2010年04月21日

花咲くこずえ

いやぁ、今日は良く晴れて暖かかったですね。東京では、今年初の夏日を記録したそうですよ。
今週はずっとぐずつくと思っていたから一日得した気分です。バスタオル洗ってお布団干して、
ありがた〜いお日様はしっかりと有効活用させていただきました。

さてさて、記事の方はまた、4/18日曜日の写真から。
一年ぶりに会った山野草ファンのおじさまとお花談義しながら 隣町の公園さんぽの3回目。

10_0421_akaside.jpg

写真は、雑木林のアイドルアカシデちゃんの可愛い若葉です。最後の記事は木の花をまとめて
ご紹介します。





今が一年で一番華やかな季節を迎えている雑木林を今度は見上げてみました。

10_0421_mukunoki.jpg

以前にも写真を載せた、公園から裏の北向きの斜面へ抜ける谷筋の 大きなムクノキ。

2010/ 3/31付 「今年の芽吹き2」

赤いのは山桜の葉、ムクノキはまだ芽吹いていませんが、足元のアカシデやカマツカは新芽を
吹いて綺麗な黄緑色をしています。こんな天井、眺めてお昼寝してみたいなぁ。



近くにあるのはW受験の願掛けをした '春まで落ちない'葉っぱのヤマコウバシ。

2009/ 1/ 8付 「落ちない葉っぱ」

10_0421_yamakobasi.jpg

お役目終えて去年の葉っぱが落ちたあとは、とびきり可愛い芽吹きです。
はい、'春まで落ちない'葉っぱさん、次の受験生のために願掛けされてあげてくださいね。
私の方は、蝋細工のように黄色くて地味なお花を今年こそ、写真に撮りたいです。
頑張ろう。p(^へ^)



山野草ファンのおじさまと 再会したのは斜面のてっぺん。
日当たりの良いツツジの茂みにはアケビのツルが巻き付いて、桜が散る頃、可愛い花を
つるいっぱいに咲かせます。

10_0421_akebi1.jpg

オレンジ色はヤマツツジの花です。こんなに巻き付かれて迷惑そう。(^^;)

2008/ 4/15付 「アケビの花」

アケビのつるにピンクの濃淡で 2種類のお花が咲いているの 見えますか?

10_0421_akebi2.jpg

アレ、色の濃くて大きい方がめばなで…色が薄くて小さい方がおばななんですよ。
上 ↑ の写真にはめばなか2つ写っています。

毎年、咲くのを楽しみにしていますが、いろんなつる草が勢力争いを繰り広げていて ジャングル
になってしまう場所なので、毎年、実を見ることなく刈られてしまうのが、返す返すも 残念で
なりません。いつか実を…お味見、もとい、写真に撮りたいものです。



お気に入りの観察スポット「北向きの斜面」で見かけた木の花は、ウワミズザクラ(上溝桜)。

10_0421_uwazumi_z1.jpg

ついこの間、他より少し早い芽吹きを眺めたのに もう咲いちゃうんだ。低温傾向の春なのに、
早いなぁ。

2008/ 4/22付 「オトコヨウゾメとウワミズザクラ」

白い瓶ブラシのようなお花でしょう? 
へんてこなお名前はその昔、亀甲占いにこの木を使ったときに、この木に溝を彫って火を焚いた
からとか、カメの甲羅に溝を彫ってこの木に火をつけてあぶったからとか、諸説が検索に引っか
かります。
由来はちょっとはっきりせず、しかも言いやすいようにか、「ウエミゾ」もしくは「ウワミゾ」
が「ウワミズ」に変化しちゃっているから、ややこしいことこの上ない…そんな木です。

10_0421_uwazumi_z2.jpg

あんまり桜っぽく見えませんが、バラ科サクラ属で 別名はハハカ。
つぼみや若い実を食用に利用したりもしたそうですよ。秋を待たずに赤く色付く実も美しい
素敵な木です。

今日、出掛けた先でも大きな木にたくさん咲いているのを見かけました。木に咲く白いお花の
シーズンも始まっちゃったかな? (^v^*)



木にはあんまり詳しくないとおっしゃるおじさまをお誘いして、これから急な道を登って、
別ルートから再度北向きの斜面のてっぺんへ。
一昨年体調を崩して、去年は山道など歩くのも怖かったけれどとおっしゃりながら、おじさま、
軽やかな身のこなしで急な坂を登られます。
山を歩いて、電線だったか、給水施設だったか、とにかくそう言う施設を回るお仕事を、長年
されていた方で山道はお手の物だったんですって。北向きの斜面なんて、赤子の手を何とやら
ですわ。(^v^*) 回復されて本当に良かったですね。



さてさて、登ってきてのご褒美は とっても可愛い木のお花。

10_0421_o_yozome1.jpg

オトコヨウゾメがもう咲いていました。「ヨウゾメ」とはガマズミのこと。
どこをどうとったら「男」なのかは、命名者に聞いてみたいような可憐な姿ですけどね。

10_0421_o_yozome2.jpg

はい、木に咲く白い花の中でも、とびきりのカワイイ系 ♪ オトコヨウゾメちゃんです。
秋の赤い実、いろんな色に染まる紅葉も楽しみです。

2007/11/10付 「オトコヨウゾメの実など」



最後の所に、長いこと気なっていて去年とうとう名前の解った木がありまして、
一人感慨深く見上げると、私が思っていたよりも早くお花を咲かせていました。

10_0421_m_aodamo1.jpg

解りますか?白く煙ったように咲く、マルバアオダモのおばなです。
あっちにも、あらこっちにも…結局4本も立っていました。


2008/ 5/ 1付 「マルバアオダモの花」
2007/ 5/ 3付 「マルバアオダモ」

おばなだけだと真っ白くて花数も多いから見応えがありますね。

10_0421_m_aodamo2.jpg

オスの木とメスの木に分かれる種類で、オスの木には白いおばながどっさり咲きます。
綺麗ですねぇ。あ、ただ、この写真で目立っている葉っぱはリョウブのものです。

アオダモは粘りの強い材が採れ、野球のバットやテニスのラケットなどに加工されます。
マルバとは葉が丸っこいと言うよりは、葉の縁にギザギザが無くて 丸っとしているという
意味だそうです。葉の縁にギザギザがあるのは普通のアオダモです。

メスの木には両性花かめばなが咲きます。おしべも付いているのですが、自分の花粉では
受精出来ないそうです。めしべの付け根の赤味などが目立って、メスの木のお花は真っ白には
見えません。それからお花の数も少ないです。

10_0421_m_aodamo3.jpg

でも、このあとペタンコの豆のさやのような実がいっぱいついて長く残りますので、その姿の
方が記憶に残るかもしれませんね。



北向きの斜面のてっぺんは、隣町の公園の園内です。あとはイチヤクソウが無事に冬を越したの
を確かめて、咲き始めたヤエザクラを眺めながらベンチで一休みしました。

旦那様は山野草ファンだけれど、奥様が園芸種好きはこの聞いたけれど、今回は着道楽 とも
伺いました。で、旦那様は古銭収集がご趣味とも。楽しんでいらっしゃるんですね。
そんなこんなのお話を楽しんで、この日はお別れしました。

翌日、月曜日には検査を受けられるそうです。軽やかな身のこなしからは、なんの不安も感じませんが、
どうぞお体を大切に、そしてまた、この場所でお会いできますように…って、思いながら
見送らせていただきました。



同好の士との語らいに勝るものはありませんね。遠く離れたブログ仲間の皆様のところにも
直接お伺いして、こんなおさんぽが出来たらいいなぁなんてことも思いました。
いずれそのうち p(^v^) 頑張るぞ。




posted by はもよう at 23:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
縁って…なんだろう…?
Posted by BlogPetのコロン at 2010年04月22日 14:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。