2010年04月04日

公園の地面で

週末はお花見日和…なんて、気象予報士さんたちが言うから期待しちゃったじゃないの。
一日曇りで肌寒いなんて。哀しいわぁ。
今日は旦那様の実家へ。子どもたちにお祝いを頂いたのでお礼に行ってきました。
お天気が良かったら、みんなでお花見に行きたかったんですけどねぇ。残念です。

さて、今日の記事は地面の近くの小さな花たちの写真。(^-^)

10_0404_karesu_e.jpg

日の当たる道ばたに 可愛い赤紫のお花が咲き出しました。ちっちゃいマメ科のお花、カラスノ
エンドウです。





公園の地面にも可愛いおなじみさんが顔をそろえるようになりました。

10_0404_kyurigusa.jpg

こちらも、待ってたよ ♪ キュウリグサ。虫眼鏡でなければ見えないかもしれないくらいの
極小のワスレナグサ。


草地には青い青い 瑠璃唐草。

10_0404_rurikarakusa.jpg

どこまでも、空を写したように青く続いています。



小学生が植えてくれたチューリップ。入学式を待たずにお花を咲かせたあわて者がいましたよ。

10_0404_tulip.jpg

綺麗に整列している所から、ちょっとこぼれて赤いつぼみ ♪ 幼稚園の子が、そっとのぞきに
来たのかな?


花だんにはハナニラが、綺麗な星の形に開いていました。

10_0404_hananira.jpg

今年はこの花だんを覆っていたクスノキの枝払いがあって、急に日当たりが良くなりました。
ハナニラはお日様が好きなのかしら?

お隣のシャガは迷惑そうですよ。(^^;)

10_0404_shaga.jpg

そうよね、日に当たって、シミが出来たら大変よね。



最近では野原には似つかわしくない鮮やか色の菫(すみれ)にも出会っちゃいます。

10_0404_papilionacea1.jpg

こちらは花だんからの逃げ出し組ビオラ・ソロリア‘パピリオナケア'。

それからこちらは…ビオラ・ソロリア‘プリケアナ'。

10_0404_papilionacea2.jpg

和名はアメリカスミレサイシン。ふるさとは北アメリカ。
ちょっと野原で増えすぎかも…。



最後は可愛い大物をご紹介しましょう。

10_0404_himaraya_s1.jpg

はい、こちら、木の芽です。タネから芽吹いた直後の…ヒマラヤスギ。

10_0404_himaraya_s2.jpg

ふるさとでは高さ60mになる大樹も、一歩めは皆この姿から。



今日の低温が功を奏して、我が子の入学式はどちらも 満開の桜の下で行われそうです。
抜けるような青空…も見られたら嬉しいけれど、まぁ、贅沢は言わないことにします。
明日は朝が早いので、早めに明日の支度に取りかかることにします。(^v^*)




posted by はもよう at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。