撮ったのは3/3、
3/8に同じ場所へ行ってみたら、

06_0313_katakuri1.jpg

ほらこのとおり♪
やったー、このあいだのは、カタクリの芽だって 確認とれました。
枯れ葉とか枯れ草とか、動いてません。同じ場所です。




こっちにもカタクリ、小さな葉。

06_0313_katakuri2.jpg

どのくらいかというと、一緒に写っている丸いものが ただの小石じゃなくて、
山芋の 少し大きめのむかごだって言うくらい。
こんなちっちゃいのは何年目の葉っぱなのかな〜。



こっちにはまとまってたくさん咲いてました。
二枚目の葉っぱも顔出ししてるし、ちゃんと咲いてくれそうです。

06_0313_katakuri3.jpg




これだけじゃなんだから、芽生え立ての他の草をあと二つ。

06_0313_kinmizu.jpg

大根の葉っぱみたいですね。
これ、もう少し早くて、
葉がでる前の姿は、もっと可愛らしかったんじゃないかしら?

ここに生えてた こんな複雑な形の葉っぱの草と言えば…。
たぶん…キンミズヒキだと思います。
秋にこんな↓お花が咲くヤツです。

04_0916_kinmizu.jpg (2004年9月16日の日記より)

また来年、気をつけてみよう。



06_0313_turubo.jpg

こっちはツルボ。
ツルボも面白い草で、春先にモシャモシャ〜っと葉っぱだけ出して、
夏の間はお休みして、秋口にまた葉を出して花を咲かせるんですよ。
毎年春先に 目立つ赤い草が出て、でもそれらしい花をつけないまま
いつの間にか無くなってしまうのが不思議だったんですが、
ツルボだったんですよねぇ。

秋に咲くお花は↓こんな風。

0914_turubo.jpg  2003年9月14の日記


とにかく引き続き観察して、予想通りの花が咲くか、見届けてみたいです。



ブログ内関連ページ:
11月20日付「みのり いろいろ(道ばたの花その後)」


posted by はもよう at 22:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさんの近くではカタクリが咲くんですね。
「いいな〜っ」って感じです。
私の住んでるあたりで自生しているのに、
まだ出会えたことがないんですよ。
あのなんとも言えないピンク色の花が、
たくさん群生して咲いてるところにもし遭遇したら、興奮しまくってる自分が想像できます(笑)
Posted by bigtree at 2006年03月14日 00:07
ロゼットもそうですが、花の時期に標識をつけておかないと春の芽生えの葉だけで種を同定するのはむずかしいですよね。
はもようさんの記事を見ると、その認識眼にはビックリさせられます。こんなことを言うのは私だけでしょうか。
Posted by ひろし at 2006年03月14日 10:27
bigtreeさん、こんにちは。
えへへっ、良いでしょ〜(^^)〜♪…って、自分の手柄じゃないけど。

ここはとっても小規模で、知る人ぞ知るって言う場所ですので、
わたしも最近知ったんですよ。

カタクリはファンの多いお花ですから、
誰かがお近くの隠れた名所をブログで紹介してくれるかも知れませんよ。
会えると良いですね。
Posted by はもよう at 2006年03月14日 11:24
ひろしさん、こんにちは。

標識付けておければ苦労しないんですけどねぇ〜。
芽生えだけで同定が出来るかどうか…今年の課題ですね〜。
テストの結果発表は来月くらいかしら?
合格点がとれてると良いんですけど。(^^;)


じつはね、花の盛り以外の植物の様子に目を留めた方がいらっしゃるんですよ。
我らがリングマスターのhanaboroさんは、
「花図鑑のボロボロブログ」というブログを運営していらして、
http://boroboro.seesaa.net/
そこで、芽、幼植物、花後などに注目して記事を書いてくださるんです。
今おやすみ中ですが、
膨大な過去ログを参考にしながら、
再開されたときに、成果をご報告出来るよう勉強中というわけです。

もしよかったら、ひろしさんもご一緒しませんか?
Posted by はもよう at 2006年03月14日 11:37
こんばんは。
ツルボがなつかしいですね。また、花も上手に撮れています・・・違う花のようです(笑い)。
Posted by nakamura at 2006年03月14日 23:19
nakamuraさん、こんばんは。
nakanuraさんには懐かしい花なんですね。

野草にしては、なかなか豪華な花が咲きますよね。
お気に入りの群生地が、去年は草刈りにあってしまったので、
今年はどうなるかしら?ドキドキしながら見守っています。
Posted by はもよう at 2006年03月14日 23:47
また、こんばんは。
ちゃんと出てきます・・・。その程度でやられる「雑草」ではないと思いますが、どうでしょうか。
Posted by nakamura at 2006年03月15日 21:33
nakamuraさん、こんばんは。

その程度で…って出てきてくれれば良いんですけれど、
去年は花の直前に草刈りにあっちゃいました。
今年はどうなるのかな?

公園内も管理が厳しくなって、「雑草」は刈られまくってます。
一面、芝生!っていうのには魅力感じないんだけどな。
Posted by はもよう at 2006年03月15日 23:28
またまた、こんばんは。
「管理」という言葉が、自分中心か、花木が主役か、分かっていないのでしょうね。人間によいように・・・、などと言いながら、自分の都合を押し出す人間が多くなりました。
公園のほんとうの管理者は、植物を好きな人がなるべきです。
芝生だけというのは、欧米の公園です。情緒も・・もあったものではないですね・・・。
Posted by nakamura at 2006年03月16日 21:42
nakamuraさん、こんばんは。
そうですね。情緒も…もあったものではないです。

特にこの頃は防犯のためとか言って、
下枝は落とすは、ヤブははらうは、もう、ヤラレまくりです。
確かに、垣根の高い公園でオヤジ狩りがあったり、
ヤブを覗けばゴミだらけだったりしてますからね。
厳しい管理っぷりを怒れば良いのか、
木陰に乗じて悪いことをする人を怒れば良いのか、解らなくなっちゃいます。

雑草の観察するのも 楽じゃないですよ。(^^;)←ただの物好き
Posted by はもよう at 2006年03月17日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。